豪快に羊蹄山麓を馬の背に乗って散歩!!ニセコ乗馬ビレッジ

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

豪快に羊蹄山麓を馬の背に乗って散歩!!ニセコ乗馬ビレッジ

豪快に羊蹄山麓を馬の背に乗って散歩!!ニセコ乗馬ビレッジ

更新日:2017/07/21 16:57

玉恵のプロフィール写真 玉恵 カメラマン、ライター

ニセコ町といえば、冬のパウダースノーでスキーやスノーボードのような冬のレジャーが有名ですね。
ですが夏のニセコも、なかなか楽しい事がいっぱいです。たとえば乗馬なんていかがでしょう。

羊蹄山の山麓にある、ニセコ町の雄大な自然の中を、馬の背に乗りながら散歩出来るのが、「ニセコ乗馬ビレッジ」です。

羊蹄山を眺めながら、馬でゆらゆらお散歩

羊蹄山を眺めながら、馬でゆらゆらお散歩

写真:玉恵

地図を見る

ニセコ町にあるニセコ乗馬ビレッジは、初心者や子供も楽しめる乗馬の施設。羊蹄山麓にあるため、雄大な羊蹄山を眺めながら、かっぽかっぽと馬でお散歩が楽しめます。

札幌からは車で約2時間半位。前方に羊蹄山が見えてきます。更に車を走らせると、山や木々に囲まれたなかに、広い柵とロッジが。駐車場付近には、山羊がお出迎え。

テンガロンハットでカウボーイ気分!

テンガロンハットでカウボーイ気分!

写真:玉恵

地図を見る

ロッジで受け付けをしたら、無料で貸し出しているテンガロンハットを選びます。大きさや色を好みでチョイス。カウボーイ・カウガールに変身!

初心者でも安心!!まずはインストラクターが乗馬のレクチャー

初心者でも安心!!まずはインストラクターが乗馬のレクチャー

写真:玉恵

地図を見る

さて、いよいよ馬との対面です。
今回は、アラウンドランチコースという、30分のコースを紹介しましょう。色や大きさが様々な馬達が、30分背中に乗せてくれます。

まずは、インストラクターの方と柵の中で、歩く練習から始めましょう。

右や左に曲がって欲しいとき、歩いて欲しいとき、止まって欲しいときにどうすれば良いのかをレクチャーしてもらいます。
柵の中で練習をして、さあ林の中へと出発です。

林の中を馬に乗って、てくてく散歩!!

林の中を馬に乗って、てくてく散歩!!

写真:玉恵

地図を見る

では出発です!
インストラクターの方に誘導されながら、連なって進みます。
馬達が道々で、草を食べようとしますが、前へ進んでもらうように手綱を操ります。たまに、素早く笹や草をつまみ食いする馬も居ますが、そこがまた可愛い。

登りや下り、ぼこぼこ石の道もありますから、馬の背中でゆらゆらしたり、体が斜めになったりしますが、馬達が上手に進んでくれます。

散歩の最中、スタッフの方が色々な角度で写真を撮ってくれます。この写真は、気に入ったものを1枚から購入可能です。
この日担当してくれたインストラクターの方は、競走馬の調教にも携わっていたという、スペシャリスト。色々な話しも聞け、楽しい時間を過ごせます。

乗る前に馬と仲良くなれる!お世話が出来る「ベストフレンドコース」

乗る前に馬と仲良くなれる!お世話が出来る「ベストフレンドコース」

写真:玉恵

地図を見る

そしてもっと馬と触れ合いたい!という方にはこちらの「ベストフレンドコース」がおすすめ。乗馬前に30分ほど、乗る馬のお世話が出来るコースです。
体をブラシでこすってあげて、たてがみを櫛で梳いてあげると、とても気持ちがよさそう!

乗る前に馬と仲良くなれる!お世話が出来る「ベストフレンドコース」

写真:玉恵

地図を見る

そしてお待ちかねのオヤツタイム。にんじんをあげることが出来ます。もっとちょうだい、と催促する食いしん坊な馬も居るそうです。

乗る前に馬と仲良くなれる!お世話が出来る「ベストフレンドコース」

写真:玉恵

地図を見る

最後は引き馬体験。お世話が終わった馬を、乗馬する為に連れ出します。引いていると、目を盗んで草を食べようとする馬も居るそうですが、そこがまた可愛い!
乗馬前に仲良くなれるこのコース、馬の表情が間近で見られるので、乗る前にちょっぴり気持ちがわかるかも。ぜひ体験してみてくださいね!

おわりに、

30分の乗馬体験が出来る「アラウンドランチコース」と、60分の「ベストフレンドコース」の紹介でしたが、お子さまやちょっと怖いけれど乗ってはみたい、という方には7分程度の「引き馬コース」がおすすめです。
希望にあったコースで楽しんでみてはいかがでしょう。

JR駅からは、車で10分位。JR駅や宿泊施設への、送迎も行っていますから、安心して申し込めます。詳しくは関連メモ欄のURLからアクセスして、お問い合わせ下さい。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ