絵本から飛び出した!スペイン・アンダルシアの白い村ミハス

| スペイン

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

絵本から飛び出した!スペイン・アンダルシアの白い村ミハス

絵本から飛び出した!スペイン・アンダルシアの白い村ミハス

更新日:2014/08/11 12:18

猫乃 みいこのプロフィール写真 猫乃 みいこ 非日常体験探求家、旅ブロガー、ライター

スペイン南部のアンダルシア地方は、年間の日照日が300日以上というほど強い日射しが特徴です。日射しを跳ね返すために、山麓には建造物を白く塗った街並みが続く、小さな村がいくつかあり、旅情を誘います。ミハスは代表的な白い壁の村。「アンダルシアのエッセンス」といわれるリゾートの村ミハスをご紹介します。

ミハス山麓から地中海

ミハス山麓から地中海

写真:猫乃 みいこ

マラガからバスで1時間、またはフエンヒローラからバスで15分、ミハスに近づくと、大きな木などがあまりない山肌に、白い家々が見えてきます。眩しいほど白く輝く小さな村「ミハス」は、ミハス山麓の海抜420mの場所に広がっています。展望台からは地中海まで見晴らすことができ、晴れた日にはアフリカ大陸まで見えますよ。

展望台には、16世紀に修道士たちが岩山を掘り抜いて造った小さな教会「ラ・ペーニャ聖母礼拝堂」があり、祭壇も岩をくり抜いた洞窟になっています。

散策は徒歩で1時間ほど

散策は徒歩で1時間ほど

写真:猫乃 みいこ

ミハスは小さな村なので、徒歩で1時間ほどで散策できます。坂が多いので名物のロバタクシーや馬車に乗るのも良いでしょう。ロバタクシーは、カラフルな刺繍で飾られたロバに直接乗ることができる他、ロバの引くカートに乗ってご案内いただけます。

この村がどうして白いのかというと、日射しが強く気温が高くなるのを、建造物に白い塗料を塗ることで緩和させるためなのです。なんと年に3回も塗るらしいですよ。いつもお手入れされているので、とてもきれいな白!だからこそ、人気の観光地として訪れる人が絶えないのです。

世界最小の楕円形闘牛場

世界最小の楕円形闘牛場

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

アンダルシアは、闘牛の本場と言われ、各地に闘牛場があります。こちらの小さな村ミハスにも、小さな闘牛場が!
1900年に造られた「Plaza de Toros」は、世界最小と言われる楕円形の闘牛場。年間を通して、毎週末に闘牛が開催されています。闘牛が開催されていない日でも、闘牛場の見学ができ、併設の闘牛博物館では、展示されている闘牛士の衣装などを見ることができます。

白い壁を飾る花壇

白い壁を飾る花壇

写真:猫乃 みいこ

とてもかわいらしい、絵本から飛び出したような白い村ミハス。白い壁には、鉢植えの花々が飾られていて、そこはまるで空中花壇。
ここもかわいい!あちらも素敵!と、写真を撮りながら進んでいくと、同じような細い道が迷路のようになっているので、方向音痴の方は特にご注意くださいね。

青い空と白い壁

青い空と白い壁

写真:猫乃 みいこ

アンダルシアの青い空に、白壁の家が続く美しい街並みが映えて、とても美しい光景が広がります。
ミハスは、古くは銀や錫の採掘が盛んであった岩山で、おいしい水が飲めることでも有名です。街中にある「AGUA POTABLE」と表記された水飲み場は、誰でも新鮮な水を飲むことができます。数ヶ所ある広場には噴水があり、水が豊富な村だということがわかりますね。

スペイン旅行を楽しむ為に

訪れる場所によって、さまざまな文化や歴史が交錯して魅力いっぱいのスペイン。旅行を快適に楽しんでもらうために、スペインに行くなら必ず持参したい必須アイテム3つをご紹介します。それは!

1.サングラス
ミハスに限らず、スペインはとても日射しが強く眩しいほどなので、サングラスで目を保護しましょう。
2.帽子
こちらも日射し対策。日傘は混雑している場所では危険ですので、帽子を用意しましょう。
3.スニーカー
歩きやすい靴で行きましょう。と言われたら、普段履いている靴で良いだろう、というとそれは間違いです。坂道や階段も多く、石畳なども多いので、ヒールのある靴よりもスニーカーがお薦めです。

絶景や世界遺産など、素晴らしき情景に出会えるスペインを、是非楽しんでくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/05/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ