高雄イチオシのパワースポット蓮池潭で過去の罪を帳消しに!?

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

高雄イチオシのパワースポット蓮池潭で過去の罪を帳消しに!?

高雄イチオシのパワースポット蓮池潭で過去の罪を帳消しに!?

更新日:2014/08/28 15:03

しののプロフィール写真 しの 旅する調理師

台湾第二の都市高雄にある蓮池潭は左営区にある湖です。こちらにはいくつかの中国風建物があり、中でも「龍虎塔」と呼ばれる2つの塔は、お参りの方法ひとつで「過去の罪が帳消しになる」と言われる最強のパワースポットです。
湖面に浮かぶ極彩色の塔を見るだけでも楽しめますが、実体験を通じてはじめて効果が得られる(?)ので訪れる価値あり!
台湾新幹線の開通でぐっとアクセスがよくなった高雄へ是非足を延ばしましょう♪

蓮池潭でおすすめはもちろん「龍虎塔」!

蓮池潭でおすすめはもちろん「龍虎塔」!

写真:しの

地図を見る

左営へは高雄市街地から地下鉄で行ける他、台湾新幹線「高鉄」も乗り入れしており、台北から1時間半ほど左営駅へ到着することから、台北や台中からでも十分日帰り可能な観光地となりました。

蓮池潭の中でも有名で外せないスポットが龍と虎の口が開いた入り口になっている2つの塔「龍虎塔」です。
この龍と虎、そして塔は一見別々のものに見えますが、実は一体化しているんです。

龍の口から入るのがお約束

龍の口から入るのがお約束

写真:しの

地図を見る

検問などがあるわけではないので、龍・虎いずれからも出入り自由に思えますが、必ず龍から入りましょう。
台湾では、十二支の中で「龍が一番よい動物、虎が一番悪い動物」と考えられているので、龍から入って虎から出る事により、過去の自身の悪行が帳消しされると言われています。

それだけで、あんなことやこんなこと、やましい事が帳消しになるのならお安い御用ですよね?
本当に帳消しになるかは別としても、何だか清められる気持ちにはなるので、是非龍から入って虎から出てみて下さい。

観光客は多いので、大人も子供もみんなこの龍の口に吸い込まれるように入って行きます。
当然記念撮影する方も多いです。

龍と塔の中はどうなっているの?

龍と塔の中はどうなっているの?

写真:しの

地図を見る

龍の口の中に入ってみると、中には中国の説話がずらっと描かれています。眺めながら歩いていくと途中お布施をする場所があります。お布施は気持ちの問題ですが10元ほどで大丈夫。お布施の替わりに絵葉書を頂く事ができる場合もあります。

塔まで至ってから中を見上げると、ぐるぐるぐる〜っと上まで続く螺旋階段。
どこまで続いているのか登ってみましょう。
各階層毎に外を展望できるスペースがあるので、外を眺めつつ登ると面白いです。

上まで登って眺望を確かめましょう

上まで登って眺望を確かめましょう

写真:しの

地図を見る

いずれの塔も6階部分まで登る事ができます。
それなりの高さ、そして素晴らしい眺望!
過去が清められ、新たな気持ちがみなぎる気持ちがわくのか、ここでも記念撮影をする方続出です。

上から眺めると龍と虎の口までのジグザグ道と蓮池を見渡すことができますよ。このジグザグ道は一説によると悪魔は曲がりくねる所をあるけないからと言われているからだそう。

龍側の塔と虎側の塔、大きな差はないですが、できれば両方登ってみて下さいね。

虎の口から出てきた後は・・・。

虎の口から出てきた後は・・・。

写真:しの

地図を見る

龍の口から入って気が向けば2つの塔に登り、虎の口から出てきたら、龍虎塔でのお参りは一通り終わりです。過去の罪が帳消しとなればさらによしです。

尚、龍虎塔の北側には春秋閣、その奥には五里亭があります。それぞれ湖面に建ち、色鮮やかなので時間の許す限りそちらも巡って見て下さい。

また龍虎塔の前にはアイスクリームなどのテイクアウトグルメもあります。中には「盆栽アイス」なる日本にもない不思議なアイス(盆栽の形をしたアイスクリーム)も。こちらもお試しあれ!

蓮池潭について

「高雄の観光スポット」と言えば真っ先に思い浮かべる人が多い人気の観光名所です。
また、ご紹介したとおり、「過去の罪が帳消しになる」との言われもある高雄イチオシのパワースポットでもあります。

実際に帳消しになるかどうかはさておき、お祈りするだけでなく実体験で過去に挑む体験型パワースポットは珍しいはず。

高雄へ旅行の際は是非蓮池潭に足を延ばしてみましょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ