真夜中のご開帳!鈴鹿市・林光寺の秘仏千手観音

| 三重県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

真夜中のご開帳!鈴鹿市・林光寺の秘仏千手観音

真夜中のご開帳!鈴鹿市・林光寺の秘仏千手観音

更新日:2014/07/17 13:49

成沢 崇のプロフィール写真 成沢 崇 名古屋仏像研究会 会長、旅ライター

8月10日は「四万六千日詣り」。この日にお参りをすると 四万六千日お参りしたのと同じご利益があるとされている観音様の縁日です。
三重県鈴鹿市の林光寺では、この四万六千日詣りに併せて真夜中に公開される秘仏千手観音がいらっしゃいます。夜間拝観という時間もとうに過ぎた真夜中のお寺詣りをご紹介します。四万六千日分のご利益を頂きましょう。

城下町として栄えた歴史ある古刹・林光寺

城下町として栄えた歴史ある古刹・林光寺

写真:成沢 崇

地図を見る

鈴鹿市神戸町にある林光寺は近鉄鈴鹿駅から徒歩10分。静かな住宅街の中に佇む真言宗の古刹です。
寺伝によると天平十二年に聖武天皇の勅願所として、行基菩薩が開創されたと伝えられています。正平年間(1346年〜1369年)からは神戸城城主代々の祈願寺となり繁栄し、神戸町は戦国時代の城下町として栄えました。
本尊は秘仏の千手観音立像で、普段はその姿を拝見できません。拝見できるのは8月9日午後10時30分から8月10日午前1時までの数時間となります。

以前は午前1時からの開始だった!?

以前は午前1時からの開始だった!?

写真:成沢 崇

地図を見る

法要が始まるのは8月9日夜10時30分。林光寺の山門には提灯が2つ掲げられ、そこから望む本堂は辺りの静けさとは対照的に明るく煌々と照らされています。

四万六千日詣りは8月10日の行事ですが、林光寺では8月9日夜10時30分から8月10日午前1時までをご開帳の時間と定めています。寺務所の方にお話を聞くと、昔は8月10日午前1時から午前4時までのご開帳をされていたそうです。しかし、時代が進むにつれて近隣の迷惑になるということを考え、現在の8月9日午後10時30分からのご開帳に変更されたそうです。
8月10日の朝や晩に行ってもご開帳はしていないので間違わないよう注意して下さいね。

林光寺の四万六千日詣りは8月9日です。

午後11時。お堂に入りきれない程たくさんの人出に

午後11時。お堂に入りきれない程たくさんの人出に

写真:成沢 崇

地図を見る

午後10時30分から始まった法要は1時間ほど続きます。

時計の針も午後11時を回ると、お堂の中に入りきらない程の多くの人で賑わいます。ずっと昔から続く四万六千日詣りは、こうした町の人達で守られてきた大切な祭りでもありますね。

鐘の音とともに秘仏の扉が開きます!

鐘の音とともに秘仏の扉が開きます!

写真:成沢 崇

地図を見る

堂内で2人の僧侶が真言を唱えながら法要が行われていくのですが、午後11時30分頃に大きな鐘の音が鳴ります。さぁ、いよいよ秘仏千手観音がお祀りされている内陣中央の厨子の扉が開きます!

法要が終わると希望の方一人ずつに観音さまとの結縁をいただけます。これは厄除開運をお祈りしていただけるもので、観音さまの手に繋がれた五色の紐を両手で包み、僧侶の方が手にする密教法具の剣を体に当て祈願していただけます。

千手観音立像は平安時代に作られた一木造り

千手観音立像は平安時代に作られた一木造り

写真:成沢 崇

地図を見る

法要が終わると秘仏の千手観音立像をじっくりと拝見させていただきます。

僧侶の方がお経を唱える空間よりも外のスペース、すなわち外陣から拝見するために像容をはっきりと確認することは難しいのですが、年に一度の僅か数時間のご縁をここで結ぶことができます。

林光寺の秘仏千手観音立像は平安時代の作で、国の重要文化財にも指定されています。像高は108.1cm(光背まで入れると127cm)、桧の一木造りです。中央で合掌をした手以外に放射状に配された四十の手があります。四十手にはそれぞれ持物があり、頭上には阿弥陀の化仏を含めて十一の頭上面を載せています。
年に一度のご開帳ということもあり保存状態は大変良く、しっかりと修理も行き届いた綺麗な仏像です。

時計の針もこの頃には午前0時を回っており、8月10日の「四万六千日詣り」を済まされたこととなります。
夜中の0時頃までお寺さんにいる機会というのは滅多にないこと。ご開帳されるのは僅か2時間ほどの短い時間ですが、四万六千日分のご利益と観音さまのご縁がいただける特別な一日です。

林光寺
三重県鈴鹿市神戸6丁目7-11
近鉄「鈴鹿」駅下車徒歩10分
ご開帳は8月9日午後10時30分〜8月10日午前1時まで
拝観料は志納

おわりに・・・

林光寺は仏像だけでなく、本堂も歴史的価値が高い建造物で見応えがあります。安土桃山時代に再建された本堂の内部には、外陣の格子天井に花鳥の絵、内陣の壁画に明王や天部の壁画が残されています。また、須衣檀の彫刻も桃山様式の貴重なものです。

古刹として名高い林光寺で四万六千日詣りのご利益を頂いてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/08/09−2011/08/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -