体にも心にも優しい野菜だけの「カフェ・バンマリ」静岡・三島

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

体にも心にも優しい野菜だけの「カフェ・バンマリ」静岡・三島

体にも心にも優しい野菜だけの「カフェ・バンマリ」静岡・三島

更新日:2014/08/19 11:56

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

富士山からの伏流水が豊かな町・三島市。湧き水が流れる源平川や三島大社などの観光スポットには多くの人が訪れます。今回ご紹介するのは三島大社からも徒歩でアクセス可能な「カフェ・バンマリ」。小道にある隠れ家的存在ですが、お店は手作り感あふれるおしゃれな雰囲気。こちらで味わえるのは有機栽培の野菜のみを使用した特別メニュー。自然豊かな三島にある「カフェ・バンマリ」へ、「デトックスの旅」をしてみませんか?

野菜のみのこだわり料理

野菜のみのこだわり料理

写真:湯山 千里

地図を見る

いつも肉や魚を食べている方は、「野菜だけで本当に満足できるの?野菜だけでおいしいの?」と思われるかもしれません。海外では宗教などの理由で肉や野菜を食べないベジタリアン、ヴィーガン(動物性の物は摂取しない食生活をおくる)という方がよくいらっしゃいますが、日本ではお寺の精進料理を除き、まだまだ少ないですよね。
しかし、ベジタリアンやヴィーガンの方にはお分かりかと思うのですが、野菜だけでも調理法、加工法によっては本当においしく満足できる料理が味わえるんです。

そんな料理が味わえるのがこちらの「カフェ・バンマリ」。こちらでは自家栽培の有機野菜を使用しているというこだわりがあります。それもおいしさの秘密。しかも体にもいいので、体調を崩しやすい方や体質を改善したい方、ダイエットしたい方などに特におすすめします。

欧風精進料理!

欧風精進料理!

写真:湯山 千里

地図を見る

こちらの写真は、月替わりパイ包みランチ(1500円)の「カレーのパイ包み」。精進料理というとお寺で食べる和風のものを想像される方が多いと思いますが、こちらは言ってみれば、欧風精進料理!そのお味は、パイのサクサク生地の中に豆ベースのカレーが入ってボリューム満点。本当にこれ野菜だけ?!と疑いたくなるほどのボリュームです。こんなおしゃれに味わえるメインの野菜料理に「プチデザート」と「お好みのお茶」がついてこのお値段は本当にお得です!

心も体もデトックスできます!

心も体もデトックスできます!

写真:湯山 千里

地図を見る

フランス料理を学んだ店主の栗原さんは、三島市に2009年にこのカフェをオープン。全てお一人で野菜栽培から調理、接客まで全てをこなされているそう。お店の外の手書きのボードや飾りを始め店内の内装から器まで全てにこだわりがみられます。こんなすてきなカフェは都会でもめったにありませんよね。

ベジタリアン、ヴィーガンなどの海外からのお客様に対応できるお店は、日本全国でもまだまだ少数で、三島でもこちら一件のみ。安心して海外の方にもご紹介できます。

「フランス産・オーガニックワインと野菜料理の専門店」と書かれたホームページを見ると「敷居が高そう」という感じがしますが、実は店主の栗原さんはとてもフレンドリーで気さくな方です。野菜などについても丁寧に答えて下さいます。おいしい料理と会話を通して、心も体もデトックスできます!

夜は大人の雰囲気!

夜は大人の雰囲気!

提供元:カフェ・バンマリ

http://www.cafe-bain-marie.com/

夜は照明が変わってがらっと大人の雰囲気になります。おすすめは、10種以上のお野菜を鍋ごといただく「ル・クルーゼ窒息野菜鍋」「季節で変わるオードヴル」、焼きたてデザートの「スフレ」そして、「朝摘み自家菜園の有機循環野菜のサラダ」。オーガニックワインと共に大人な時間を楽しめます。お得なコース料理(3800円〜)もありますが、予約は3日前に。席が数を少ないため予約して下さいね。

おわりに

体にも心にも優しい野菜だけのカフェ。ディナータイムには、ワインも合わせて楽しめます。水も自慢の三島市にあるこだわりのカフェへ「デトックスの旅」にでかけてみませんか。

・営業時間 
ランチ 11:00-13:00
ディナー 18:00-21:00
・〒411-0855 静岡県三島市本町3-14 KATO BLD 101
・電話 055-941-5022

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/12 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -