軽井沢の憧れホテル、万平ホテルカフェテラスでティータイム

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

軽井沢の憧れホテル、万平ホテルカフェテラスでティータイム

軽井沢の憧れホテル、万平ホテルカフェテラスでティータイム

更新日:2014/08/08 10:30

Tea time at the café terrace of the nostalgic Karuizawa Mampei Hotel
下川 尚子のプロフィール写真 下川 尚子 ライター

万平ホテルは、「軽井沢といえば」名前があがる、代名詞的なホテル。軽井沢とともに歴史を重ね、ジョン・レノンなど国内外の著名人に愛されてきたホテルとしても有名です。
現在もそのクラシックなたたずまいを残しており、軽井沢を訪れたらぜひ一度は足を運びたい!と思わせてくれる場所です。ここでは、比較的気軽に訪れることができるカフェテラスをご紹介。朝の散策に、お昼のティータイムに、訪れてみてはいかがでしょう。

緑のアプローチ「万平通り」を抜けて万平ホテルへ向かう。

緑のアプローチ「万平通り」を抜けて万平ホテルへ向かう。

写真:下川 尚子

地図を見る

万平ホテルが建つのは、旧軽井沢の別荘地などが建つ閑静なエリア。旧軽井沢のメインストリートから「万平通り」と呼ばれる小道を抜けて向かいます。軽井沢駅から歩くと30分程度、旧軽銀座からは10分程度です。
マイカーやバスなどの手軽な方法もありますが、良い季節ならレンタサイクルを借りたり、お散歩がてら歩いたりするのもオススメ。静かで、空気が美味しく、緑あふれる道を歩いているとそれだけで良い気分になれます。吹き抜ける風を感じていると、「軽井沢に来た!」という気分が盛り上がります。
そんなさわやかな空気を感じながら、ホテルまで向かいましょう。

クラシックな香り漂う、老舗ホテルに到着。

クラシックな香り漂う、老舗ホテルに到着。

写真:下川 尚子

地図を見る

万平ホテルの歴史は、江戸時代後期にさかのぼります。旅籠「亀屋」として旧軽銀座にて開業。その後、明治時代には現在の万平ホテルの前身となる「亀屋ホテル」として再オープン、そして現在の場所に移転し、明治時代は外国人メインの避暑地として、大正時代以降は日本で有数の避暑地として発展してきた軽井沢とその歩みをともにします。
写真は、本館アルプス館。昭和に建築されたアルプス館は、現在も当時の原型を残している貴重な建築です。どっしりとしたたたずまいと、そこかしこに残るモダンな装飾がなんともクラシック。洗練されたノスタルジーを感じる空間です。
数々の著名人に愛されてきたこのホテルですが、とりわけ有名なのはジョン・レノンでしょうか。ここを気に入り、毎年アルプス館に滞在していたのは有名な話です。

緑あふれるカフェテラスで優雅なひとときを味わえる。

緑あふれるカフェテラスで優雅なひとときを味わえる。

写真:下川 尚子

地図を見る

「一度は泊まってみたい」憧れとして名前が挙がるこのホテルですが、まずは気軽に楽しむ方法があります。それが、カフェテラスでお茶をすること。一階にあるカフェテラスは朝食やランチ、お茶に気軽に利用することができ、このホテルの持つ空気感を少しだけ垣間見ることができます。カフェは、春夏は緑に囲まれたオープンカフェとなり、秋には紅葉がきれいです。
ハイシーズンは混みますので、並びたくない方は時間を外して行くのがオススメです。ハイシーズンの土日なら、オープン直後の9時〜10時でも、満席近くになることも少なくないのだとか。
ただ、人が多くても混雑時特有の慌ただしい空気はなく、ゆったりとした時間を過ごせるのはホテルに流れる空気のせいでしょうか。軽井沢の風を感じながら、外界とは違った時間の流れに身を任せてください。

信州りんごのアップルパイ、ブルーベリータルト、ジョン・レノンゆかりのロイヤルミルクティー。

信州りんごのアップルパイ、ブルーベリータルト、ジョン・レノンゆかりのロイヤルミルクティー。

写真:下川 尚子

地図を見る

このカフェテラスの名物メニューとして真っ先にその名が挙がるのは、やはりロイヤルミルクティーでしょう。ジョン・レノンが滞在していたころ、当初はメニューになかったロイヤルミルクティーをみずから手ほどきをして作り方を伝え、のちにホテルの定番メニューになったという逸話が残っています。
そのほか、信州りんごをたっぷりと使ったアップルパイや、ブルーベリータルトも人気メニューです。
写真は、アップルパイ・ア・ラ・モード。スタンダードなアップルパイはシャキシャキのりんごとレーズンがたっぷり。香りゆたかなバニラアイスが添えられ、とても美味です。

カフェでお茶をした後は、史料室やロビーをしばし散策。

カフェでお茶をした後は、史料室やロビーをしばし散策。

写真:下川 尚子

地図を見る

カフェテラスでお茶をしたあとは、少しホテル内を歩いてみましょう。万平ホテル内部にはクラシックな調度品、暖炉、ステンドグラスなどがあり、さながら美術館のようなたたずまい。さりげなく配置されている調度品や細かな意匠を眺めていると、飽きることがありません。そして、ギャラリーや史料室もありますので、軽井沢とこのホテルの文化や歴史を垣間見ることができます。
お茶だけで帰るよりも、ずっと満足した気分になれるはずです。

おわりに

いつか泊まってみたい憧れホテル、でもちょっとだけ敷居が高い・・・そんな風に万平ホテルをとらえている方も多いかもしれません。ここでは、気軽にこのホテルを楽しむ方法としてカフェ利用をご紹介してみましたが、いかがでしたか?
緑に囲まれたクラシックなたたずまい、レトロでモダンな空気感。華美ではなくとも、すみずみまで手入れが行き届いた老舗感。
このホテルは、足を踏み入れるだけで「憧れの避暑地、軽井沢」を感じさせてくれる場所です。軽井沢にお越しの際は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -