一度は食べておきたい!台湾人も愛する人気小籠包ベスト5!

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

一度は食べておきたい!台湾人も愛する人気小籠包ベスト5!

一度は食べておきたい!台湾人も愛する人気小籠包ベスト5!

更新日:2016/02/15 17:59

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

台湾グルメで絶対に外せない小籠包。もっちりとした薄皮に肉餡と肉汁をぎゅっと閉じ込め、セイロで蒸した小籠包はクセになるおいしさです。
台北市内にはオリジナリティーあふれる小籠包のお店が多数あり、一つとして同じ味はありません。
限られた旅行期間、どこのお店に行こうか迷っているあなたへ、今回は、数々の小籠包店を食べ比べた台湾グルメライター一押しの一度は食べておきたい小籠包5店を紹介します!

海鮮のうまみがたまらない!「小上海」

海鮮のうまみがたまらない!「小上海」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

MRT中山國中駅からタクシーで10分ほどかかる「小上海」は、緑の並木道が美しいおしゃれな通り沿いにあります。

人気の秘密は、ここだけで食べられる干し貝柱をじっくり煮込んだ貝柱スープ入り小籠包。肉汁たっぷりでコクがあるのに、後味さっぱり。肉汁のあとに海鮮のさっぱり風味が追いかけてくるため、スープのうまみがいつまでも口の中に広がります。筆者は小籠包を食べるときに、酢醤油も針しょうがもたっぷりかけて食べるのが定番ですが、ここの小籠包を食べるときはこの貝柱スープを堪能するために、あまりつけません!素材の風味を120%活かしたうまみたっぷりの小籠包です。

おなかに余裕がある人は、湖州粽(豚肉入りちまき)はいかがでしょうか?とろとろに煮込まれた豚肉のうまみがたっぷりつまり、日本ではなかなか味わえないちまきですよ。

パイナップルケーキの人気店「微熱山丘」とは徒歩5分の距離。あわせて立ち寄ってみてくださいね。

手作り醤油がうまみを引き立てる「蘇抗点心店」

手作り醤油がうまみを引き立てる「蘇抗点心店」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

MRT古亭駅から徒歩3分、地元のグルメ雑誌に取り上げられる地元に根付いた人気小籠包店「蘇抗点心店」。一押しの蘇杭小籠包は、オーダーを受けてから生地をつくり、肉餡を包むこだわり。さらに、うまみを引き出す醤油も手作りなんです。煮干しや生姜などを何時間もかけて煮込んだこだわりの醤油を隠し味にしている肉餡は、間違いないおいしさ。
手作り醤油の味がしみ込んだ肉汁は味わい深く、ほんのりスパイシー。ほろ苦な大人味の小籠包です。

また、薄皮からへちまのきれいな緑がすけてみえる見た目にも美しい絲瓜蝦仁湯包もおススメ。小籠包とは違い、へちまとエビのさっぱりした味わいと食感を楽しむ一品。小籠包と交互に食べてもおいしいはず。

コスパ最高!安すぎてうますぎる庶民の味方!金鶏園

コスパ最高!安すぎてうますぎる庶民の味方!金鶏園

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

MRT東門駅にある「永康街」は、台湾の小龍包といったら誰もが口にする「鼎泰豊」を筆頭に数々の小龍包店が軒を連ねる小龍包激戦区。

中でも一押しが「金鶏園」です。「永康街」はオシャレショップも多く、雰囲気のある店構えのお店が多い中、赤と白のしましまの屋根の下、職人さんたちがもくもくと小龍包を包んでいる「金鶏園」は他とは違った雰囲気。2階のイートインスペースにいくと地元の人や大学生で大賑わい。日本でもそうですが、大学生が行く店は、格安でおいしくてボリュームたっぷりの店が多い!安いだけでなく、中の肉餡はボリュームたっぷりで、その肉餡を包むための皮もやや厚め。
小龍包によくある、肉汁たぷたぷはさほどない代わりに、肉餡に肉汁がしみ込み、食べるごとに口の中にジューシーな肉汁がふわりふわりと広がります。

観光客慣れしていない、台湾の昔ながらの小龍包の味を味わえるお店です。

豚コラーゲンたっぷり!明月湯包

豚コラーゲンたっぷり!明月湯包

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

MRT六張犁駅から臨江街夜市に行く途中にある「明月湯包」は地元の気軽に入れる食堂として絶大な人気を誇る小籠包店。特徴は、中がすけて見えるほどのうす〜い皮。そして、こだわりのスープ(肉汁)を作り出すため、おいしい黒豚を厳選することで、豚本来のうまみだけを活かし、調味料は一切使用せずに美味しいスープを作り出しています。

そんなスープのお味は、小龍包にしては、さっぱりとした味わい。ガツンとしたパンチはないけれど、スープの切れ味が最高で、どんなに食べても食べ飽きない小籠包。
お店の名前「明月湯包」が小籠包の名前となっているのはこのおいしいスープ(湯包)からきているんですね。

人気に火がつき、本店のすぐそばには支店がオープンしました。そのため、行列はだいぶ回避されています。どちらも同じ味わいですが、やはりオーナーがいる本店で食べるのがツウですよ!

濃厚なカニみそのうまみが病みつき!「杭州小籠湯包」

濃厚なカニみそのうまみが病みつき!「杭州小籠湯包」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

MRT中正記念堂駅から徒歩15分、住宅街の中にあるのが「杭州小籠湯包」です。全体的に赤茶色の店内の店先にあるオープンキッチンでは、たくさんのセイロから湯気が出て、これぞザ・台湾という雰囲気たっぷり。

一番人気の小籠湯包は、豚骨風味の濃厚なスープにネギや生姜がほどよく混ざることでしつこくなく味わい深い。とろけるような肉餡が絶品で、食べるごとに後味ひくおいしさ。一度食べたらリピートしたくなる味です。

このお店の特徴は、いろんな種類の小籠包があること。エビや青梗菜、へちまなどいろいろありますが、中でも一押しが蟹黃湯包(カニみそ入り小龍包)。肉餡にカニみそをたっぷり閉じ込め、スープと一緒に飲むと濃厚なカニみそプラス肉汁が口の中いっぱいに広がり、これぞ至福の時!カニみそがとにかく濃厚でカニみそ好きにはたまらない小籠包。他店にもカニみそ入り小籠包はありますが、このお店の濃厚さにかなうお店はありません!

アクセスがあまりよくないからこその隠れ家的小籠包

今回紹介した5店舗は、いずれも駅から徒歩10分〜15分かかったり、台北駅からかなり電車に乗ったりとアクセスはさほどよくはありません。しかし、美味しいものを食べるために苦労を惜しんではいけません!
苦労してたどり着いた先には、極上小籠包があなたを待っています!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ