ペルー・バジェスタス島〜これは何?突如現れるヒッチコックの世界

| ペルー

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ペルー・バジェスタス島〜これは何?突如現れるヒッチコックの世界

ペルー・バジェスタス島〜これは何?突如現れるヒッチコックの世界

更新日:2014/08/16 16:46

市川 芽久美のプロフィール写真 市川 芽久美 南米現地旅行会社 代表

ペルーのリマから南へ車で3時間程の場所にあるパラカスのエル・チャコ港から、バジェスタス島(Islas Ballestas)行きのボートが毎日出ています。
港を出て30分もするとバジェスタス島に到着、その驚きの異様な光景に遭遇します。『リトル・ガラパゴス』とも呼ばれるこの島ですが、ガラパゴスの明るい穏やかな動物の楽園の雰囲気とはまた違う、鳥とアシカのパラダイス!バジェスタス島の圧倒的な風景をご紹介します。

ナスカの地上絵に関連?岩に刻まれた巨大な彫刻

ナスカの地上絵に関連?岩に刻まれた巨大な彫刻

写真:市川 芽久美

地図を見る

エル・チャコ港のボートに乗り込むと、まずパラカス半島の北端に位置する『カンデラブロ(Candelabro)』がみえてきます。カンデラブロは、半島を形成するクリーム色の岩に刻まれた長さ120cmもある巨大彫刻。パラカスに吹く強い海風が運んでくる砂で表面が覆われていて、まるで砂漠に描かれているかの様に見えます。
ナスカの地上絵と関連がる説や、海賊が目印に作ったという説、そして宇宙人創造説まであり、未だ謎の彫刻です。

オタリアとアシカの団体

オタリアとアシカの団体

写真:市川 芽久美

地図を見る

パラカス半島を後にし、いよいよバジェスタス島に到着。
小石の浜辺にどっさりいるのは、でアシカ科の動物、オタリア(Otaria Byronia)。小石の浜のオタリアのコロニーは、強そうに見える大きなオスの周りに、多くのメスや生まれたばかりの赤ちゃんが一杯。
浜地が見えない程アシカ達で埋め尽くされた光景は、異様な雰囲気さえあります。
オタリアより少し小柄で、岩場を好むのは、ミナミアメリカオットセイ(Arctocephalus Australis)。岩の色に似ていて見難いですが、よく見ると岩場にオットセイがうじゃうじゃ。

絶滅危惧種フンボルトペンギンも

絶滅危惧種フンボルトペンギンも

写真:市川 芽久美

地図を見る

南極からの冷たいフンボルト海流が流れ込むバジェスタス島では、フンボルトペンギン(Spheniscus humboldti)も見る事が出来ます。
島の岩を覆う雪の様に見えるのは、グアノと呼ばれる化石化した鳥たちの排泄物。グアノは、高級肥料の素として近年乱獲され、鳥類の産卵環境の荒廃の原因になっています。
そのため、フンボルトペンギンも数が激減し、現在では絶滅危惧種に指定されています。現在は観光客の島への上陸は禁止されているので、ボートから観賞するのみになっています。

とてつもない鳥の大群

とてつもない鳥の大群

写真:市川 芽久美

地図を見る

空を見上げると、けたたましい鳴き声を発しながら空を飛びまわっている鳥の大群。ペルーペリカン(Pelecanus thagus)、ペルーカツオドリ(Sula variegata)、グアナイ鵜(Phalacrocorax bougainvillii)、インカアジサシ(Larosterna inca)などの海鳥たちです。
時折りボートに乗った人達を襲ってくるのではないかと思えるほどの大群です。

一見の価値有り。ナスカの地上絵に行く途中で立寄りたい島

鳥、鳥、鳥。そしてペンギン、アシカ、アザラシ。
ガラパゴス諸島の様なゆったりした雰囲気はまったくなく、異様な雰囲気と鳥やアシカの大群の迫力は、ペルーの旅に強い印象を与えること間違い無しです。
リマからナスカの地上絵へ行く途中にあるので、是非立寄ってみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/03/14−2013/03/15 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ