住みたい街No.1!根強い人気エリア・吉祥寺のグルメポイントのご紹介

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

住みたい街No.1!根強い人気エリア・吉祥寺のグルメポイントのご紹介

住みたい街No.1!根強い人気エリア・吉祥寺のグルメポイントのご紹介

更新日:2014/08/13 15:02

撮街 夜人のプロフィール写真 撮街 夜人 日本旅行写真家協会 正会員・日本旅のペンクラブ正会員、フォトコンシェルジュ

東京Walkerによる「住みたい街ランキング」で、連続No1に選ばれた東京都武蔵野市吉祥寺。都心から約30分という便利さと、武蔵野の自然という静寂さを併せ持ったこの街は、ランキング通り大変魅力的です。今回はこの町特有の商店街・ハーモニカ横丁情報を交え、お勧めのグルメスポットをご紹介しましょう。

まずは吉祥寺特有の商店街、ハーモニカ横丁を散策してみよう

まずは吉祥寺特有の商店街、ハーモニカ横丁を散策してみよう

写真:撮街 夜人

地図を見る

最近の都内の駅前商店街は、いわゆるアーケード街として近代的で整然とした商店街を広々としたアーケードで覆って、雨にも濡れず、ゆったりと買い物が出来るポイントとして発展してきています。もちろん、この吉祥寺にもダイヤ街やサンロード等いくつかの都市型アーケード街が充実しています。そしてもう一つ、この町の商店街としてお勧めなのが「ハーモニカ横丁」。ここは狭い路地に約100軒の店がひしめいています。
発祥は終戦直後の闇市。殆どの店が間口一間(1.8m)程の小さな店であり、ハーモニカの吹き口に似ており、そこからハーモニカ横丁と呼ばれるようになったようです。レストラン、衣料品、生鮮品と生活に必要な物資はたいてい手に入ります。今は昔の面影を残しつつ整備され、駅北口の一角に数本の通路で構成されています。店も間口が狭い割に奥行きがあるので、店の中に入ると思わぬ掘り出し物も見つかるかもしれません(笑)。さあ探索に出かけてみませんか?

探索後はハーモニカ横丁内のレストラン「なかだ屋」で腹拵え

探索後はハーモニカ横丁内のレストラン「なかだ屋」で腹拵え

写真:撮街 夜人

地図を見る

この「なかだ屋」はハーモニカ横丁の東端に位置し、まぐろを使った海鮮料理店として有名です。中はカウンター席が10席ほどの小さなお店ですが、人気は高く、昼食時は行列待ちしています。

ここのお勧めは「日替わり海鮮丼」。マグロを中心に、その日の入荷状況で変化に富んだ魚貝類を載せた丼物。この内容で1000円程と大変お得な丼ものですが、限定モノなので、運が良くないとありつけません(汗)。是非早い時間の来訪をお勧めします。

ちょっとお洒落な北欧料理店「アルトゴット」でお得ランチを召し上がってはいかが?

ちょっとお洒落な北欧料理店「アルトゴット」でお得ランチを召し上がってはいかが?

写真:撮街 夜人

地図を見る

吉祥寺駅北口から線路沿いを西に向かい、大通りを右折、東急デパートの先を左折し、藤村学園の手前右側に北欧料理「アルトゴット」があります。駅から少し離れた閑静な住宅街の中に有り、店内もちょっとお洒落な北欧のアクセサリーで装飾され、北欧素材が丁寧に調理されて提供されます。 

ディナータイムはやや高価なコース料理ですが、ランチタイムは大変お得なセットが用意されています。そのため、11:30の開店時間には、直ぐに満席になってしまいます(汗)。一番シンプルなAセットがお勧めです。名物のニシンのマリネを堪能してみてはいかがでしょうか?

軽めに済ませたい時は、台湾藝茶館 「月和茶(ゆえふうちゃ)」がお勧め

軽めに済ませたい時は、台湾藝茶館 「月和茶(ゆえふうちゃ)」がお勧め

写真:撮街 夜人

地図を見る

アルトゴットから駅方面に少し戻った処に「月和茶」があります。店内はアジア風の木製テーブルで配席されています。飲茶のメニューが充実しているので、一般にレストランが一時休止するティータイムも食事が出来ます。そしてなんといっても、基本のセットメニューが量的にはやや軽いので、サイドオーダーを付けることで、量的な調整ができ、自分の腹具合に合わせられます。

お勧めのメニューは「月和茶定食」、豚角煮丼とサラダのセットが遅い昼食にはぴったりです。また肉粽(ちまき)や点心とお茶のセットも有り、飲茶も楽しめます。
デザートは台湾しるこ等、タピオカを使った甘味も多く用意されています。色々自分で組み合わせて、最近はやりのアジアンテイストを堪能してはいかがでしょうか?

ちょっとリッチに「G clef(ジークレフ)」でアフタヌーンティーを満喫

ちょっとリッチに「G clef(ジークレフ)」でアフタヌーンティーを満喫

写真:撮街 夜人

地図を見る

月和茶から路地を一本入って、少し進んだマンションの一角にこの「ジークレフ」があります。いわゆる「英国風・午後の紅茶」をゆったりと楽しむお店です。大変小さな間口で、場所もわかりにくいのが難点ですが、吉祥寺では有名な紅茶専門店なのです。茶葉も売っております。

注文を受けてから茶葉を用意して、ポットで蒸らして、砂時計と一緒にサーブされます。あくまで本格派に拘った紅茶専門店なので、席数は少なく、並ばないと入れませんが、午後の一時、リッチでゆったりとした時の流れを感じたい方にお勧めです。なお予約はできません。

終わりに

さすが、住みたい街No.1の吉祥寺。今回のご紹介はほんの一部に過ぎません。まだまだ素敵なグルメスポットはたくさんあります。そして文化的、歴史的見どころも多くある街なので、食前・食後の散策も十分に楽しめます。このグルメをきっかけに多くのお客様に訪れて頂ける事、お待ちしております。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/03/09−2014/07/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ