車好き集まれ!小松の「日本自動車博物館」は日本最大級

| 石川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

車好き集まれ!小松の「日本自動車博物館」は日本最大級

車好き集まれ!小松の「日本自動車博物館」は日本最大級

更新日:2014/07/29 16:07

小松の加賀温泉郷辺りに、日本で最初に創設された日本自動車博物館があります。
富山県の大富豪により設立された博物館には、500台もの車が展示。
なかなかお目にかかることのできないレアな車がたくさんあり、車好きにはたまらない空間です。

東京駅?

東京駅?
地図を見る

博物館の外観は赤レンガ造り風。一見東京駅では?と思わせる外観です。
延床面積11,550平方メートルに、3階建ての展示スペースと日本最大級の自動車博物館です。
1階には、BMW街やトヨタの広場。2階にはベンツの街に日産の広場。3階は、スバルの街にマツダの広場など種類やメーカごとに展示。

創設者の熱い思いでできた博物館

この博物館は、1978年(昭和53年)富山県小矢部市に開設されました。
創業者は、前田彰三。当時、セメント販売業・石黒産業を営んでいた大富豪です。
前田氏は、個人収集してきた自動車を展示することから始めました。それから彼の情熱に心打たれた多くの人の協力で展示できる自動車が増え、1995年(平成7年)に現在の場所、石川県小松市に移転しました。現在は、年間129,000人も訪れる小松市きっての博物館となりました。

創設者の熱い思いでできた博物館
地図を見る

全てにおいて最高レベル

全てにおいて最高レベル
地図を見る

館内には約500台の自動車が常設展示されています。
ベンツやポルシェなど名高い高級車やスポーツカーのみならず。新車でも結構なお値段のする車ですが、年代物の車となるとさらに値もはることでしょう。
特に年代物の車は保存が難しく、博物館でも好まれないのですがこの博物館では抜群の保存状態で展示されています。北陸の気候もまた保管のし易さに適合したのかもしれませんね。
500台もの収容台数に加え、保存状態も良いので、車好きにはたまらない博物館です。

技術の集結を垣間見る

技術の集結を垣間見る
地図を見る

展示は完成系の車だけでなく、昔のエンジンや車の駆動系の実物も展示しています。外装がどれだけかっこよくても、また外装が結構オンボロでも、このエンジンがしっかりしていないと動きません。実際のエンジンの構造を見ることで、日本の車における技術力の高さを垣間見ることができます。

石川県ならではの金箔&加賀友禅

石川県ならではの金箔&加賀友禅
地図を見る

展示自動車の1つゴールドカー。
純金箔1000枚、スカートには加賀友禅をあしらったド派手な自動車です。
金を薄く延ばした厚さ1万分の3ミリの純金箔の製造は石川県の金箔文化からなる技を巧みに使い、開発に8年の歳月を要したそうです。
この車もまた、日本で1台のここにしかない貴重な車です。いったい幾らするのでしょうね。

おわりに

日本最大級そして、ここでしか見ることのできない希少価値の高い自動車が勢ぞろいの日本自動車博物館。約40年前の創業者の心意気、車に対する情熱で創業した博物館。車への愛情がたっぷりつまった博物館は、車好きにはたまらない場所になることでしょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ