京都らしさ満点・柳小路!小っちゃ可愛い「八兵衛明神」も必見です!

| 京都府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

京都らしさ満点・柳小路!小っちゃ可愛い「八兵衛明神」も必見です!

京都らしさ満点・柳小路!小っちゃ可愛い「八兵衛明神」も必見です!

更新日:2014/08/22 17:40

古都の U助のプロフィール写真 古都の U助 ブロガー

京都の観光で、数ある寺社巡りとともに外せないのが、京都らしい風情が楽しめる路地歩きです。今も魅力的な路地がたくさん残っている中で、ここ数年でさらにパワーアップした四条河原町の繁華街にある「柳小路」をご紹介します!

石畳と柳が素敵なおすすめ路地

石畳と柳が素敵なおすすめ路地

写真:古都の U助

地図を見る

柳小路があるのは京都の繁華街のど真ん中、四条河原町交差点の西北側です。ファッションビルのOPAからは少し西に入ったところとなります。
写真は、柳が素敵な柳小路の南側の入り口です。右側一軒目には比較的大きいインテリアショップ「unico」があります。左側一軒目は2013年オープン、和のエステの店舗「kyo・miori」があり、二軒目には飴ちゃんや干菓子をかたどったアクセサリーや雑貨を扱う「ナナコプラス」があります。東京や大阪などでも臨時店舗が置かれて紹介されてきましたが、初の実店舗としてここ柳小路に2014年オープンしています。

柳小路の密かな主役?八兵衛明神さん

柳小路の密かな主役?八兵衛明神さん

写真:古都の U助

地図を見る

そして柳小路のお店とお店の間に挟まれるように「八兵衛明神」が祀られます。現在はお隣の店舗「御ニ九と八さいはちべー」さんが手入れ等をされているそうです。
森見登美彦氏の小説「聖なる怠け者」にも登場する小さな社で、信楽焼きの狸が8匹ちょこんと並び、本当に可愛いです。かつてこのあたりには歓喜光寺という寺院があり、六兵衛、七兵衛、八兵衛の各明神が祀られていたそうですが、現在は六兵衛明神がスーパーホテル京都、七兵衛明神は丸二食堂と、それぞれ近隣で祀られています。

はまるとクセになる路地歩き!

はまるとクセになる路地歩き!

写真:古都の U助

地図を見る

柳小路中ほどの光景です。京都では車が通れないような細い路地を「ろーじ」とか、図子「ずし」、辻子「ずし」等と呼んでいます。
柳の小路は全長で60メートル程、幅はせいぜい2メートル、現在の石畳は2008年に整備されたものです。

明治維新後の東京遷都とともに、この辺りも一時は狸が住むほど寂れてしまったといわれています。その後、明治5年京都府知事となった槙村正直によって新京極が整備された際、歓喜光寺があった一帯も整備され、徐々にお店などが建つようになったそうです。

各店舗の窓や看板も可愛いです

各店舗の窓や看板も可愛いです

写真:古都の U助

地図を見る

柳小路一帯は、八兵衛明神にちなんで「はちべえ長屋」とも呼ばれます。
戦前からあるお店から今年誕生したばかりのお店まで色々ありますが、看板や窓、壁などもそれぞれ凝っているので見ていて楽しいです。
ちなみに、八兵衛長屋の看板の右奥に見える窓が並ぶ白い建物、こちらが六兵衛明神が祀られるスーパーホテル京都です。

北側は2軒のお好み焼き屋が目印です

北側は2軒のお好み焼き屋が目印です

写真:古都の U助

地図を見る

柳小路北側の入り口には、京野菜の九条葱を使用する「味乃屋」、西側に昭和23年創業の「喜の屋(喜は七が3つの旧字)」という、2軒の老舗のお好み焼き屋があります。どちらかというと柳の小路は北側部分の方が、昭和の色合いが濃く残されています。

その他の路地

京都にはまだまだ多くの味のある路地が残ります。近くには花遊小路や花見小路など、少しはなれると祇園白川の巽小路、あじき路地や団栗図子、高台寺に近い石塀小路等もありますので、ぜひお訪ねいただきたいと思います。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ