那須高原板室ダム湖のカヌー体験で大自然を満喫しよう!

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

那須高原板室ダム湖のカヌー体験で大自然を満喫しよう!

那須高原板室ダム湖のカヌー体験で大自然を満喫しよう!

更新日:2014/08/22 15:41

趣美人 MAKKYのプロフィール写真 趣美人 MAKKY 関東旅行ブロガー、那須高原写真家、滝巡り案内人、那須の郷土研究家

えっ!!那須高原でカヌーが出来る!?ハイッ!出来ますよ。那須塩原市で体験できる、板室のダム湖を利用したカヌー体験がお薦めです。初心者でも安心して楽しめる、2時間の大自然体験をご紹介します。

ダム湖の大自然を、とことん楽しんじゃおう!

ダム湖の大自然を、とことん楽しんじゃおう!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

昔から那須塩原板室温泉は、那須温泉と並び有名な温泉地。その温泉街の中心を流れる「那珂川」の上流には、「深山ダム」があり、この流れを利用したアクティビティ「カヌー体験」が大人気になっています。
日によっては、川面に霧が立ち込め、自然の風景をより一層幻想的なものとしています。板室ダム湖カヌーツアーは晩春4月から秋11月まで実施されています。四季おりおりの大自然の風景は目に優しく、気持ちの良い空気に包まれています。

まずは安全装備とカヌー漕艇のレクチャー!

まずは安全装備とカヌー漕艇のレクチャー!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

カヌー乗艇の前には、参加者全員でライフジャケットなどの服装装備の安全点検や、漕艇のレクチャーを受けます。前進、後退、ストップ、左右への進み方などを学びます。参加者の皆さんは真剣に聞き入っています。
カヌーを体験する時は、動きやすく濡れても良い服装や、かかとの固定できるスポーツサンダルが望ましく、タオル、着替え、帽子、レインウエア、日焼け止めも用意した方が良さそうです。

体験終了後の冷えた体は、直ぐ近くにある「板室温泉グリーングリーン」で温泉三昧で暖めることができますので、濡れた体を心配しないで思いっきり遊べます。大好評のカヌー体験は完全予約制で、1回に最少2名から30名まで参加が可能です。

参加できる対象者は3歳〜70歳までの健康な方、および健康な犬(狂犬病&各種ワクチン接種済みであること)。ワンちゃんも一緒にカヌーに乗ることができます。

参加する方は「板室自然遊学センター」で受け付けを済ませてから、カヌー体験に参加します。

いよいよ、湖上の冒険ダム湖へ出発。

いよいよ、湖上の冒険ダム湖へ出発。

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

使用するカヌーは、安定性の高いリクリエーションタイプ用カヤックで、両側漕ぎタイプ、1人乗りのシングル艇と2人乗りのタンデム艇を用意。初心者でも比較的楽に操縦が可能です。小さなお子様でも上手に操縦していましたよ。流れのおだやかな湖上のカヌーは気持ちが良い!

幻想的な霧のダム湖で自然を満喫

幻想的な霧のダム湖で自然を満喫

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

晴れた日には、どこまでも続くエメラルドブルーの湖面が目に飛び込んできます。しかし霧の立ち込める水面も、なかなか幻想的。カヌーの操縦に慣れてきたら、下流に向かって霧の中へ。湖上の冒険の始まりです。
常にインストラクターの方が併漕しているので、安心して楽しめます。絶好のロケーションを見つけたら、記念撮影や水鉄砲で川遊び!
ファミリーや若いカップルの皆さんも楽しそう。

わたしもライフジャケットを着て準備万端ですよ〜!

わたしもライフジャケットを着て準備万端ですよ〜!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

あなたの大切な、ワンちゃんも一緒にカヌーが楽しめます。
ワンちゃん専用のライフジャケットも準備してあり安心です。

板室ダム湖カヌー体験の利用方法と注意点。

「那須高原でいつもと違った遊びをしたい」とお考えの方にお勧めのカヌーツアー。完全予約制のため、当日直接現地へ行かれても、予約のない方は参加が出来ません。必ず事前の申し込みが必要です。下記の黒磯観光協会またはネイチャープラネットのホームページで確認の上、参加申込書(FAX用)をダウンロードしてご利用ください。

時期により、催行回数や催行時間が異なりますので、お出かけ前に確認されることをお勧めします。

カヌー体験だけでなく、温泉やバーベキューも楽しめるお得なパックも用意されていますので、興味のある方は是非確認してみましょう。

管理運営・板室ダム湖体験ツアー実行委員会(黒磯観光協会)
業務委託・(有)ネイチャープラネット(板室自然遊学センター内)

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ