紅葉美しい錦色の森!秋の絶景、北海道「大雪高原沼めぐり」

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

紅葉美しい錦色の森!秋の絶景、北海道「大雪高原沼めぐり」

紅葉美しい錦色の森!秋の絶景、北海道「大雪高原沼めぐり」

更新日:2016/09/09 11:18

月宮 うさのプロフィール写真 月宮 うさ ブロガー

日本で一番早く紅葉がはじまる北海道「大雪山国立公園」。その一角に大小合せて30以上の沼が点在する場所があります。そこに広がるのは、多くの人々を魅了する大自然の絶景!
そんな、大雪山の森を歩いてみませんか?1周約6km・3〜4時間の「大雪高原沼めぐり」は、急な上り下りが少なく登山・トレッキング初心者でも比較的安心。
錦色の森と美しい沼に描かれる紅葉を眺めながら、秋の北海道を満喫しましょう!

数々の絶景に出会える「大雪高原沼めぐり」の注意事項

数々の絶景に出会える「大雪高原沼めぐり」の注意事項

写真:月宮 うさ

地図を見る

北海道・大雪山国立公園に広がる美しい森では、毎年9月に入ると紅葉がはじまります。特に美しいのは9月中旬〜下旬。この時期は絶景を求めて多くの登山者・観光客が北の大地に訪れます。
国立公園内に紅葉の名所はいくつも存在しますが、その中でも比較的歩きやすく、登山・トレッキング初心者にオススメの絶景スポット「大雪高原沼めぐり」をご紹介。
層雲峡(そううんきょう)にある大雪高原温泉を起点に、ぐるっと一周約6km・約3〜4時間の登山道からは、錦色の森とそれぞれの沼に映る美しい紅葉を楽しむことができます。急な上り下りも比較的少ないので、初めての登山やトレッキングでも挑戦できる難易度なのも嬉しいポイント!(標高差は250m)

しかし、ここはヒグマの生息地。入山前には必ず、温泉宿の横にある環境省の「ヒグマ情報センター」で約10分程の説明・注意事項を聞き、入山届けを提出してから山歩きを開始します。立ち入りできる時間も決まっており、入山が7時〜13時まで、15時までに必ず下山することになっています。時間には余裕を持って行動しましょう。
また、ここは標高1300m〜1500m。急激に気温が下がることもありますので、防寒対策もしっかりと準備しましょう!

※ヒグマの出没状況によっては、途中で折り返さないといけない場合や、立ち入り禁止区域がある時があります。

「大雪高原沼めぐり」では、錦織り成す紅葉の森を歩く

「大雪高原沼めぐり」では、錦織り成す紅葉の森を歩く

写真:月宮 うさ

地図を見る

「大雪高原沼めぐり」の登山道は、基本的に一本道ですので迷う心配はありません。混雑緩和の為、一方通行になっている場合や、ヒグマ出没で通行規制がある場合はその指示に従いましょう。
色とりどりの紅葉の登山道を進むと、川から湯気が上っている場所に出会います。ここは「ヤンベ温泉」。源泉が90〜95度と高温のため、入浴することはできませんが、周囲には硫黄のにおいが漂い、気分を盛り上げてくれます!山と沼だけではなく、川や温泉の風景も楽しめる登山道です。

水面に広がる「大雪高原沼めぐり」紅葉の絶景

水面に広がる「大雪高原沼めぐり」紅葉の絶景

写真:月宮 うさ

地図を見る

大小合せて30以上の沼が点在する「大雪高原沼めぐり」では、それぞれ雰囲気が異なる沼と共に、水面に映し出される絶景を楽しむことができます。
写真は「滝見沼」。ここは針葉樹の緑色の中に赤や黄色の紅葉が広がる美しい沼です。他にも春には水芭蕉が咲く「バショウ沼」や、針葉樹が多く見られる「緑沼」、温泉が沸く「湯ノ沼」など個性的な沼がたくさん。また、「空沼」と名付けられた場所には美しい草原が広がっており、一瞬???と考えてしまいますが、ここは雪解けの季節には水で満たされる季節限定の幻の沼です。

たくさん歩いたら美しい沼を眺めつつ休憩をしたくなると思いますが、1つ注意事項があります。ヒグマ対策のため、食事ができるのは、緑沼・大学沼・高原沼の3ヶ所のみです。ご注意くださいね!沼には名前が書かれた看板が1つ1つに付いてますので、地図が手元に無くとも間違える心配はありません。

紅葉と雪渓が美しい絶景の「高原沼」

紅葉と雪渓が美しい絶景の「高原沼」

写真:月宮 うさ

地図を見る

「大雪高原沼めぐり」の名前にもなっている「高原沼」は、1周コースの中間地点にある雪渓が美しい沼。空の色を吸い込んだような色の水面に、紅葉と雪の風景が待っています!日本の四季が一度に全て見られるかのような絶景に感動です!!
ここは、休憩ポイントでもありますから、しっかり休んで後半戦を乗り切りましょう!

「大雪高原沼めぐり」の締めは秘湯中の秘湯「大雪高原山荘」で!

「大雪高原沼めぐり」の締めは秘湯中の秘湯「大雪高原山荘」で!

写真:月宮 うさ

地図を見る

絶景スポット「大雪高原沼めぐり」が終ったら、起点・終点の標高1260mに建つ大雪高原温泉の一軒宿「大雪高原山荘」で湯ったり疲れを流しましょう。泉質は単純酸性泉。北海道では珍しい源泉かけ流しのにごり湯を楽しむことができます。
ここは、1年のうち6月〜10月までの4ヶ月しか営業していない秘湯。雪の季節は、豪雪により道が塞がれてしまうため休業しています。
紅葉の美しさと共に、秘湯中の秘湯に入る旅の思い出もまたいいものです。

大雪高原沼めぐりと高原温泉

「大雪高原沼めぐり」の秋は、本当に美しいです。色とりどりに染まる大自然を歩きに北海道へ、是非いらしてください。絶景が皆様を待っています!
そして、良質の大雪高原温泉「大雪高原山荘」の湯で癒されましょう!
また、秋だけではなく夏の緑が美しい季節もまたオススメです。

多くの人々で賑わう秋の大雪高原温泉までの道路はマイカー規制(車両交通規制)があり、期間中は、大雪レイクサイトから有料シャトルバスで向かうことになります。乗車時間は約30分。バスは30分間隔で運行しています。
大雪レイクサイトは、層雲峡温泉から帯広方面へ約10km。国道273号線沿いにあります。
規制期間以外は、国道273号から標識に従って林道へ。林道は未舗装ですので、ご注意ください。公共交通機関等利用の場合は、層雲峡温泉からタクシーを利用するのが一般的です。(乗車時間40〜50分)

※2016年度のマイカー規制は、9月17日から9月25日までです。
シャトルバスは大雪レイクサイト発・大雪高原温泉行きが土日祝は朝6時半より13時まで30分間隔。戻りが9時より16時まで、30分間隔で運行しています。
平日の時刻は記事一番下のMEMO内「平成28年度 シャトルバス時刻表・料金表 」にてご確認をお願いいたします。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ