台湾第二の都市・高雄で蒸し・焼き・水餃子を食べ比べ

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台湾第二の都市・高雄で蒸し・焼き・水餃子を食べ比べ

台湾第二の都市・高雄で蒸し・焼き・水餃子を食べ比べ

更新日:2014/08/30 13:55

しののプロフィール写真 しの 旅する調理師

餃子と言えば日本人が思い浮かべるのは焼き餃子ですが、台湾では水餃子が一番メジャーです。また水餃子のみならず種類も豊富で安価であるのも特徴。
しかし、台北以外の町ではガイドブックなどを見ても、餃子の情報はあまり見当たりません。実際は色んなお店で餃子を提供していますので、チャレンジしてほしいです。
今回は台湾第二の都市・高雄の蒸し餃子、焼き餃子、水餃子をご紹介します。是非食べ比べてみて下さい。

熱々をほおばるとじゅわわ〜と肉汁たっぷり蒸し餃子「蒸餃」

熱々をほおばるとじゅわわ〜と肉汁たっぷり蒸し餃子「蒸餃」

写真:しの

地図を見る

日本で見かけることが少ない蒸し餃子「蒸餃」。
厚めの皮で餃子のあんが包まれ、蒸篭で蒸しあげたらできあがりです。熱々ジューシーな餃子を食べましょう。蒸したては本当に熱いのでヤケドに注意して下さい。

他の餃子が1ケ単位で販売されていることが多い中、蒸餃だけは蒸篭1籠単位の場合がほとんどです。

今回ご紹介させて頂くのは高雄駅から徒歩数分のところにある蒸餃専門店「許記蒸餃」。
ひとつひとつ手作りで次々に作られる餃子を蒸しています。餃子の特徴としては豚肉は多め、野菜はキャベツ・ネギ。具材の切り方は大きめで素材の食感を感じる事ができ、ほんのり八角の香がするのが特徴です。皮はもちもち、蒸餃ならではです。

テーブルの上には調味料が酢・醤油などの調味料がずらりと並んでいるので、自分で調合しましょう。日本にはあまりないものとして生のにんにくがそのまま置いてあるので、必要があれば自分で皮を剥いて薬味として使って下さい。

■ご紹介したお店の基本情報■
店名:許記蒸餃
住所:高雄市林森一路306
電話番号:2353624

台湾では日常の風景

台湾では日常の風景

写真:しの

地図を見る

専門店や地元店で軒先や店内で餃子の皮を作っていたり、餡を包んでいるのを見かける事があります。

日本では手作りを強調するためのデモンストレーションである場合が多いですが、台湾ではもっと日常的で身近な光景。

餃子の皮を作りながら、接客もして会計もする、そんな感じです。観光客としては手作りのなによりの証拠の証拠であること、また台湾ならではの光景であることに何となく喜びを感じるのではないでしょうか?

日本でメジャーな焼き餃子はマイナーな存在

日本でメジャーな焼き餃子はマイナーな存在

写真:しの

地図を見る

日本で餃子と言えば焼き餃子をイメージする方が大半ですが、台湾では焼き餃子はむしろ少数派。
一部の餃子専門店か豆漿店などの朝食店が主な提供先となります。

焼き餃子は「鍋貼」と言われています。
鍋貼も餃子の皮は日本のものに比べるとやや厚め。少々食べ応えのある皮の底がカリッと香ばしく焼かれます。

高雄駅徒歩圏内にある豆漿店「高雄黒豆漿大王」の鍋貼。
形はヒダのたくさんついた日本式焼き餃子と鉄鍋で提供される棒餃子との中間でヒダはありません。このタイプの鍋貼は多いです。
豆漿店は朝食に利用する人が多いので、鍋貼も野菜多めのあっさりタイプ。しょうが、胡麻油がきいているものの、朝でもあっさり食べることができます。

■ご紹介したお店の基本情報■
店名:高雄黒豆漿大王
住所: 高雄市三民區建國二路276號

遭遇する機会が多い水餃子「水餃」

遭遇する機会が多い水餃子「水餃」

写真:しの

地図を見る

台湾で最も遭遇する機会が多いのは何と言っても水餃子「水餃」です。
餃子とは何の関係もない食堂や、屋台などでもメニューをよくみると「水餃」と書かれてあります。
餃子専門店はもちろん、麺のお店でも提供されてれいる場合がかなり多いです。「餃子の専門店がないな」と思えば、麺のお店を探してみて下さい。水餃の文字を発見する可能性が高いですよ。
日本でもラーメン店で餃子が多いのでイメージしやすいのではないでしょうか?

お店が多い分、どこで食べるか迷うところ。1ケいくらで販売してくれたり、大半のお店でお持ち帰りができるので色々買って食べ比べをするのも面白いです。

今回ご紹介するのは「極品豚骨拉麺」。
地元で人気の麺料理店ですが、水餃子「日式水餃」も美味しくおすすめです。
ぷりっつるっとした皮、臭みのない豚肉にはほどよく胡麻油、塩、醤油で下味がつけられており、大きめに切ったキャベツとよくからみます。
尚、日式とは日本式、日本風のというイメージですが、親日の台湾では日本式ではなくても日式と書かれてあることもしばしば。こちらのお店も日式とありますが、真意のほどは謎。ただ、日本人にも抵抗のない美味しい餃子です。

■ご紹介したお店の基本情報■
店名:極品豚骨拉麺
住所:高雄市苓雅区三多四路79號
電話番号:0931907669

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?
今回は代表的な3つの餃子をご紹介させて頂きましたが、それ以外にも餃子の仲間ワンタンやスープ餃子、飲茶で提供される浮き粉を使った餃子など様々な餃子があります。
また、お店についてはいずれも地元の人気店。台湾らしい雰囲気を味わう事ができますが、日本語はほとんど通じませんのでご注意下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/11−2014/08/14 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ