熱気ムンムン庶民パワー炸裂!台北「士林夜市」完全攻略法!

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

熱気ムンムン庶民パワー炸裂!台北「士林夜市」完全攻略法!

熱気ムンムン庶民パワー炸裂!台北「士林夜市」完全攻略法!

更新日:2014/07/28 19:04

吉川 なおのプロフィール写真 吉川 なお 台湾在住ライター、元旅行会社勤務の旅行マニア

台湾観光の夜のお楽しみと言えば、何と言っても熱気あふれる夜市です。台湾フードや雑貨、衣料品などさまざまなものを売る屋台が所狭しと立ち並び、縁日のような活気と楽しさを味わえます。

台北には「士林夜市」「雙城街夜市」「寧夏路夜市」「臨江街観光夜市」「饒河街観光夜市」「公館夜市」「華西街観光夜市」など人気夜市が目白押しです。その中から最大規模を誇る「士林夜市」をご紹介します♪

夜市の歩き方

夜市の歩き方

写真:吉川 なお

地図を見る

夜市には普段見慣れない屋台フードに南国特産のフルーツ、昔懐かしい露天ゲームや、掘り出しものいっぱいの雑貨など、ちょっと歩いただけで五感がウズウズする発見がたくさんあります。

午後5時を過ぎると、そろそろ屋台が営業を始めます。8時〜10時頃が人混みのピークで、たいてい深夜12時くらいまで開いています。混んできたら、スリに注意しながら、気になる店に迷わず飛び込みましょう。人混みの中を引き返すのは至難の技です。

中国語ができなくても恐れることはありません。メニューに日本語が併記されていることも多く、店によっては日本語が話せる人もいます。指差しやジェスチャーでも結構通じるので、臆せずアタックです!

何を食べようか迷うあなたには、人気フードランキングが参考になるかも。2014年7月に台湾交通部観光局が発表した屋台グルメの人気投票の結果をご紹介しますね。

【1】蚵仔煎(オアチェン・牡蠣入りオムレツ)
【2】鶏排(ジーパイ・鶏のから揚げ)
【3】臭豆腐(チョウドウフ・揚げ発酵豆腐)
【4】干貝焼(ガンベイシャオ・帆立貝の串焼き)
【5】酥炸大魷魚(スージャーダーヨウユー・イカ揚げ)
【6】月亮蝦餅(ユエリャンシィアビン・タイ風海老ちぢみ)
【7】塩酥鶏(イエンスージー・塩コショウ味の鶏の唐揚げ)
【8】生煎包(ションジェンパオ・焼き小籠包)
【9】猪血糕(ジューシュエガオ・もち米に豚の血を入れ固めたもの)
【10】巧蕉王(チャオジャオワン・チョコバナナ)

屋台グルメは種類が多いことに加え、価格も驚くほど安く、これ以外にも安くおいしいものがたくさんあります。混んでいたり、行列ができていたりする店を選ぶのもコツで、そうしたところはまず外れがありません。それと、ひとつのお店で食べ過ぎないようにご注意を。注文し過ぎると、すぐに満腹になってしまいます。

公衆トイレが設置されている夜市もありますが、いざという時に最寄りになければ、近くのレストランやコンビニを利用するのが一番です。

「士林夜市」の成り立ち

「士林夜市」の成り立ち

写真:吉川 なお

地図を見る

「士林夜市」は100年以上の歴史を持つ台北最大の夜市です。元々は航海と漁業の女神・媽祖を祀る「慈諴宮」の門前に広がる農産物を商う小さな市場でしたが、日本統治時代に「士林市場」が作られると従来のエリアに加えて、場外にも店が展開するようになり、大いに発展しました。

2002年に施設の老朽化で立て替えられることになり、MRT剣潭駅前の臨時市場に移りましたが、2011年12月に従来の場所に戻り、改修、拡大されて「新士林市場」としてリニューアルオープンしました。それによって、安全で衛生的な環境で食べ歩きやショッピングが楽しめるようになりました。

「新士林市場」の1階はフルーツや土産物、雑貨やゲーム店などが軒を連ねるアーケード街、地下1階は台湾を代表するグルメが集う「美食広場」となっています。デパ地下のフードコートのような景観になったものの、移転前に比べるとぐっと清潔感が増し、クーラーも効いていて暑い夏でも快適です。

士林夜市は「新士林市場」が建つ基河路、歩行者天国の大東路、屋台が数多く並ぶ文林路という3つの通りにまたがる店舗の総称です。
時間があまりないときはB級グルメが集まる「新士林市場」の「美食広場」に直行するといいでしょう。

「美食広場」で食べたいものはコレ!

「美食広場」で食べたいものはコレ!

写真:吉川 なお

地図を見る

地下1階は小吃と呼ばれる屋台料理が並ぶグルメワールドで、行列ができる人気店もあります。

【豪大大鶏排】 いまや士林夜市名物となった特大クリスピーチキンの店で、ジューシーな風味と大きさが台湾の若者に人気です。文林路の屋台街にも店があります。

【老士林大餅包小餅】 揚げ餅(小餅)を粉々に砕いて、クレープ状の皮(大餅)に包むという発想も食感もユニークな大餅包小餅は、ピーナッツやゴマ、ココナッツ、カレー、麻辣などいろいろな味があります。

【士林昇記大香腸】 香腸はソーセージのことで、弾力があり肉の味たっぷりの台湾ソーセージは生のニンニクと一緒に食べます。人気の大腸包小腸は、もち米の腸詰にきゅうり、ザーサイ、ソーセージを挟んだライスホットドックで、その味にはまる人も多いです。

【広東303粥】 添加物を使わない老舗粥店の味は、ちょうど良い塩加減で満足の味です。人気メニューは広東粥、海鮮粥、皮蛋痩肉粥で、ビールもありますよ。

【忠誠號】 蚵仔煎の有名店。店頭で豪快に作られる蚵仔煎は出来た途端あっという間になくなります。生炒花枝(イカのとろみスープ)、米粉炒(ビーフン)も店のお薦めです。基河路にある路面店が本店です。

【青蛙下蛋】 アオガエルのマークが目印のジューススタンドで、店自慢の粉圓という黒タピオカがカエルの卵に似ていることから店名に。愛玉ゼリーが入った愛玉冰も喉ごしよく人気です。美食広場内は1店だけですが、屋台街には店がたくさんあります。

「美食広場」は室内のため、天候を気にすることなく少しずついろいろなものを味わえるのが魅力です。アルコール類を販売している店は限られているので、コンビニなどで調達して持参してもいいでしょう。

営業時間は月曜日〜木曜日は午後3時から、金曜日〜日曜日は午前11時半からです。

路面店で食べたいものはコレ!

路面店で食べたいものはコレ!

写真:吉川 なお

地図を見る

【家郷涼麺】 メニューは涼麺と臭豆腐だけで、人気の伝統涼麺はごま風味、他にもタイ式、麻辣味があります。店頭で揚げられる香炸臭豆腐はさくさくで香ばしく、独特の匂いもありません。席取り厳禁で、順番に席を指示され、商品と引き換えに精算します。〈大南路46号 〉

【辛發亭】 牛乳を凍らせて削った雪片氷のかき氷店です。見た目も美しく、添加物を一切使用しないかき氷は味濃厚で納得のおいしさです。マンゴー入り新鮮芒果雪片は4月から9月までの季節商品、抹茶紅豆雪片も人気です。〈安平街1号〉

【原上海生煎包】 上海風焼き小籠包の店で、豚肉入りの鮮肉包とキャベツとシイタケが入った高麗包の2種類だけです。水曜日は休みで、営業は午後9時までですが、9時前でもきりがいいところで早じまいしてしまうのでお早めに。〈大南路7-1号〉

この3店は常に行列で多少並びますが、並んででも食べたいおいしさです。

これであなたも士林夜市通!

現地の人たちの食への情熱がみなぎる士林夜市は、ローカル感たっぷりのパワフルマーケットです。

台湾の夜は夜市で豪快にほおばって、エネルギッシュに過ごしましょう!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ