地域全体が世界遺産!豪州「ハミルトン島」の見どころ、過ごし方、食事など

| オーストラリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

地域全体が世界遺産!豪州「ハミルトン島」の見どころ、過ごし方、食事など

地域全体が世界遺産!豪州「ハミルトン島」の見どころ、過ごし方、食事など

更新日:2017/03/27 19:07

大宮 つるのプロフィール写真 大宮 つる 開運ライター

シドニーから飛行機で約2時間20分の距離にある「ハミルトン島」は、オーストラリア人にも人気のリゾートアイランドです。年間を通して多くの観光客が訪れます。
グレートバリアリーフに囲まれ、地域全体が世界遺産に指定されているハミルトン島は、非日常感、ラグジュアリー感を味わうことができる観光スポット。今回は、ハミルトン島の見どころや過ごし方、食事などについてご紹介します!

ハミルトン島のメインビーチ!

ハミルトン島のメインビーチ!

写真:大宮 つる

地図を見る

ハミルトン島のメインビーチでは、スノーケルセット、カヌー、カヤックなどを無料で貸し出してくれるので、こういったものを使って遊んでみてはいかがでしょう。

ハミルトン島のメインビーチ!

写真:大宮 つる

地図を見る

晴れている日は、青い海に白い雲…波も穏やか。楽園気分を味わえます。有料で、ウェイクボードや水上スキーなどといったものも楽しめます。滞在中に、ホテルでアクティビティを申し込むことも可能です。

ハミルトン島のメインビーチ!

写真:大宮 つる

地図を見る

ホテル内のプールテラスもあります。プールでのんびりとした時間を過ごすのもいいですね。

バギーで移動! 無料巡回バスも走っている

バギーで移動! 無料巡回バスも走っている

写真:大宮 つる

地図を見る

ハミルトン島は広く、坂が多いため、バギー(ゴルフカート)を使って移動している方が多いです。島内にバギーをレンタルできる場所があるので、滞在中は借りると移動がとても楽になります。レンタルするためには、運転免許証の提示が必要となります。

アクティビティで「バギーツアー」があり、日本人ガイドさんがハミルトン島の絶景ポイントや飲食店などのおトクな情報を教えてくれます。

また、毎日朝7時〜夜11時まで、無料巡回バスも走っています。バギーがなくても色々な場所に行くことができますが、滞在中に一度はバギーに乗ってみたいですね。きっといい思い出になることでしょう。

島内唯一の教会!

島内唯一の教会!

写真:大宮 つる

地図を見る

「オールセインツ教会」は島内に唯一の教会です。小高い丘の上にある白い教会で、ハミルトン島の青い空・海に映えます。こちらの教会でのウェディングも人気があるそうです。小高い丘には、展望の良いスポットもあるので、絶景を眺めてみてくださいね。

オーストラリアに来たら、ミートパイ食べないとね!

オーストラリアに来たら、ミートパイ食べないとね!

写真:大宮 つる

地図を見る

オーストラリアのソウルフードといったら「ミートパイ」。ハミルトン島でも美味しいミートパイのお店(Bob’s Bakery)があるので、ぜひとも食べてみてください。何種類ものミートパイがあり、味をどれにしようか悩みます。サイズが大きく、パイ生地の中にはお肉などの具もギッシリ!

オーストラリアに来たら、ミートパイ食べないとね!

写真:大宮 つる

地図を見る

「Fish & Chips」のお店も人気。白身の魚に、衣はサクサク。山盛りのポテトもついています。ローストチキンやコールスローなども売っています。

オーストラリアに来たら、ミートパイ食べないとね!

写真:大宮 つる

地図を見る

「Manta Ray Cafe」では、炭火焼のピザを“take away(お持ち帰り)”することもできます。ハーフ&ハーフもできますよ。アイスやスムージーなんかもあります。

ほかにも、島内にはカフェやパブ、レストランがあるので、美味しいシーフード料理にお酒…舌鼓を打ってください。シーフード料理では、ムール貝が人気。大粒のムール貝が白ワインで煮込まれています。

なお、外で食べる時の注意点としては、野鳥のキバタンが食べ物を狙っていることです。キバタンはオウムの一種で、とても知能が高いそう。外出する際は、ホテルの窓をきっちり閉めていかないと物を取っていったりしてしまうので要注意です。

「サンセットセイル」でハミルトン島の海に沈む太陽を眺める

「サンセットセイル」でハミルトン島の海に沈む太陽を眺める

写真:大宮 つる

地図を見る

アクティビティで「サンセットセイル」といったものもあります。船の上から、太陽が徐々にハミルトン島の海に沈んでいく様を見ることができます。

軽食やお酒が料金内に含まれているので、お酒を飲みながら楽しめます。バカンスに来ている人達と会話をしたり、ちょっと仲良くなれるかも。冬の季節にはクジラが見られることもあるそうです。

現地の人が英語で解説をしてくれます。英語がそれほど堪能でなくても、雰囲気で楽しめます。

おわりに

ハミルトン島の魅力や見どころについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

今回本文中でご紹介できませんでしたが、コアラを見ながら食事ができたり記念写真が撮れたりできるレストランや、オーストラリアで唯一の一島一コースのゴルフ場、ターゲットスポーツ実弾射撃などといった珍しいものもあります。多くのアクティビティがあり、色々興味が惹かれますので、事前によく調べられるといいかと思います。

なお、オーストラリアの滞在中の食事全般に言えることですが、食事には野菜がほとんどなく油っこい食事が続きます。胃腸を整える薬など持参されると安心かもしれません(入国時に申告の必要あり)。

関連メモに、「ハートリーフ」と「ホワイトヘブンビーチ」へのヘリでの遊覧飛行のアクティビティについてもまとめていますので、あわせてご覧いただけると幸いです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/10/02−2013/10/04 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -