薩摩藩留学生記念館オープンで話題!鹿児島 いちき串木野白浜温泉

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

薩摩藩留学生記念館オープンで話題!鹿児島 いちき串木野白浜温泉

薩摩藩留学生記念館オープンで話題!鹿児島 いちき串木野白浜温泉

更新日:2014/08/05 10:49

六三四のプロフィール写真 六三四 日本旅のペンクラブ会員、4つ星温泉ソムリエ、温泉フリーライター

鹿児島県北西部、いちき串木野市羽島地区にある「白浜温泉みすまるの湯」。東シナ海が一望できる爽快な眺めが自慢の温泉施設です。港町である羽島は過疎化が進み主だった観光はこれまで白浜温泉しかなかったのですが2014年7月、待望の薩摩藩英国留学生記念館がオープン!今回は観光スポットとしても明るい兆しが見えてきた羽島地区をご紹介。当然温泉情報もあります!

国禁を破り薩摩藩が断行した薩摩スチューデント

国禁を破り薩摩藩が断行した薩摩スチューデント

写真:六三四

地図を見る

幕末の薩摩からイギリスへ密航し帰国後日本の近代化に貢献した薩摩藩英国留学生、いわゆる薩摩スチューデントの生きざまと功績を顕彰する「薩摩藩英国留学生記念館」が2014年7月にいちき串木野市羽島に開館しました。

この羽島は留学生たちが出発まで2カ月余りの時を過ごした地であり羽島地区には当時の名残を感じさせる史跡が今尚存在しています。

慶応元年(1865年)イギリスを目指した薩摩藩士ら19人の中にはのちに初代文部大臣を務めた森有礼、大阪商工会議所の初代会頭の五代友厚らも含まれていました。近代日本の礎を築いた若者たちはここ羽島から長崎の観光名所グラバー園で知られるトーマス・グラバー所有の小型蒸気船に乗り込み薩摩藩最初の海外派遣留学生は旅立ったのです。

薩摩藩英国留学生の足跡を知る

薩摩藩英国留学生の足跡を知る

写真:六三四

地図を見る

海外渡航が禁じられていた当時、薩摩藩がイギリスに留学生を派遣した背景には生麦事件からの薩英戦争が大きく影響しました。イギリスとの戦いを経験した薩摩藩では西欧の技術や知識を積極的に吸収することが藩を強くする富国(藩)強兵に繋がるといった気運へ変化していきます。藩内の洋学教育機関、『開成所(かいせいじょ)』で軍事、造船、物理、語学といった西洋の学問、産業を藩士に学ばせていた薩摩藩では至極普通の流れだったのかもしれません。

「薩摩藩英国留学生記念館」の数百点もの資料の中に、船中での食事についての記述もありました。西洋料理を前にした薩摩藩士の様子も赤裸々に書かれてありユニークな内容で個人的に興味を引いたものでした。しかし中身は秘密!これはご自身で「薩摩藩英国留学生記念館」を訪れた際にご確認いただければと思います。

他では見る事の出来ない薩摩藩幕末期の貴重な資料の数々。幕末の歴史に興味のある方必見です!

【施設名】薩摩藩英国留学生記念館
【住 所】鹿児島県いちき串木野市羽島4930
【電 話】0996−35−1865
【時 間】10:00〜17:00 
【入館料】大人¥300

薩摩藩スチューデントもおすすめの一品!?

薩摩藩スチューデントもおすすめの一品!?

写真:六三四

地図を見る

「薩摩藩英国留学生記念館」には団体入館者に対するオリエンテーションや講座などのイベントも行われる書斎風ラウンジやオリジナルグッズや羽島、いちき串木野に関連する商品を販売するミュージアムショップ、そして英国風のティータイムを楽しむこともできるカフェもあります。

カフェのカウンターテーブルには地元で採掘された羽島石が利用されておりメニューには地元で育てられた羽島牛のテールシチューも。じっくりと煮込まれたテールはホロホロトロトロでナイフを使う必要がないほどやわらかく口に入れると溶けてしまいます。

幕末の歴史を学んだ後は薩摩スチューデントおすすめの!?テールシチューもご賞味ください。

源泉かけ流しの湯も楽しめる「白浜温泉みすまるの湯」

源泉かけ流しの湯も楽しめる「白浜温泉みすまるの湯」

写真:六三四

地図を見る

学んで、食べた後はやっぱり温泉。
「薩摩藩英国留学生記念館」のあるいちき串木野市羽島には源泉かけ流しと景色が自慢の温泉施設「白浜温泉みすまるの湯」があります。

内湯は三段式の浴槽が設けられ源泉槽、源泉槽ぬる湯、気泡浴や超音波浴が楽しめる機能浴槽と色の変化も視覚的に楽しめる風呂好きだけでなく湯にこだわる温泉ファンにもありがたい配慮がなされてあります。ただし源泉槽は熱いのでそれなりの覚悟で。

東シナ海を一望できるおすすめの露天風呂

東シナ海を一望できるおすすめの露天風呂

写真:六三四

地図を見る

東シナ海を見下ろす絶景の露天風呂も源泉かけ流し。目の前に広がる真っ青な景色は気分爽快です。夕方になると西に沈む太陽が真っ赤に海を染め幻想的な空間が目の前に広がります。

源泉かけ流しの湯に素晴らしい眺望。薩摩藩、日本の未来を思い描いた英国留学生も眺めた羽島の景色、そしてかけ流しの良泉を五感で味わっていただければ幸いです。
いちき串木野羽島にご訪問の際は是非ともお立ち寄りください。

【温泉名】白浜温泉
【施設名】みすまるの湯
【住 所】鹿児島県いちき串木野市羽島265-1
【電 話】0996-35-0031
【泉 質】ナトリウム−塩化物泉
【適応症】きり傷,慢性皮膚病,慢性婦人病など
【立寄湯】11時〜22時 ¥330

薩摩藩英国留学生記念館の終わりに

これまでいちき串木野羽島と言えば白浜温泉だけというイメージでした。市街地からも距離があるため県外の知人、友人を連れていくには抵抗がありました。しかし2014年7月の薩摩スチューデント渡海の地の整備により記念館周辺も町あるきマップの作製や歴史の掘り起こしもなされ観光地として確立してきました。温泉観光地としてゆっくりではありますが魅力あふれる街へと変わりつつあります。今後さらなる町おこしがなされもっと多くの方が訪れる羽島になって欲しいものです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ