撮影のコツも伝授!神秘の絶景オーロラをアイスランドで楽しむ!

| アイスランド

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

撮影のコツも伝授!神秘の絶景オーロラをアイスランドで楽しむ!

撮影のコツも伝授!神秘の絶景オーロラをアイスランドで楽しむ!

更新日:2014/11/03 12:28

冬の観光旅行といえば「オーロラ」ですが、寒い、遠い、見られるか分からない!と言って諦めてはいませんか?それは勿体無い!
北の大地でしか見られないダイナミックな天体ショーは、とても神秘的で特別な体験です。

日本から出発するオーロラ観測ツアーとして有名なのは北欧やカナダですが、今回は魅力いっぱいの、アイスランドのオーロラをオススメします。

アイスランドの基礎知識

アイスランドの基礎知識
地図を見る

アイスランドはイギリスの北西、グリーンランドのすぐ東にある小さな島国です。大きさは日本の約3分の1。人口は32万人。

「アイスランド」という名前から氷の国というイメージがありますが、冬でも0度前後、夏には緑があふれる豊かな国なのです。

また火山活動が活発で、温泉が多く湧いています。ホテルや家庭のお風呂でも温泉を楽しめるというのは、私たち日本人にとっては嬉しいですね。またアイスランドでは、ありあまる大地のエネルギーを使った地熱発電も盛んに行っています。

アイスランドの世界遺産シングヴェトリル国立公園には、ギャウと呼ばれる大地の裂け目があります。そこは地球のプレートが生まれる場所です。他にも間欠泉や大きな滝など、見所も満載です。

アイスランドのオーロラとは?

アイスランドのオーロラとは?
地図を見る

アイスランド人にとって、冬にオーロラが見えるのは特別なことではありません。アイスランドでのオーロラ観測の利点、それはカナダや北欧に比べて「温かい」ということです。

通常オーロラ観測というと、マイナス25℃〜マイナス15℃というかなり寒い環境の中で、いつ現れるか知れないオーロラを待つことになります。しかし、アイスランドを囲むように暖流が流れているため、首都のレイキャビクの冬の夜、しかも寒い日でもマイナス2℃程度という好条件です。

オーロラ観測する際には、写真に収めたい、という方も多いことでしょう。カメラにとっても気温は重要です。外気温と室内温度の差が大きいほど、結露しやすくなってしまいます。アイスランドでは、そういった心配もほとんど無く、カメラを気にせず持って、オーロラ観測を楽しむことができます。

オーロラを見つける方法

オーロラを見つける方法
地図を見る

オーロラは自然のものなので、見られるかどうか分かりません。ですが少しでも見つけられるように、オススメの方法をご紹介したいと思います。

【1】まずは暗い場所を見つけます。足元の確認のため、昼間に下見できると良いです。

【2】そして北の方を眺めてみて下さい。オーロラは北の方から少しずつ南下していきます。外に出た時間帯にもよりますが、北の方から探しましょう。

【3】オーロラがまだ弱いと肉眼では見えませんし、もやっとした雲のようにも見えるかもしれません。そんな時は、写真を撮ってみて下さい。カメラは人間の目よりも優秀なので、カメラに少しでも緑色が映れば、それがオーロラに発展する可能性が出てきます。
三脚はマストです。カメラの長時間露光で5秒以上あけて撮ってみましょう。

オーロラ観測用のアプリも便利です。オーロラベルトの強さや位置を確認出来るので、目安になると思います。

夜空にまたたくオーロラ観測

オーロラが現れたらカーテンのような形や、すっとスジ状のものなどのタイプがあります。動き出せば、人間の目でも確認できることでしょう。またオーロラにも光りの強さがあって、白い雲のような色から薄い緑色が一般的です。また、まれに赤く光ることもあるので、赤が見られたらラッキーです。

逆に言うと、写真で見るような強い緑色のオーロラは、何秒も撮影することによって強調された光りです。肉眼で見るのとはまた違うということですね。行かないと見られない自然なオーロラを是非、自分の目で見て、感じてみて下さい。きっと特別な思い出になることでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/02/01−2014/02/14 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ