呉線・瀬戸内マリンビューは青春18きっぷで乗れる観光列車

| 広島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

呉線・瀬戸内マリンビューは青春18きっぷで乗れる観光列車

呉線・瀬戸内マリンビューは青春18きっぷで乗れる観光列車

更新日:2017/05/30 17:55

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル 癒されたい系女子旅ライター

風光明媚な瀬戸内海の海岸線を走る観光列車があります。青春18きっぷの旅でも大人気の路線・呉線を走る「瀬戸内マリンビュー」。観光列車は運賃プラス別料金が必要ということが多いですが、「瀬戸内マリンビュー」は別料金不要。青春18きっぷでも乗れるんです。のんびりと穏やかな景色をお得に楽しみたい人にぴったりの列車ですよ。

「瀬戸内マリンビュー」はかわいいマリンテイスト!

「瀬戸内マリンビュー」はかわいいマリンテイスト!

写真:東郷 カオル

地図を見る

瀬戸内マリンビューは2両編成の観光列車。指定席の車両と自由席の車両があり、指定席にこだわらなければ普通運賃や青春18きっぷでも追加料金なしで乗ることができます。

瀬戸内マリンビューの魅力は、もちろん風光明媚な景色でもありますが、車体と内装のこだわりも女性や小さいお子さんに大人気です。顔は浮き輪とオールで飾られ、車体は白と青で爽やかに。まさに「マリンビュー」という名称にぴったりな姿です。

毎日運行しているのではなく臨時列車として土日を中心に運行。是非、瀬戸内マリンビューからの美しい日本の情景をお楽しみください。詳しい運行状況は下記MEMO欄のJRおでかけネットでご確認ください。

内装も楽しめる「瀬戸内マリンビュー」

内装も楽しめる「瀬戸内マリンビュー」

写真:東郷 カオル

地図を見る

瀬戸内マリンビューの内装は、指定席の車両と自由席の車両では少々異なりますが、両車両とも木目調の落ち着いたデザイン。観光列車らしく、外の景色を眺めやすいように、カウンター席が設けられています。丸い窓と丸い椅子。長椅子の青も、JRの他の車両で使われている青色とはちょっと色味が違うようで鮮やかです。細部にまでこだわりが感じられ、しかも追加料金なし!これはうれしいですね。

こちらの壁にもオールと浮き輪が。他にも舵をモチーフとした飾りや羅針盤まであり、まるで船に乗っているような気分で海岸線を走ります。

どこか懐かしい雰囲気

どこか懐かしい雰囲気

写真:東郷 カオル

地図を見る

こちらは自由席の車両の様子。ツヤのある床と天井のファンがどこかレトロな雰囲気を醸し出しています。そして、意外と混雑していないところも、のんびり気分に拍車をかけてくれます。

この写真では右手が海ですので、左の長椅子に座るとのんびりと海を眺めながら列車の旅を楽しむことができます。外の景色を撮影するには海側の席に座るほうが良さそうです。特に忠海駅から安芸幸崎駅間では海岸線ギリギリを走りますので、窓いっぱいの瀬戸内の海を間近に感じることができ、リゾート気分が盛り上がります。

風光明媚な瀬戸内の海

風光明媚な瀬戸内の海

写真:東郷 カオル

地図を見る

外の景色を存分に楽しめるカウンター席の窓は、船をイメージした丸い窓です。横の四角い窓と合わせてみると、まるで京都の源光庵の「悟りの窓・迷いの窓」の海バージョンに見えて、ご存知の方には面白い光景かも。

窓から見えるのは、安浦駅近くから見る三津口湾の牡蠣筏。これぞ瀬戸内の情景、という美しく穏やかな景色です。

スピード重視の路線も忙しい世の中では非常に有難いものですが、たまには遠回りして、時間を気にせず心ゆくまで日本の美しい情景を訪ねてみるのも良いものです。
遠くに行かなくても、ちょっと遠回りするだけで日常が非日常に変わる。日本は多様な地形に恵まれた島国ですので、ローカル路線を走る観光列車を利用しない手はないですね。

呉線は本数が少ないので注意

呉線は本数が少ないですので、マリンビューに少しだけ乗って雰囲気を楽しみたい方は、駅員さんに効率の良い折り返しダイヤを教えてもらうのがポイントです。
忙しくなければ調べてくれますので、声を掛けてみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -