女子旅にもぴったり!出雲・高松なら寝台特急「サンライズ号」がおすすめ

| 島根県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

女子旅にもぴったり!出雲・高松なら寝台特急「サンライズ号」がおすすめ

女子旅にもぴったり!出雲・高松なら寝台特急「サンライズ号」がおすすめ

更新日:2014/08/22 12:11

まきの つぐみのプロフィール写真 まきの つぐみ 旅行ブロガー、JTB鉄旅ガールズ、香美町観光大使

夜行列車って憧れるけど、乗ったことない…そんな方にぴったりの寝台特急といえば"サンライズ号"。
最強のパワースポットともよばれる出雲大社にお参りしたり、香川でこんぴら参りやさぬきうどん食べ歩きを楽しんだりするのにも便利な列車なんです。

時間がかかるしもっと安くあげる方法もあるけれど、寝台特急には夜行ならではの楽しみかたやメリットがいっぱい!
最強のパワースポットへ、夜行列車で出かけてみませんか?

寝台特急サンライズ出雲号/高松号ってどんな列車?

寝台特急サンライズ出雲号/高松号ってどんな列車?

提供元:Railstation.net

http://www.uraken.net/sozai/railstation/uraken2/ka…

寝台特急サンライズ号はオール二階建て、朝焼けをイメージしたカラーの寝台列車。
木の温もりが感じられる車内インテリアは、JRと大手住宅メーカーが共同開発したもの。
出雲市ゆきの「サンライズ出雲」と高松ゆきの「サンライズ瀬戸」は連結して東京駅を出発、岡山駅で切り離したのち、それぞれ山陰・四国へと向かいます。

なぜおすすめなのかというと、運行ダイヤがとても利用しやすい時間帯に設定されているというところ。
東京駅起点で考えた場合、下り列車は東京を22時頃に出発した後、出雲市には10時前、高松には7時半前に着くので、下車後すぐに観光に繰り出せます。
上り列車の場合は、東京駅着が7時過ぎ。東京駅に着いたらそのまま出社も可能です。

飛行機に乗れば移動時間は早いけれど、早朝に空港まで出向く手間や移動時間、待ち時間などを考えると、寝台列車での移動はとても効率的。
状況によっては、ホテル代の節約になる場合もあります。

一つだけ注意したいのが、車内販売設備がないこと。
夕飯や朝食を車内で食べたい場合は、事前に売店やコンビニなどで買っておきましょう。
ただし、個室でない場合は隣近所のご迷惑にならないよう、匂いの強いものは控えて、盛り上がるのもほどほどに…。

寝台料金不要で乗れる「ノビノビ座席」

寝台料金不要で乗れる「ノビノビ座席」

写真:まきの つぐみ

現在、国内で乗れる寝台特急は減少傾向にあります。
なんとなく、予約を押さえるのが難しい…そんなイメージを持つ人も多いかもしれません。
でもご安心を!サンライズ号は寝台特急の中では比較的予約が押さえやすい列車なのです。

それは、サンライズ号がビジネス色の強い列車だという理由にあります。
サラリーマン利用者が多く、週末ともなると観光客が加わって予約がやや取りにくい日もありますが、繁忙期以外ならそこまで混み合いません。

ここで、移動費を抑えつつ寝台特急に乗ってみたい人にぴったりのシートがノビノビ座席。
本来寝台料金としてかかる6300円が不要の指定席扱いなので、乗車券+指定席特急料金のみで利用することができます。

備品は使い捨てコップ、読書灯とブランケット、枕カバー、薄手の毛布のみ。
枕や浴衣はありませんので、枕代わりになるものを持っておくといいですよ。

女性ひとりでも安心して利用できます!

女性ひとりでも安心して利用できます!

写真:まきの つぐみ

女性のひとり旅となると、治安問題は無視できないポイントですよね。
サンライズ号には女性専用エリアもありませんし、個室でもない座席に女一人ではちょっと…という方もいるかもしれませんが、どうぞご安心を。

隣の席との間には1/3ほどの間仕切りがあるので、隣の席の人の顔はほとんど見えません。
メイク落とそうがメイクしようがまったく気になりません(さすがに着替えとなるとトイレなどを利用する必要がありますが…)。
もちろん、お手洗いブースにも通路から見えないようカーテンがあります。
ノビノビ座席の通路側にもカーテンがあり、通行人からはほぼ見えません。
車掌さんも定期的に巡回してくれます。
ただし、貴重品は必ず持ち歩き、肌身離さないようにしてくださいね。

快適に過ごしたいなら、枕代わりのタオルや、いびきがうるさい人が隣にきてしまった時のための耳栓、光が気になる人はアイマスクなどもあると安心です。
シャワーブースもあるので(有料:1回310円)、さっぱりしたい時は車掌さんからシャワーカードを購入しましょう。

サンライズ号が女子旅に組み込まれる理由…それはずばり"パワースポット"!

サンライズ号が女子旅に組み込まれる理由…それはずばり"パワースポット"!

写真:まきの つぐみ

地図を見る

サンライズ号の利用者に女性の割合が増えてきているのは、ずばり"パワースポット"直行列車だから。
寝て起きたらもう出雲大社が目の前という利便性はピカイチです。
最近は旅行会社のパックツアーでも組み込まれることが増えてきていて、女性グループの姿が目立つようになりました。

個室内やロビーでおしゃべりしながら、恋バナに花を咲かせて、ちょっとした修学旅行気分…
出雲大社に参拝した後は、出雲そばに舌鼓を打ってもいいし、バスを乗り継いで日御碕神社をお参りしてもいいですね。
翌日どうする?そんなプランニングを話し合いながらの寝台列車も、思い出の一ページになること間違いなし!

旅情を誘う車窓からの景色がグッとくる

旅情を誘う車窓からの景色がグッとくる

写真:まきの つぐみ

地図を見る

出発してからだんだん街の明かりが少なくなり、暗い郊外を走り抜けます。
もしサンライズ号の2階座席が取れたのなら、ぜひブラインドを上げ、室内灯を消してみてください。晴れていれば、目の前には満天の星空が見えるでしょう。
ごろ寝しながら星空を見上げると、この上なく贅沢な気分に浸れますよ。

寝台列車と言うからにはしっかり睡眠を取って翌日に備えたいところですが、実は車窓も見逃せないスポットがたくさんあります。
出雲号なら宍道湖や伯耆大山が見えますし、瀬戸号なら瀬戸大橋の下を通るため、瀬戸内の島々がどーんと見渡せます。
自由に利用できるミニロビーで、のんびりと車窓を眺めてもいいでしょう。

日の長さにもよりますが、その列車の名前どおりのすばらしい朝焼けを見ることもできます。
少し早起きして朝焼けを眺めるのもおつなものです。

寝台列車デビューしてみたくなったら、サンライズ号でぜひ!

今回はノビノビ座席を中心に、サンライズ号についてご紹介してきました。
いかがでしょうか。ちょっと乗ってみたくなりませんでしたか?
移動手段も旅のうち。せっかくなら、移動中も楽しみたいですよね。

ノビノビ座席以外は個室のみなので、プライベート空間を確保したいという人にうってつけ。
個室じゃないと不安だという人は、寝台料金を払って個室利用にすればOKです。
個室なら枕や毛布はもちろん、室内に鏡もあって便利。
鍵付きの個室なら、荷物を置いて車内探検する時も安心ですね。

グループなら2人用個室、ちょっと特別な日にはA寝台を利用してみるのもいいかも…。
女性グループはもとより、家族や友人同士の旅、一人旅、旅のスタイルに合わせて寝台のタイプを選ぶのも楽しいです。

夜行バスよりはちょっとお高いけど、完全フラットシートで眠れる安心感は他には代えがたいですし、翌朝の疲労度も全然違います。
サンライズに乗って、出雲大社へ"縁結び旅行"してみてはいかがでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/11/17−2011/11/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ