可愛すぎて・・飲めない 日光市「珈茶話」の立体ラテアート

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

可愛すぎて・・飲めない 日光市「珈茶話」の立体ラテアート

可愛すぎて・・飲めない 日光市「珈茶話」の立体ラテアート

更新日:2014/08/19 14:47

鮎川 キオラのプロフィール写真 鮎川 キオラ 子どもの好奇心を育てる旅育ライター、ホテル朝食研究家

カプチーノやカフェラテに絵を描く「ラテアート」。カップから動物が飛び出すラテアートを見たことはありますか?立体の3Dラテアートがネット上で話題となっています。カップから飛び出したふわモコなアートは、まるでぬいぐるみが浮いているようで可愛い。お店で注文したカフェが、こんなラテアートで飾られていたらうれしいですね。日光市にある3Dラテアートを楽しめるカフェを紹介します。

日本発!! ふわふわ&モコモコに進化したラテアート道

日本発!! ふわふわ&モコモコに進化したラテアート道

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

空気をふくみながら温めたミルクをエスプレッソに注ぎ、ハートや葉などの模様や絵を描く「ラテアート」。実は世界大会も開かれるバリスタの技術のひとつです。ネット上で、まるで1枚の絵画のような芸術的作品を見かけることがよくあります。最近では、さらに進化した立体的なラテアートを見かけることが多くなりました。

さて、この立体的なラテアートの考案者は、大阪のカフェでアルバイトをしていた日本人なんです。その技術力に世界的にも話題になっています。手先の器用な日本人ならではのラテアート道なのです。なんだか少し誇らしいですね。

この3Dラテアートの実物を見てみたいと思いませんか。数は多くありませんが、3Dラテアートが楽しめるカフェが全国にあります。その中から、人気の観光地・日光にある「珈茶話 KASHIWA」を紹介します。

デザインメニュー本からお好みの3Dラテアート選べます

デザインメニュー本からお好みの3Dラテアート選べます

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

「カフェラテ(550円)」「キャラメルラテ(600円)」「カフェモカ(600円)」を注文すると3Dラテアートを描いてくれます。注文すると、3Dラテアートのデザイン集が手渡され、お好みのアートを選ぶことができます。デザイン集のアートが可愛すぎて、ついつい見入ってしまいなかなか選べません。選ぶ時間も楽しんでください。

お好みのデザインが決まったら、早速注文。注文が入ってから一杯づつ丁寧に淹れてくれるので、少し時間がかかりますが、可愛いラテアートが運ばれてくるのが楽しみですね。

いったいどうやって作るの?? ラテアート見学OK!!

いったいどうやって作るの?? ラテアート見学OK!!

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

ご自宅でラテアートに挑戦したことがある方なら、平面的なラテアートでさえ難しいことをご存知だと思います。それを立体的に描くなんてどうやっているのでしょう。

こちらのお店では、希望すれば3Dラテアートを作成しているところを目の前で見学させてくれるのです。親切に作り方をレクチャーしながら制作してくれるんです。

カップから飛び出した立体的な部分は、先にきめ細かく泡立てたミルクを上手にカップの上にのせながら、形を整え完成させていきます。最後にココアや果物のシロップで色づけして仕上げます。まさに職人技!!

要相談!! 実は・・・裏メニューあります。

要相談!! 実は・・・裏メニューあります。

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

混んでいるときは難しいのですが、実は、裏メニューもあります。子供に人気のキャラクターなどデザイン集にないリクエストも受け付けてくれます。お店の混雑状況をみてリクエストしてみてください。

お店の方は、とってもホスピタリティーのある店員さんばかり。お誕生日の方へのサプライズアートなどの協力もしてもらえます。ご予定のある方は、ぜひ事前に相談してみてください。

3Dラテアートは、ずぅーと見つめていたくてなかなか口にできません。可愛すぎて・・・・飲めない。泡立てた気泡がつぶれてしまえば徐々に立体ではなくなってしまうそうです。せっかくの温かいカフェですので、冷める前に意を決して美味しく飲んじゃいましょう。

もうひとつふわふわハッピーにしてくれるもの

もうひとつふわふわハッピーにしてくれるもの

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

そして、こちら「珈茶話 KASHIWA」では、もうひとつふわふわでハッピーにしてくれるものがあります。そう、日光と言えば、「天然かき氷」。旬の食材を使用した自家製シロップのかき氷を1年中、営業時間ならいつでもいただけます。一番人気は、「とちおとめかき氷(1,000円)」。

日光天然氷の蔵元のひとつ、四代目氷屋徳次郎のものを使用しています。日替わりの「本日のかき氷(1,000円)」は、シロップが別添えで提供されます。それは、まず何もかけない天然氷そのまんまの甘みを楽しんでもらいたいからだそうです。天然氷だけの味、自家製シロップの味、天然氷とシロップを調和させた味の3つをぜひ味わってみてください。

日光観光の思い出に幸せ気分になれる一杯を。

3Dラテアートで飾られた一杯は、人を幸せにしてくれる一杯だと思います。目の前に実物が運ばれてくると、なんとも言えないハッピーな気分になります。ランチタイムから夜のバータイムまで営業しているので、旅行プランに合わせて日光観光の際ににぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【Cafe & Diningbar 珈茶話 KASHIWA】
栃木県日光市今市1147
0288-22-5876
11:00-24:00(16:00-18:00お休み)、水曜定休日
東武下今市駅から徒歩2分、今市ICから車で5分

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -