現存天守最古!国宝犬山城の威厳とその美しさにふれる

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

現存天守最古!国宝犬山城の威厳とその美しさにふれる

現存天守最古!国宝犬山城の威厳とその美しさにふれる

更新日:2014/07/28 17:46

直 旅道のプロフィール写真 直 旅道 トラベルコーディネイター、通訳案内士(英語)

愛知県犬山市にある犬山城は、日本で4つしかない国宝のお城の中の一つ。
戦国時代の城ならではの急勾配の階段や360度の見晴台など、戦国ロマンあふれるお城です。他のお城とぜひ比べてみてください。

築城1537年(天文6年)。現存する最古の天守。

築城1537年(天文6年)。現存する最古の天守。

写真:直 旅道

地図を見る

国宝犬山城は、今から450年以上前(1537年)に織田信長の叔父、織田信康により築城されました。まだ、信長が表舞台にでてくる前の時代。桶狭間の戦いのさらに20年以上も前のことです。
戦国時代真っ只中にできた城だけあり、平和な時代に作られた城にはない、仕掛けや特徴がみられ、威厳と美しさにあふれています。
ちなみに、城好きで知られる芸能人のロンドンブーツ淳がかつてテレビで、この犬山城が一番好きだと話したのをきっかけに、2010年より犬山観光特使となっています。

戦国の城は、なかなか姿をみせません。

戦国の城は、なかなか姿をみせません。

写真:直 旅道

地図を見る

戦国時代の城は相手が簡単に本丸まで到着できないようにつくられています。表門に続く道は、曲がりくねっていて、敵が直進できないようになっています。
またこの城は、敵が攻めづらいように丘や台地の上にたつ平山城(ひらやましろ)となっています。
しばらく、坂道を登って行くと(登山というほどではありません)入城窓口がありますのでそこで入場料をはらい(2014年時点で500円)門を表門をくぐると国宝犬山城が威厳をもって迎えてくれます。

本物の城は階段も急勾配。観光用の城とはオーラがちがう。

本物の城は階段も急勾配。観光用の城とはオーラがちがう。

写真:直 旅道

地図を見る

靴をぬいで城の中に入ります。入り口は実際は城の地下で石垣の一部がむきだしになっています。石垣は野面積(のづらづみ)といわれる作り方で大小の大きさがばらばらの石をランダムに積んでいます。まだ、大きな石を積み上げる技術もなかったための技法です。高く積み上げる事はできませんが、頑丈で水はけがいいそうです。

また、城の中の階段は急勾配で、1段あがったらまた90角度をかえてまた急勾配の階段をあがるという形で、これも敵が侵入してきた時に一気にせめこまれないよう配慮されているためです。
他にも「石おとし」という敵めがけて石をおとす窓や、側面から敵に攻撃を加える「付櫓(つけやぐら)」、身を隠すための「武者隠しの間」など戦国の城ならではの特徴を持っています。
また築城時に実際使われた瓦や歴代城主なども展示されていて、それを見るだけでも歴史を感じることができて楽しいです。

天守からは360度の見晴らしが圧巻。

天守からは360度の見晴らしが圧巻。

写真:直 旅道

地図を見る

最上階(天守閣)までいくと360度の見晴らしが楽しめます。
ここ犬山城天守には「廻縁(まわりえん)」という今で言う展望台がついています。縁が城の外側にでていて珍しいです。同じ国宝の松本城等には、この廻縁はありません。雪がたまるとそこから木が腐るため寒い土地にあるお城ではつくることができないとのことです。
なるほどここにも昔の英知を感じます。
犬山城が戦災をまぬがれてきた理由のひとつにこの見晴らしの良さがあります。強大な敵が来たと分かるとすぐに白旗をあげ、徹底抗戦しなかったからです。
とにかくすべてが、本物。威厳があるのに美しい。さすが国宝です。

城の周辺にも、いろいろ観光スポットはあります。

城の周辺にも、いろいろ観光スポットはあります。

写真:直 旅道

地図を見る

犬山城下も雰囲気よく観光客に人気です。城と街のミュージアムやからくり展示館、登録有形文化財の町屋や蔵などがメインストリートに連なり、散策も楽しいです。お土産屋さんや御茶屋もありますから休憩もできます。
また犬山には、「リトルワールド」や「明治村」などの有名観光施設もあり、観光資源も豊富です。

おわりに

最後の写真は名鉄犬山ホテルの裏手の駐車場から撮影したものですが、木曽川にはえる犬山城もとても美しいです。
この犬山ホテルは温泉で、ここの昼食バイキング+温泉というのも人気です。木曽川鵜飼も東海初の女性鵜匠の誕生で脚光をあびていますし、リトルワールドや明治村などからめ、泊まりでも楽しい旅行ができると思います。
最近は外国の旅行者も増えてきた犬山。日本人にはなおさら行っていただきたいところです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ