憧れの避暑地!旧軽井沢散策と高級ホテルランチにはとバスで行こう

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

憧れの避暑地!旧軽井沢散策と高級ホテルランチにはとバスで行こう

憧れの避暑地!旧軽井沢散策と高級ホテルランチにはとバスで行こう

更新日:2014/08/08 12:13

暑い日が続きますね。こんな時は人気の避暑地「軽井沢」へ出かけてみませんか?
はとバスの日帰りツアーなら、化粧室付新型バスに乗って楽々軽井沢へ。ホテルで浅間山の景色を楽しみながらイタリアンランチを堪能したあとは、旧中山道の軽井沢宿として、明治時代以降は外国人の別荘地として栄えた旧軽井沢銀座をゆっくり散策&お買い物。
運転いらずで気軽&お得に楽しめるはとバス人気のツアーをご紹介します。

はとバス「レガート」で向かうは軽井沢浅間プリンスホテル

はとバス「レガート」で向かうは軽井沢浅間プリンスホテル
地図を見る

この旅は、はとバスの最新車両で出かける通常よりもちょっとリッチなツアー。乗車する「レガート」は2014年4月に誕生した新型車両で、座席は横4列ですが通常のシートよりも座席幅が広く、素材も一部革張り。各座席に100Vコンセントがついているので、充電器を持参すれば携帯電話の充電切れも心配無し!後方についている化粧室付トイレは、今までのバスのトイレのイメージを払しょくするような広々として清潔感のある美しさで、気軽に利用できます。

早速バスが向かうのは、ランチを頂く「軽井沢 浅間(あさま)プリンスホテル」。避暑地軽井沢にふさわしい、美しい自然に囲まれた高原ホテルです。
ダイニングルームに入ると、写真のような素晴らしい景色。晴れた日には、大きなガラス窓から上信越高原国立公園に指定されている活火山「浅間山」を奥に望むことが出来ます。

コースのイタリアンランチを堪能

コースのイタリアンランチを堪能
地図を見る

早速ランチを堪能しましょう!1品ずつ頂くコース料理形式です。バスの乗客全員で同じテーブルに座るのではなく、グループごとに分かれて座るので、他の人に気兼ねなく食事が出来るのがうれしいですね。
パンはお替わり自由。食後のコーヒーも飲み終わると「お替わりはいかがですか?」と声をかけてもらえます。時間も90分ほどありますので、ゆったりと食後を楽しめますね。

ランチメニュー
・スモークサーモンと生ハムのサラダ仕立て
・クラムチャウダー ショートパスタ入り
・信州ポークのカツレツチーズ焼き トマトソース
・パン
・ドルチェ
・コーヒー
※内容は変更になる場合があります。
※1名で参加の場合は相席となります。

食事後集合時間までの間は自由行動。ホテルのブティックやコンビニエンスショップでお買い物をしても良し、ロビーエントランスのおしゃれなソファに座ってみるも良し、外に出てみても良し、あまり多くの時間はありませんが、思い思いにお過ごしください。

旧軽井沢銀座をゆっくり散策

旧軽井沢銀座をゆっくり散策
地図を見る

ランチのあとは再びバスに乗り、旧軽井沢銀座に向かいましょう。
旧軽井沢銀座は、江戸時代に東海道と共に江戸と京都を結ぶ街道だった中山道(なかせんどう)の69の宿場のうち、軽井沢宿があった場所です。明治時代にカナダ人宣教師のアレクサンダー・クロフト・ショーが別荘を設けたことがきっかけで、多くの外国人が訪れるようになり、周辺は商店街として発展しました。今でもその名残として教会が残っていたり、西洋風の建物が多くあります。

ここで楽しめるのは観光やショッピング。
観光は先ほどご紹介したアレクサンダーゆかりの「ショー記念礼拝堂」や「ショーハウス」など。ショッピングは、あのジョン・レノンが通ったパン屋「フランスベーカリー」や、お土産としても人気のジャム屋、軽井沢彫のお店など。旧軽井沢銀座の中心・軽井沢銀座商店街には様々なお店が200軒ほど並んでいます。
中でも特に人気のジャムは、明治時代軽井沢にやってきた外国人に教わって作られるようになったもので、お店によって種類や特徴があります。”御三家”と言われている「中山のジャム」「沢屋」「小林ジャム」は要チェック。試食コーナーが設けられているお店もあるので、お気に入りの味を探してみてください。

人気のモカソフトはテイクアウトで

人気グルメの中で、この季節特に食べておきたいのが「ミカド珈琲」のモカソフト!
ミカド珈琲は老舗のコーヒー屋さんで、店内でコーヒーを楽しむこともできますが、手軽なテイクアウトでモカソフトを食べ歩きするのが人気です。モカソフトは想像よりも大きいですが甘さ控え目でさっぱり、食後でもぺろりと食べられます。また、行列が出来ていてもテイクアウトなので、行列は思ったより早く進みますよ。

ミカド珈琲 軽井沢旧道店
時間:平日9:00〜19:00/土・日・祝9:00〜19:30
モカソフト:テイクアウト…300円・店内…420円

散策時間は約120分(道路状況により変更となる場合あり)。お店を見ながらゆっくり往復しても時間が余るかもしれません。オシャレなカフェに入ってみたり、メインストリートから脇道に逸れてみるのも良いですね。
このツアーでは、朝の乗車時、座席にはとバスお手製の散策マップが用意されているので、到着前に「ここに行ってみようかな〜」とチェックするのも良いですし、散策に持っていくと現在地の把握にも使えて便利です。

人気のモカソフトはテイクアウトで
地図を見る

行動派は見晴台へ行ってみよう

アクティブな行動派の方は、バスに乗って長野県と群馬県の県境「見晴台」周辺に行ってみませんか?

見晴台は旧中山道の碓氷峠(うすいとうげ)を登った場所にある標高1,200mの展望台。周辺には「日本三大熊野」の一つ、熊野皇大神社があります。参道の真ん中が県境という珍しい神社で、パワースポットとしても人気。また、時間とお腹に余裕があったら食したい碓氷峠名物「力餅」も有名です。

見晴台に行くには旧軽井沢商店街の中間地点にある「軽井沢観光会館」やその先の「二手橋(にてばし)」などから出ている赤いレトロなバスを利用します。二手橋から終点の見晴台までは所要時間10分弱。車の出入りが少ないので、渋滞して時間が大幅にズレることは無いでしょう。
注意するとしたら、バスの運行時間がおよそ40分に1本(時間によっては1時間に1本)と少ないこと。集合時間までに駐車場へ戻ってこられるかの確認が必須です。料金は往復800円。

行動派は見晴台へ行ってみよう
地図を見る

軽井沢を満喫しよう

いかがでしたでしょうか。元観光バスガイドの筆者も十二分に楽しめるツアー。やはり新型バスのゆとりある座席で行く「食事と散策」という自由度が高い旅程は、従来のバタバタとしたバスツアーとは違い「プライベート旅行」感があって良いですね。行き先が避暑地・軽井沢というのも、ちょっと優雅な気分が味わえます。
避暑地とはいえ、関東が猛暑の日は軽井沢も汗ばむ陽気ですが、周りを自然に囲まれながらのランチと散策は都会より涼しく感じられるはずです。皆さまもいかがでしょうか。

【※この記事は株式会社はとバスとのタイアップです】

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/01−2014/07/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -