これぞ天空の花園!あばしりフロックス公園はオホーツクの新名所

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

これぞ天空の花園!あばしりフロックス公園はオホーツクの新名所

これぞ天空の花園!あばしりフロックス公園はオホーツクの新名所

更新日:2014/08/21 16:27

北海道の道東にある網走市。
空の玄関・女満別空港からほど近く、四季を通してさまざまな自然景観が観光客を楽しませてくれる街ですが、なかでもここ数年地元で人気を集めている観光スポットが「あばしりフロックス公園」です。

今回は7月下旬から9月上旬までの約1カ月半、フロックスの花々を楽しめる「あばしりフロックス公園」の魅力をご紹介します!

フロックスってどんなお花?

フロックスってどんなお花?
地図を見る

北アメリカ原産の宿根草「フロックス」は、ハナシノブ科でオイランソウ(花魁草)、クサキョウチクトウ(草夾竹桃)という名前も付いています。色はピンクや白、淡紫色などあり、そのパステル系の濃淡がまた美しいお花です。

この公園に植えられているフロックスは約15万株。平均して1mほどに成長する花々がオホーツクの爽やかな風にたなびく様子は、まさに楽園そのものです。ほのかな香りにも癒やされ、時が経つのを忘れてしまいそう!

フロックス公園は地元有志の方たちの手作り

フロックス公園は地元有志の方たちの手作り
地図を見る

東京ドーム2つ分、約10ヘクタールの敷地を地元有志の方たち(NPO法人 願岳僥倖こぼれ幸)が開墾し始めたのは、2004年から。最初は1,000株ほどからのスタートだったそうです。

広い園内にはフロックスだけでなく、季節の花々や果実、野菜などが植えられています。その開墾や栽培の手間暇たるや、いかばかりかと、思わずため息がでるほど。

また整備された散策路には、ホタテの貝殻が敷きつめらえていて、その広大さゆえのご苦労もしのばれます。

にもかかわらず、入場は無料ということで驚きますが、一人200円程度の寄付を募っていますので、花を楽しませてもらったお礼と、今後の維持管理のためにも、心付けは忘れずに入れておきましょう。

眼下には湖や田園風景の風景が

眼下には湖や田園風景の風景が
地図を見る

見晴らしの良い丘陵地にある、この公園。入り口や駐車場が園内で一番高い位置にあるため、額に汗して坂道を登ることなく、網走の展望を楽しむことができます。

眼下には、夏のシジミ採りや冬のワカサギ釣りで知られる網走湖や田園風景が一望でき、北海道の雄大さを実感できるでしょう。ピンクに染まる丘と大地、そして大空とのコントラストも見事ですよ。

お弁当を持ってピクニックも!

お弁当を持ってピクニックも!
地図を見る

一番展望の良いところには、ベンチやちょっとした遊具もあります。

売店で販売している新鮮野菜や、ゆでとうもろこし、じゃがバター、しそジュースなどを味わったり、持参したお弁当を広げたりして、ピクニックするには最高の場所ですね。

絶景とともに優雅なひと時をぜひ楽しんでください。

花が終わっても楽しめるフロックス公園

花が終わっても楽しめるフロックス公園
地図を見る

フロックスの見頃は9月上旬までですが、園内の散策路に沿ってたくさん植えられているコクワ(サルナシ)の実が、9月下旬から収穫可能に!

マタタビ属でミニキウイともいわれるコクワは、そのまま食べたり、ジャムや果実酒にもしたりできる人気の果物です。

コクワの収穫体験(有料)は地元の人たちにも大人気なので、タイミングが合えば、ぜひ体験してみてくださいね!

おわりに

2010年から一般公開され、花の新名所として愛されるようになったフロックス公園は、畑の中にある砂利道を走っていくとたどり着く、いわば“隠れスポット”。

フロックスの花々と共に網走の絶景が皆さんを出迎えてくれますので、ぜひ足を運んでみてくださいね!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -