世界一の釈迦涅槃像!福岡・篠栗町の「南蔵院」はご利益スポット満載

| 福岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

世界一の釈迦涅槃像!福岡・篠栗町の「南蔵院」はご利益スポット満載

世界一の釈迦涅槃像!福岡・篠栗町の「南蔵院」はご利益スポット満載

更新日:2016/08/31 11:17

古川 和美のプロフィール写真 古川 和美 温泉ソムリエマスター、神社検定2級

福岡県篠栗町に位置する、篠栗四国霊場の総本寺で、第一番札所でもある『南蔵院(なんぞういん)』。ここの1番の見どころはなんといっても世界一大きいとされる巨大『釈迦涅槃像(しゃかねはんぞう)』。このスケールは実際目の前で体感するしかありません!!

その他、境内には見どころスポット満載!今回は写真の点数に限りがあるため、いくつか絞ってご紹介したいと思います。

世界一の巨大な釈迦涅槃像は間近でも、遠くからでも必見!

世界一の巨大な釈迦涅槃像は間近でも、遠くからでも必見!

写真:古川 和美

地図を見る

高野山真言宗の別格本山でもあり、その境内の一角に位置するこの釈迦涅槃像はブロンズ製では世界一とされています。その大きさは、全長(横の長さ)41メートル、高さ11メートル、重さ約300トンというスケール!! とにかく間近でみるとその大きさを肌で感じることができます。

このお釈迦様の左手にはよく見ると、五色の布が垂れ下がっていて、正面のお参りする場所にその紐が両端から垂れ下がっています。参拝者が皆、この五色の布をギュッとにぎってお参りします。なぜ五色なのかというと、お釈迦様が悟りを開いたときに「五色の光」が現れたからとのこと。参拝されるときはぜひお釈迦様の左手に繋がっているこの五色の紐を握ってから、参拝されることをおススメします。

足裏の【仏足(ぶっそく)】の紋様も間近で楽しもう!

足裏の【仏足(ぶっそく)】の紋様も間近で楽しもう!

写真:古川 和美

地図を見る

さあ頭からぐるりと回って、今度は正面向かって右側に来ると、こちらも巨大なお釈迦様の足の裏が見られます。そして何やら見慣れない不思議な紋様が・・。
これは『仏足(ぶっそく)』といって、お釈迦様の足裏の模様を石に刻んだもので、こちらも礼拝の対象。それぞれの紋様にも意味があり、お釈迦様の尊い教えと慈悲の心が込められています。

ちなみに一部紋様の紹介をすると、向かって左上の剣のような模様は「金剛杵相(こんごうしょうそう)」といって魔物を寄せ付けないという意味や、その下の魚の紋様「双魚相(そうぎょそう)」は不滅の生命力・・などなど、それぞれ意味があるようなので、気になる方は事前に調べて行くとさらに楽しめそう。

さあ、運試し!ご利益やいかに?!

さあ、運試し!ご利益やいかに?!

写真:古川 和美

地図を見る

実はここ南蔵院のご住職、なんと1億3千万円の宝くじが当たったことでも有名です。その宝くじを大黒天様のお札といっしょにしておいたということで、今でもここ南蔵院大黒天様のお札を買っていく人も多いとのこと。そしてその幸せをひとりでも多くの人におすそ分けしたいということで、大黒天様を祀った大黒堂を建立。

そしてそのすぐそばには、ナンバーズやロト6などの用紙と共に、カラフルな棒が立てかけられています。番号が刻まれた棒を選んで運試しということで、筆者も早速挑戦。結果はいかに?!ちなみにこちらでは用紙の記入のみで、支払は各販売所になりますのでお気をつけください。

雷神様が宿る神木。その横には巨大な不動明王像も!

雷神様が宿る神木。その横には巨大な不動明王像も!

写真:古川 和美

地図を見る

巨大なのは涅槃像だけではありません。真っ赤な炎をバックに形相の睨みを効かしたこちらも巨大な不動明王像、その同じ敷地内には落雷して剥がれた木の幹に、直に雷神様を掘ったご神木なども見応えあります。落雷した木には神が宿るとされ、ご神木も間近でみると霊験あらたか。こういった落雷した木から作られた数珠が勝負に強い数珠として、ここ南蔵院では人気のようです。実際その数珠を次でご紹介しましょう。

勝負運に強いとされるお念珠

勝負運に強いとされるお念珠

写真:古川 和美

地図を見る

雷が落ちた木には雷神様が宿ると言われてるようです。そしてその霊が宿ったとされる木から作られたお念珠が勝負運に強いとされ一時期話題に!プロ野球選手やスポーツ選手が身に着け、活躍したり優勝したりと新聞などでも記事になったようです。実際筆者も購入してみましたが、着けているのを忘れるくらい軽く、ほのかなヒノキの香りに癒されます。

最後に・・

ここ南蔵院はさながら仏像のアミューズメントパークといったところでしょうか。年配の方が参拝するイメージの強い場所ですが、家族連れや海外の方も多く、境内には池や滝などもあるので、お散歩感覚で巡るだけでもかなりの充実感がありますよ。ただし坂道や階段もあるので、訪れる際は歩きやすい靴でどうぞ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ