台湾・基隆廟口夜市の海鮮系がウマいグルメ屋台5選

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台湾・基隆廟口夜市の海鮮系がウマいグルメ屋台5選

台湾・基隆廟口夜市の海鮮系がウマいグルメ屋台5選

更新日:2018/01/27 12:11

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

台北郊外基隆市にある「基隆廟口夜市」は、「千と千尋の神隠し」の舞台となった九份や、天燈上げ、車窓風景が美しいローカル路線平渓線の旅の〆に最適な夜市。どの観光地からも電車やバスで気軽にアクセスできるので便利です。
基隆市は海に近いこともあり、海鮮系屋台が豊富でどれも外れなし!どれを食べようか迷ったあなたに注目屋台をこっそり教えます。

あっさり海鮮スープが決め手の麺!「邢記鐤邊銼」

あっさり海鮮スープが決め手の麺!「邢記鐤邊銼」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

海に近く新鮮な魚介類が豊富にとれる「基隆廟口夜市」は、海鮮系グルメが絶品!

メイン通り(仁三路)の真ん中あたり「奠濟宮」の入り口にある25番の「邢記鐤邊銼」は、ベトナムの米麺「フォー」のような味わいの麺に海鮮スープがからむ美味しい麺のお店。

なんといっても決め手は海鮮をベースにしたさっぱりスープ。ワンタンのような形のモチモチした米粉麺、蝦団子、肉団子、シイタケなどの具材がたっぷりと入り、セロリとニンニクチップスを入れたら出来上がり。モッチモッチの麺、コリコリとした歯ごたえたっぷりの蝦団子、さらにさっぱりとした海鮮スープは疲れた胃に優しいおいしさ。

あっさり海鮮スープが決め手の麺!「邢記鐤邊銼」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

呼び込みのスタッフがちょっとうるさいのが難点ですが、味はピカイチ!食べ歩きの小休止にぴったりの麺です。

辛いもん大好きな人必見!海鮮饅頭

辛いもん大好きな人必見!海鮮饅頭

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

仁三路沿いのお店は番号がありますが、その他の通りにあるお店はありません。次に紹介する「蛋包」(揚げまんじゅう)専門店は、「邢記鐤邊銼」からメイン通りをさらに進み、1本目を左に入った通り沿いにあります。

辛いもん大好きな人必見!海鮮饅頭

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

メニューは蝦仁蛋包(エビ入り饅頭)、蚵卵包(牡蠣入り饅頭)の2種類。

餃子の皮よりも少し厚みのある皮で、ネギやカキ、エビなどの海鮮類を入れて揚げた、揚げ饅頭です。

中のソースがかなりスパイシーで、辛いもの好きにはたまらないおいしさ。特に牡蠣入りはスパイシーさと牡蠣のうま味がからみ、ビールのつまみに最適!のんべえさんにおススメの一品です。

三姉妹が手作りする激ウマ焼餃子

三姉妹が手作りする激ウマ焼餃子

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

海鮮饅頭の少し先にあるのが、餃子専門店「三姉妹」。名前のとおり三姉妹が切り盛りしているお店です。

三姉妹が手作りする激ウマ焼餃子

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

メニューは焼き餃子、水餃子、酸辣湯のみ。丸い鉄板で次々と焼かれる焼き餃子は絶品!
外側はパリッと、中はジューシーな肉餡がたっぷり。ほんのりスパイシーな焼き餃子は間違いなく病み付きになります。

三姉妹が手作りする激ウマ焼餃子

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

水餃子は皮が厚めでモッチモッチ、中の肉餡はぷりっとしていて、焼き餃子とはまた違った美味しさ。お客さんは地元の人ばかりで、ガイドブックにもほとんど載らない穴場餃子店です。

作る工程も楽しいフワフワの泡泡氷

作る工程も楽しいフワフワの泡泡氷

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

泡泡氷とは、日本でいうフローズンドリンクのようなもの。「基隆廟口夜市」はこの泡泡氷のメッカ!中でも一押しが37番の「沈記泡泡氷」です。

イチゴ、レモン、ピーナッツ、青マンゴー、パイナップルなど10種類以上のフレーバーがあります。

作る工程も楽しいフワフワの泡泡氷

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

注文をすると、手前のおばちゃんがシロップやフルーツをボールに入れていきます。奥にいるおばちゃんにボールを渡すとその上に氷を削っていきます。そして、さらに奥にいるおじちゃんは、華麗な手さばきで空気を入れながら素早く混ぜ、フワフワの泡雪のような状態になるまで混ぜる混ぜる!

ほどよくふわっとしたところで、カップに盛り出来上がりです。この行程を見るだけでも面白い!
そうやっていろんな人の手によって作られた泡泡氷は、口の中に入れた途端、泡のように消えてしまう不思議なスイーツ。かき氷ともフローズンドリンクとも違う食感を楽しんでみてください。

出来立て揚げ米菓はしっとりふわふわ

出来立て揚げ米菓はしっとりふわふわ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

62番の金興麻粩は中国伝統菓子「麻粩」のお店。「麻粩」とは、米粉を油でふわっと揚げ、繭のようなふわふわの状態になったら水あめをかけ、ゴマ、ピーナッツなどのフレーバーをまぶして作るお菓子です。

出来立ては、ほんのり温かくフレーバーのいい香り。外側はサックサック、中はしっとりとし、独特の粘りがあり不思議な食感です。

お土産用に持ち帰ると、粘りが強くなり、歯につくので、できればその場で食べるのがおススメ。まるごと一個試食させてもらえるので、立ち寄ってみてくださいね。

基隆廟口夜市の基本情報

住所:基隆市仁三路(メイン通り)。それぞれの屋台に番号がふられています。
   愛四路のお店は番号ありません。
営業時間:夕方16時ころから0時前まで
アクセス:一番早い自強号で20分、本数があまりないため、バス利用が得策。
台北→夜市:国光客運台北駅バスターミナル
夜市から台北:基隆駅横のバスターミナルから出発。所要30〜40分で55元。時間も値段もバスのほうが断然お得!基隆駅からは徒歩10分

2018年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -