ご当地アイスも!静岡「玉露の里」で本格的な玉露茶&抹茶を堪能!

ご当地アイスも!静岡「玉露の里」で本格的な玉露茶&抹茶を堪能!

更新日:2014/08/11 16:33

今回ご紹介するのは、静岡県藤枝市にある道の駅「玉露の里」。この名前の通り、藤枝の朝比奈地域は、京都の宇治や福岡の八女と並ぶ玉露の三大産地のひとつなんです。玉露も煎茶の一種ですが、違いはその栽培過程にあります。「玉露の里」でその違いを本格的に堪能しましょう!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

玉露茶を味わう

玉露茶を味わう
地図を見る

玉露とは、新芽が出始めた頃、茶畑を覆い直射日光を遮って育てたお茶。この栽培方法により、旨み成分が増加し、渋み成分が減少するといわれている煎茶の中でも高級品といわれます。こちら「玉露の里」では、その玉露を味わうことができるお茶室があります。それが「瓢月亭」。

抹茶を本格的に味わったことのある方は多いと思いますが、煎茶を本格的に味わった方は少ないのでは?こちらでは、煎茶道のお点前を見ることができます。先生のお話では、玉露は一度沸騰させたお湯をさまし、低温で入れることで旨みを最大限に引き出すことができるとのこと。そしておいしく飲むことができるのは二煎目までだそうです。

静岡抹茶も味わえます!

静岡抹茶も味わえます!
地図を見る

こちらでは、玉露の他に本格的な抹茶も味わうことができます(玉露茶、お茶菓子付きで510円)。お茶室も本格的な造りです。抹茶は、手摘みした茶葉をその日のうちに蒸し、煎茶や玉露と違いもまずに乾燥させ、それを粉末にして乾燥させて石臼でひいたもの。抹茶にも産地による風味の違いがあります。
朝比奈地域は朝晩の寒暖差があり、霧が発生するというよい条件に恵まれていることから、その抹茶もまろやかな味。お茶好きの方は玉露茶と共に是非お試しください(玉露茶&抹茶、お茶菓子付きで820円)。

ご当地「玉露茶」アイス

ご当地「玉露茶」アイス
地図を見る

こちらを訪れたら是非味わいたいのがご当地「玉露」ソフトクリーム。高級茶はソフトクリームになっても、渋さや苦さがないまろやかな味です。表面には玉露の茶葉と思われる点々があり、まさに本物。口の中に入るとスーッと溶けていく上品な甘さ。こちらは、道の駅売店で味わうことができます。

お土産におすすめ!ミニお抹茶セット

お土産におすすめ!ミニお抹茶セット
地図を見る

瓢月亭入り口にある売店では、玉露茶も少量(20グラム100円程度)から販売されているので、ちょっとしたお土産にも、ご自宅で楽しむのにもいいですね。
お茶のお土産もたくさんありますが、特におすすめするのは「ミニお抹茶セット」(1545円)。お値段もお手頃なこちらのセットは、ミニでも本格派!茶筅、茶杓、茶碗と抹茶がついているので、ご自宅でも気軽に抹茶が楽しめます。おうち女子会にもおすすめです。

のどかな里の風景

のどかな里の風景
地図を見る

「玉露の里」の周りは、写真のような自然豊かな風景が広がっています。このような中でお茶を味わいながらゆったりと流れる時間に身をまかせていると、疲れた心と体が自然といやされていきます。普段お疲れの方に特におすすめのスポットです。

おわりに

山に囲まれ、茶畑が広がるのどかな「玉露の里」。里というのにふさわしい風景の中で、高級な玉露茶と静岡抹茶を味わう旅。都会の喧騒から離れてゆったりとしたティータイムを楽しんでみませんか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -