まったり派?アクティブ派?タイの避暑地ホアヒンで非日常体験

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

まったり派?アクティブ派?タイの避暑地ホアヒンで非日常体験

まったり派?アクティブ派?タイの避暑地ホアヒンで非日常体験

更新日:2014/08/18 11:46

日向 ちゃあむのプロフィール写真 日向 ちゃあむ 海外旅行ライター

タイ王室の避暑地として有名な「ホアヒン(HUA-HIN)」。フワヒンやフアヒン、ホワヒンと呼ばれることもしばしば。元々は漁業の町で、1926年ラーマ7世の離宮「クライカンウォン宮殿」が建てられ、王室の保養地となりました。雄大な自然のみならず、ナイトマーケット、寺院、ワイナリーなど見所が沢山!!!このホアヒンで身も心も満たされる至福のときを過ごしてみては如何でしょうか♪

タイで楽しむ!逆バンジージャンプ

タイで楽しむ!逆バンジージャンプ

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

バンコクから南へ約200km、車で3時間ほど。ここに国内外から観光客が訪れる人気リゾート地「ホアヒン」があります。バンコクからホアヒンに行く途中には「サントリーニパーク・チャーム(SANTORINI PARK CHA-AM)」というテーマパークがあり、恐怖の逆バンジージャンプが楽しめます。入場料50バーツ(≒160円)という格安のテーマパーク。アトラクションは別料金になりますが、パーク内にはアウトレットや飲食店、観覧車などもあるので休憩がてら立ち寄ってみるのもGood!

ポニーと歩く!ホアヒンビーチ

ポニーと歩く!ホアヒンビーチ

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

ホアヒンビーチは観光客にも人気のビーチだけあり、この日は沢山の人・人・馬?
ポニーに乗って砂浜を歩く!そんな夢のようなシチュエーションを叶えてくれるのがこのビーチの人気の秘密。ビーチ沿いには屋台やマーケットが立ち並び、シーフードをつまみながら、買い物まで楽しめてしまう。リピーターが多い理由も頷けます。

ホアヒンビーチ沿いに建つ「ケープ ニタラ ホテル」

ホアヒンビーチ沿いに建つ「ケープ ニタラ ホテル」

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

ホアヒンビーチ沿いのホテルを1つご紹介♪
部屋にはプライベートプールがあり、早速テンションアップ↑です。ファミリーやカップルで来たら楽しそうな「ケープ ニダラ ホテル(Cape Nidhra Hotel)」。
プライベートビーチはもちろん、外にも大型のプールが完備されていて、本格的に泳ぎたい人にも嬉しい設備です。
広〜いバスルームにはシャワールームとお洒落なバスタブが備え付けてあるのも、海外では高ポイント。敷地内にはスパも併設されていて、ちょっと贅沢なひと時を過ごすことができます。

まったり派には、ホテルのプライベートビーチが本当におすすめ!
波の音を聞きながらビーチチェアに寝そべっている時間は、贅沢で最高に癒されます。

圧巻!名僧の像が拝める「ワット・フワイ・モンコン」

圧巻!名僧の像が拝める「ワット・フワイ・モンコン」

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

ホアヒンの一大観光名所「ワット・フワイ・モンコン(Wat Huay Mongkol)」。
タイで最も有名と言われる伝説の僧侶ルアン・プー・トゥアット (Phra Luang Phor Tuad)の像。この名僧は、海水を淡水に変えるなど奇跡の力を持っていたと伝えられています。像の完成には約10年かかったと言われ、高さは鎌倉の大仏様とほぼ同じくらい。近くによるととても精巧に作られた像であることが分かります。この巨大な像の周りには、象の像や小さな座像が置かれていて、フォトスポットとしてもオススメ。
大勢の人がこの名僧のお守りを身に着けていて、今も人々に愛され続けている僧侶であることが伺えます。

ふぅ〜と落ち着く眺め!ホアヒンを一望できる「カオタキアップ」

ふぅ〜と落ち着く眺め!ホアヒンを一望できる「カオタキアップ」

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

ホアヒンの南端に位置する丘「カオタキアップ(Wat Khao Takiap)」。長い階段を上りきると最高の景色が旅の疲れを吹っ飛ばしてくれます。頂上には寺院があり、シャム湾やホアヒンの景色を眺めながらお参りをすることができます。猿がちょこちょこと動き回って、エサとなるものを狙っているので、観光の際にはご注意を!

海と山に囲まれた町「ホアヒン」

のんびりしたいけど、アクティブに観光も楽しみたい!そんな2つの願いを同時に叶えてくれる素敵な場所「ホアヒン」。
毎夕市内ではナイトマーケットが開かれ、洋服やアクセサリー、サンダルなどが格安で手に入ります。ホアヒンでは有名なワイナリー「ホアヒン・ヒルズ・ヴィンヤード」では、広大なブドウ畑を眺めながら食事とワインを楽しむことができます。
都会の喧騒から離れ、マリンスポーツや観光、ショッピング、そしてタイの海鮮料理を思う存分満喫してください!!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -