田園美の決定版、砺波平野の「散居村」を訪ねる

| 富山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

田園美の決定版、砺波平野の「散居村」を訪ねる

田園美の決定版、砺波平野の「散居村」を訪ねる

更新日:2014/07/29 16:21

「散居村」をご存じでしょうか。水田の中に屋敷を木々で囲んだ屋敷林が点在する風景のことです。国内に残る散居村の中で、比較的昔の姿を残しているのが、富山県の砺波平野です。それもそのはず。島根県の出雲平野や、岩手県の胆沢平野と並んで、「日本三大散居村」に数えられているのですから。
稲が伸びた夏の砺波平野は、まるで緑のカーペットを敷き詰めたかのよう。農家の美意識が感じられる風景が待っています。

百聞は一見にしかず。まずは散居村を一望できる展望台へ

百聞は一見にしかず。まずは散居村を一望できる展望台へ
地図を見る

散居村の美しさは、高いところから見下ろしてこそ分かります。砺波平野の周辺にはいくつかの展望台がありますが、最もお勧めしたいのが、となみ夢の平スキー場近くにある散居村展望台です。
駐車場に車を停めた後、展望が広がる高さまで階段を登る必要がありますが、登り詰めた先では写真のように、散居村を一望することができます。
階段が上れない方もご安心を。少し離れたところに、車椅子の方でも散居村が眺められるバリアフリー展望台が設けられています。

砺波平野の歴史、丸分かりスポットへ

砺波平野の歴史、丸分かりスポットへ
地図を見る

散居村全体を眺めた後は、散居村内に下りていきましょう。まず、目指したいのが、北陸道の砺波インターチェンジ近くにある「となみ散居村ミュージアム」です。
情報館、伝統館、交流館、民具館という4つの建物から成り、最も大きな情報館では、散居村について学んだり、地域の情報を入手したりすることができます。
散居村の古民家を見たいという方は、伝統館に入ってみましょう。大正時代から昭和初期の民家を復元した建物を見学することができます。また、アズマダチという砺波地方の伝統的な民家を現代風にアレンジした交流館も、ぜひ立ち寄ってみたい施設です。

道具好きにはたまらない民具館

道具好きにはたまらない民具館

「となみ散居村ミュージアム」内で最も見応えがあるのが、砺波地域に伝わる古くからの民具を集めた民具館です。
建物は旧出町小学校という学校の校舎を一部、移築したものだそうです。
受付で入館料100円(高校生以上)を払い、展示室へ。時代も用途もさまざまな民具が、衣・食・住・農などの使用目的別に分けられています。一つひとつ見ていくうちに、きっと砺波平野の歴史が形作られてきた背景を知ることができるでしょう。

まちなかに残ったカイニョ

まちなかに残ったカイニョ
地図を見る

砺波平野内の道路を走っていると、この地域ではカイニョと呼ばれている屋敷林を多く目にすることができます。いずれも個人宅なので、簡単に内部を見ることはできませんが、ご安心を。昔のままのカイニョ内を体験できる場も残されているのです。
その名も「かいにょ苑」。旧金岡家住宅という、砺波平野の典型的な農家を活用した施設で、現在は生涯学習施設としても使われています。砺波駅近くの市街地にあるため、まわりに田んぼはありませんが、門をくぐると、手入れされた庭と茅葺き屋根の古民家が目に入ります。苑内を歩けば、古民家が現役で使われていた時代にタイムスリップしたかのようなひとときが過ごせるでしょう。

散居村産の農産物は道の駅で

散居村産の農産物は道の駅で
地図を見る

散居村観光を楽しんだ後は、きっと砺波平野産のお米を買いたくなるに違いありません。そう感じた方は、「道の駅砺波」へ。
直売所の「となみ野の郷」では、お米はもちろん、地域の農産物や、砺波市特産のチューリップに関するグッズなどを買い求めることができます。
食事をしたい方は、レストラン「砺波そだち」へ。砺波市や富山県内の食材を使ったメニューが並び、昼は大門素麺定食などの定食を、夜は富山名県産の豚を使った料理などを味わうことができます。
また、道の駅のまわりには、春にチューリップで埋め尽くされる砺波チューリップ公園や、美術館、郷土資料館なども点在しています。さらに観光案内所が併設されているので、砺波平野を散策する前に立ち寄るのもいいかもしません。

より気軽に行けるようになる砺波平野

多くの方がご存じだと思いますが、2015年の春、北陸新幹線が開通し、首都圏と北陸との所要時間が一気に縮まります。砺波平野も例外ではありません。
「今日は天気が良さそうだから、散居村を見に行こう」。そんな気軽さで訪れられるようになるのはもうすぐですから、季節ごとに訪ねてみてはいかがでしょう。きっと散居村は、水鏡の散居村、一面が緑の散居村、黄金に輝く散居村など、まったく異なる表情で出迎えてくれるはずですから。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -