名古屋グルメといえば 元祖「あつた蓬莱軒のひつまぶし」

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

名古屋グルメといえば 元祖「あつた蓬莱軒のひつまぶし」

名古屋グルメといえば 元祖「あつた蓬莱軒のひつまぶし」

更新日:2013/01/25 16:30

結月 ここあのプロフィール写真 結月 ここあ 旅行ブロガー

ひつまぶしといえば、名古屋の名物グルメで有名店もいろいろありますが、その中でも「あつた蓬莱軒」は、老舗中の老舗です。
今年は、鰻の高騰によりお値段が高めでも、その人気は衰えません。
一度食べてみれば、その美味しさにリピート間違いなしです。

あつた蓬莱軒の本店「蓬莱陣屋」

あつた蓬莱軒の本店「蓬莱陣屋」

写真:結月 ここあ

地図を見る

あつた蓬莱軒は、熱田神宮の神宮店と栄の松坂屋店もありますが、やはり本店である蓬莱陣屋で食べたい!
蓬莱陣屋は、熱田神宮からもほど近いところにあります。

最近は、某クレジットカード会社のCM「ゴールド先輩」に出てくるお店で、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

老舗らしく落ち着いたお庭

老舗らしく落ち着いたお庭

写真:結月 ここあ

地図を見る

門をくぐると、手入れの行き届いた立派なお庭がお出迎えしてくれます。
石灯籠も落ち着いた雰囲気を醸し出していますが、タヌキやカエルの置物も心を和ませてくれますね。

お店のこだわりでさらに美味しく

お店のこだわりでさらに美味しく

写真:結月 ここあ

地図を見る

ひつまぶしは、いろいろ説があるようですが、おひつのご飯に、鰻を細かく切ってまぶしたところから、この呼び名がついたようです。

お席について注文を受けてから、鰻を焼き始めるので少々時間がかかりますが、熱々焼き立ての美味しいひつまぶしが食べられます。

これがこのお店のこだわっているところです。

ひつまぶしの食べ方

ひつまぶしの食べ方

写真:結月 ここあ

地図を見る

皆さまもご存知かと思いますが、先ずはこのしゃもじで4等分して1膳目はそのまま鰻の味を楽しんで、2膳目は海苔や薬味を加えていただきます。
3膳目は、それを御茶漬けにしていただき、最後はお好みでが基本的な食べ方です。

さすが老舗だけのことはあって、鰻の美味しさは格別。
鰻が苦手な方も、克服できる可能性がありますよ。
あと小皿に出てきた奈良漬も美味しかったです。

蓬莱陣屋は、数あるひつまぶし店の中でも人気のお店なので、曜日や時間によっては混雑は避けられません。

駐車場も限りがあるので地下鉄がよいかと思います(名城線伝馬町下車 徒歩7分)。

お店に着いたら先ずは予約して、時間がかかるようでしたら、ほど近い熱田神宮を参拝するのもよいですね。

熱田神宮は、日本武尊(やまとたけるのみこと)の神剣であった三種の神器の一つである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)をご神体としています。
伊勢神宮に次ぐ格の高い神宮のようです。

名古屋を旅の拠点に、知多半島、伊勢神宮などへも足を延ばしてみてはいかがですか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/06/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ