安産・子安のご利益なら池袋「鬼子母神堂」子授け銀杏もすごいご利益!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

安産・子安のご利益なら池袋「鬼子母神堂」子授け銀杏もすごいご利益!

安産・子安のご利益なら池袋「鬼子母神堂」子授け銀杏もすごいご利益!

更新日:2018/05/15 13:01

大宮 つるのプロフィール写真 大宮 つる 開運ライター

池袋から歩いて行けるパワースポットといえば、「雑司ヶ谷 鬼子母神堂」です。そのご利益は、かの有名な鬼子母神がご本尊のことから“安産・子安”。子授け銀杏もあり“子授け”、地主神が倉稲魂命(お稲荷さん)なので“産業全般”にもご利益があります。また、ご本堂の裏手には、北辰妙見大菩薩が祀られており、ご利益は多岐にわたります。

池袋の喧騒を離れ、鬼子母神堂でエネルギーチャージをしてみませんか?

「鬼子母神堂」は池袋からでも、目白からでも歩いていける

「鬼子母神堂」は池袋からでも、目白からでも歩いていける

写真:大宮 つる

地図を見る

東京のJR池袋東口から南へ約500m、目白駅から東へ約600mの場所に位置する「雑司ヶ谷 鬼子母神堂(ぞうしがや きしもじんどう)」。こちらのお寺の正式名称は「威光山法明寺」といいます。

「鬼子母神堂」は池袋からでも、目白からでも歩いていける

写真:大宮 つる

地図を見る

810(弘仁元)年、真言宗・威光寺として開かれましたが、1312(正和元)年に日蓮上人のお弟子の一人・日源上人が日蓮宗に改宗し、威光山法明寺と改めたとのこと。700年以上の歴史を持つ古刹です。

安産・子安の神様!「鬼子母神石像」がご鎮座

安産・子安の神様!「鬼子母神石像」がご鎮座

写真:大宮 つる

地図を見る

境内には、かの有名な「鬼子母神」の石像があります。今では、安産・子育(こやす)の神様として知られ信仰されていますが、そのように言われるようになったのは深い由来があります。

鬼子母神はインドの神様で、訶梨帝母(かりていも)とよばれ、鬼神般闍迦(はんしか)の妻になり、子どもを多く産みました(500人とも1,000人とも言われている)。しかし、性質が凶暴で人間の子どもを奪い取っては食べてしまうので、人間から恐れ憎まれていました。

人間たちからそのことを相談されたお釈迦様は、鬼子母神の末子を隠し、子を失う悲しみを実感させ改心させたと言われています。その後、鬼子母神は安産・子安の神様となることを誓い、人々に尊崇されるようになったそうです。

こちらの写真の石像は、改心されたあとの柔和な表情の鬼子母神様ですね。

安産・子安の神様!「鬼子母神石像」がご鎮座

写真:大宮 つる

地図を見る

ご本尊の鬼子母神像は、鬼形ではなく、幼児を抱いた菩薩形の美しいお姿。そのため、とくに角(つの)のつかない鬼の字が用いられ、 「雑司ケ谷鬼子母神」と尊称されています。

地主神がお祀りされている「武芳稲荷堂」

地主神がお祀りされている「武芳稲荷堂」

写真:大宮 つる

地図を見る

境内には、赤鳥居でまぶしい「武芳稲荷堂(たけよしいなりどう)」があります。ご本尊は“倉稲魂命(うかのみたま)”で、食物、農業、殖産興業、商業など産業全般の神様。今でいうと、お稲荷さんです。

こちらの土地の地主神とのことで、古来、この一帯の土地は“稲荷の森”と呼ばれていたそうです。

地主神がお祀りされている「武芳稲荷堂」

写真:大宮 つる

地図を見る

武芳稲荷堂・お社の前に、二体のお稲荷さんが左右にご鎮座。左のお稲荷さんは巻物をくわえています。巻物は神様からのお言葉が書かれているとも言われていますが、果たしてどんなお言葉が書かれているのでしょうか……?

樹齢約700年!雄株の大公孫樹は「子授け銀杏」

樹齢約700年!雄株の大公孫樹は「子授け銀杏」

写真:大宮 つる

地図を見る

武芳稲荷堂の赤鳥居などでグル―っと囲むようにあるのが、樹齢約700年“雄株”の大公孫樹(大いちょう)です。

この大いちょうは鬼子母神堂のご神木で、高さが約33m、幹の周囲は約11mだとか(東京都指定天然記念物)。都内のイチョウでは、麻布・善福寺のイチョウに次ぐ巨樹で、応永年間(1394〜1428)に、僧の日宥が植えたと今に伝えられています。

樹齢約700年!雄株の大公孫樹は「子授け銀杏」

写真:大宮 つる

地図を見る

古くから“子授け銀杏”と言われ、子どもを授かりたい婦人がこのイチョウを抱いて子授け祈願をしていたようです。

実際に見てみると、幹がものすごく太く、その高さにも圧倒されます。700年以上生き続けてきた生命力が感じられます。

ご本堂の裏手に「北辰妙見大菩薩」がお祀り!

ご本堂の裏手に「北辰妙見大菩薩」がお祀り!

写真:大宮 つる

地図を見る

ご本堂の裏手に回ると、「北辰妙見大菩薩」がお祀りされています。

北辰妙見大菩薩とは、北の夜空に輝く北極星のこと。“妙見さん”と親しまれています。北辰妙見大菩薩のご利益は、国土を守り、様々な悩みや災いを消し去り、敵を退け、寿命を増すと言われています。また、海上安全の神、商業の神、眼病平癒の神、受験の神としても信仰されています。

鬼子母神堂に来られたら、裏手にもまわってみてくださいね!

池袋「雑司ヶ谷 鬼子母神堂」でエネルギーチャージ!

池袋「雑司ヶ谷 鬼子母神堂」の見どころ&ご利益をご紹介しました。

なお、鬼子母神に千人の子供がいたことにあやかり、多くの子宝に恵まれるようにという願いに由来している「おせん団子」というのがあり、毎週日曜、縁日(毎月8、18、28日)に、鬼子母神境内の大黒堂でいただけます。

池袋観光の一つに、鬼子母神堂。おすすめのパワースポットですよ。

<基本情報>
住所:東京都豊島区雑司ヶ谷3-15-20
電話番号:03-3982-8347
アクセス:JR池袋東口から南へ約500メートル、目白駅から東へ約600メートル徒歩

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -