虎杖浜温泉『民宿500マイル』で海間近の露天風呂と海の幸の夕食

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

虎杖浜温泉『民宿500マイル』で海間近の露天風呂と海の幸の夕食

虎杖浜温泉『民宿500マイル』で海間近の露天風呂と海の幸の夕食

更新日:2014/07/23 19:00

Delicious Seafood and Outdoor Seaside Hot Springs at Kojohama Onsen's "Minshuku 500 Mile" Lodge
野村 みのりのプロフィール写真 野村 みのり ロングステイ・トラベラー

北海道白老町にある虎杖浜温泉は、約10kmにわたり太平洋沿道の国道36号線付近に連なる温泉郷。豊富な湯量と、透明でクセがなくお肌がヌルスベになるのが特徴の温泉です。今回ご紹介する宿『民宿500マイル』では、そんな虎杖浜の良質な温泉と、海の幸がたっぷりの美味しい食事を味わうことが出来ますので、どうぞご期待ください!

宿の「味」はおかあさん

宿の「味」はおかあさん

写真:野村 みのり

地図を見る

『民宿500マイル』の「味」を出している一番の要因はと言えば、何をさておき宿のおかあさんでしょう。とてもオープンで親しみやすい雰囲気の方で、最初に訪れた時、初めてお会いしたにもかかわらず以前から知り合いだったような錯覚に陥ってしまいそうでした。

そしてもう5年ほど通った今では、すっかり「親戚のおばさん」といった感じです。北海道のこと、海のこと、漁師さんのこと、野菜作りのことなどなど、とても知識も豊富な方ですので、いろいろお話してみると楽しいでしょう。

海がすぐ目の前に広がる部屋

海がすぐ目の前に広がる部屋

写真:野村 みのり

地図を見る

畳(ゴザと言った方がいいかも知れませんが)が敷かれた部屋は、1階と2階合わせて8部屋ほどあります。2人部屋から20畳の8人部屋まで、人数に合わせてお部屋を用意してくれますが、どの部屋からも目の前に太平洋の海を眺めることができます。

海は本当にすぐに目の前に広がっており、部屋にいると一日中、波の音が聞こえてくるほど。波の音の子守唄で眠り、波の音の目覚ましで起きる贅沢を味わうことができます。時折、窓のすぐ前をカモメが通り過ぎていく姿に出会えるのも、またステキ。

源泉掛け流しの温泉

源泉掛け流しの温泉

写真:野村 みのり

地図を見る

温泉のお湯は、無色透明硫化水素臭の硫化水素泉。もちろん、源泉掛け流し!慢性関節リウマチや神経炎、慢性皮膚病、糖尿病、神経痛などに適応するお湯だそうです。

内風呂は2ヶ所あり、個人や家族で貸し切って入浴します。内風呂の他に露天風呂も1ヶ所あり、そちらもやはり貸し切りでのんびり入浴を楽しめます。

海を眺めながらの露天風呂

海を眺めながらの露天風呂

写真:野村 みのり

地図を見る

部屋からも海がすぐに目の前に見えますが、露天風呂は更に海に近づきます。台風の時に、露天風呂まで波が打ち寄せたことがあったとか。それほど間近です。

そんな露天風呂から、穏やかな海を眺めたり、時に荒れている波を見たりしながら浸かる温泉は、最高に気持ちがいいものです。

料理の「味」は息子さん

料理の「味」は息子さん

写真:野村 みのり

地図を見る

去年までは、元板前のおとうさんが料理を担当なさっていましたが、今年からは息子さんが主導権を握られたようです。それでも変わらない美味しさと、食事のボリューム!料理7品のコースと9品のコースがあるのですが、どちらも覚悟して挑んだほうがいい量です。

そして7品コースでは半身、9品コースでは1杯の毛がにがついてきます。(不漁の時などを除く)嬉しいやら、おなかいっぱいで辛いやら。その他にも、特産品としても有名な「虎杖浜産たらこ」が出たり、500マイルの名物の「いかしゃぶ」が出たり。海の幸たっぷりの夕食を、お部屋でくつろぎながら、存分に堪能していただけることでしょう。

おわりに、

いいお湯の温泉と、美味しいたくさんのお食事、そして楽しいおかあさん。海の香りと波の音に癒されながら、虎杖浜の温泉でのひとときを過ごす心の贅沢はいかがでしょうか。

札幌から車で約1時間半と、1泊2日でも訪れることが可能な場所です。是非お出かけしてみてくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/01−2014/07/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -