360度広がるサバンナの地平線!ケニアで体験『天空サファリ』が凄い

| ケニア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

360度広がるサバンナの地平線!ケニアで体験『天空サファリ』が凄い

360度広がるサバンナの地平線!ケニアで体験『天空サファリ』が凄い

更新日:2014/08/26 19:33

きちこのプロフィール写真 きちこ 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者、フードアナリスト3級

アフリカ大陸に位置するケニア。
ケニアに旅行する人の目的は『サファリ』。と言っても過言ではないほど、ケニアの広大な大地では、多くの野生動物が生息し、自然の世界を覗かせてくれます。そんなサファリは通常、四駆の車に乗り、サバンナを走りながら動物を観察することがほとんどですが、天空から見るサファリをご存知ですか?!
今回はケニアで体験できる天空からのサファリ『バルーンサファリ』の魅力をご紹介します!

早朝出発がバルーンの基本!

早朝出発がバルーンの基本!

写真:きちこ

地図を見る

バルーンサファリは、朝日が昇る前に出発するのが基本。
そのため、暗い中宿泊しているホテルからバルーン乗り場まで車で移動します。そして、日が昇る前にバルーンに乗る際のレクチャーを受け、出発の準備を整えます。

バルーンが飛び立つ前のこんなシーンも間近で見ることができます。
基本、日中は日差しが強く、暑いですが、朝は冷え込むので、暖かい格好を!!

上空から朝日を!

上空から朝日を!

写真:きちこ

地図を見る

いよいよ出発!
バルーンは会社にもよりますが、最大12人乗り。
乗る前は「揺れるかな?」「恐い?」「落ちないか?」と心配しますが、ご安心ください!
バルーンは急に動くことや落ちるはありません!ゆ〜っくり風の力で動いていきます。ちゃんとバルーンを操縦する方も同乗していて、思ったよりもしっかりと安定感があります。

そんな心配をしているうちに、日の出の時刻に!
あっという間に壮大なサバンナの景色に釘付けです!!
この景色を見れば、恐いのなんて吹き飛んでしまいますよ♪

360度広がる広大なサバンナ

360度広がる広大なサバンナ

写真:きちこ

地図を見る

バルーンに乗っている時間は、約1時間ほど。
果てしなく先まで続くサバンナの大地を見下ろしたり、空を眺めたり、他のバルーンの姿を見たり、バルーンで過ごす時間を楽しみます。バルーンは高度を上げたり下げたりしますが、こちらもゆ〜っくり。とにかく360度「壮大」かつ「絶景」で目が離せません!!

写真やビデオのメモリは多めに♪

『天空サファリ』も忘れずに♪

『天空サファリ』も忘れずに♪

写真:きちこ

地図を見る

四駆の車で見ていた時の動物はあんなに大きかったのに、上から見るとゾウが豆粒ほど小さい!
見えなかった部分が見えたり、横から見ていた景色と、上から見る景色はまた違った楽しみ方がありますよ♪

バルーンサファリはケニアのマサイマラ保護区や、ナイバシャ、ナクル地域にも行っています。ですが、広大な大地が広がるマサイマラでのバルーンが断然おすすめです!

お楽しみは『シャンパン・ブレックファースト』

お楽しみは『シャンパン・ブレックファースト』

写真:きちこ

地図を見る

バルーンは、出発地点とは離れた場所に着地します。
その時の風の向きや流れによって、着地点は変わります。

着地したら、ちょうど朝ごはんの時間。
「おなか減ったなぁ〜」なんて思っていると、、、着地した場所でなんと朝食会場を作ってくれます!
お迎えの車にブレックファーストグッズが積まれていて、その場でサっと素敵な会場のできあがり!しかも、出来たものを並べるのではなく、その場で調理もしてくれるんです!!!

一緒にバルーンに乗った仲間たちとシャンパンで乾杯!
サバンナの大地でのシャンパン、そしてブレックファースト!
最高です☆

帰り道は・・・

帰り道は、車に乗って、車からのサファリを楽しみながら帰ります。
帰り道も、さっき上から見た動物たちに出会えるかもしれません♪

バルーンサファリはホテル出発から到着まで約5〜6時間ほどの半日の時間を要します。料金は各ホテルへご確認ください。(申し込みは現地)

値段は高いですが、それだけの価値あり!
ケニアに行ったら是非、天空からのサファリを体験してみてください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/11/03−2011/11/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ