ビール好きにはたまらない!ダブリンのギネス・ストアハウス

| アイルランド

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ビール好きにはたまらない!ダブリンのギネス・ストアハウス

ビール好きにはたまらない!ダブリンのギネス・ストアハウス

更新日:2014/09/05 10:25

ぐれい サクミのプロフィール写真 ぐれい サクミ 通訳ガイド、アイルランドガイド

スタウトビールで世界No.1人気のギネスビール。日本でも黒ビールの代表として有名だが、やはり原産国ダブリンで飲むギネスは格別!醸造工場内にあるギネス・ストアハウスで最高の一杯を飲みませんか?ここでは歴史や醸造方法を学べる博物館という域を超え、ギネスの注ぎ方を体験したり、最上階のバーでダブリン市内を見渡しながら1杯(パイント)無料ドリンクを楽しめたり、まさにビールのアミューズメントパークです!

いざギネスビール生誕の地、醸造工場ギネス・ストアハウスへ!

いざギネスビール生誕の地、醸造工場ギネス・ストアハウスへ!

写真:ぐれい サクミ

ギネス・ストアハウスはダブリン市内の中心地にあり観光ルートに組み込みやすく徒歩でも行けますが、なにぶん広大な敷地面積を持つ工場内にありますから、入り口を見つけるまでちょっと不安になるかも。市内観光の乗り降り自由バスなどを利用すると、こちらの写真の入り口間際まで来てくれるので便利です。

外からみれば古びたレンガ造り、しかし中は最新技術を駆使した構造にびっくり!

外からみれば古びたレンガ造り、しかし中は最新技術を駆使した構造にびっくり!

写真:ぐれい サクミ

元々1904年にホップの貯蔵所として立てられた建物。それを観光客向けの見学用に中を改築されたわけですが、地下1階がチケット売り場になっています。貯蔵所だった当時の荒っぽさをわざと残したデザインになっているのでその雰囲気を感じつつチケットを買って入館。

地上に上がると建物中はがらりと近代的な装いに。中心が7階までエレベーターを含むアトリウムになっています。これはビールのパイントグラスを表現したということ。館内の見て回り方などを説明してくれるオリエンテーションを聞いた後、自由にいざ見学開始!
1階はお土産などを売っているショップ。ギネスビールの原材料麦芽、ホップ、水などの展示があります。
写真はビール造りには欠かせないアイルランドの豊かな水。これがおいしいギネスビールの源です。

世界中のビール通に愛されるようになったギネスビール

世界中のビール通に愛されるようになったギネスビール

写真:ぐれい サクミ

続いて醸造方法、ギネスの樽詰め、そして世界各国への輸出方法の展示があります。昔は職人の手によってギネスが生み出され、樽職人に作られた樽につめられ輸送されていました。モノクロ画面のフィルムでは作業場で働くギネスの親方樽職人が指導する姿などが見られます。

3階は"Taste Experience" 直訳すれば"味体験"になりますが、ギネスビールの飲み比べが出来ます。ご存知の方も多いと思いますが、ギネスビールは他のビールと違って注ぎ方やグラスなどによって大きく味や風味が変わってしまいます。正しい飲み方と言うものが存在し、違うとこんなに異なる、完璧はこんなに美味しい!ということが飲み比べて体験できます。

4階はギネス社の宣伝がいかに優れていたか、多彩でアイルランド人のユーモラスに富んだ広告の歴史を見ることができます。こちらの写真は有名な人気のギネスビールのポスターの数々。

あなたもギネス・アカデミーに入門しよう!

あなたもギネス・アカデミーに入門しよう!

写真:ぐれい サクミ

5階は実際にサーバーを握り、グラスを持ってギネスの注ぎ方を学べます。ギネスは2段階に分けて注がなければいけませんが、まずはお手本をみせてもらってから。自分でパーフェクト・ギネスを注げたらかなりの感動体験です。スタッフの講師からOKがもらえれば名前入りの(注ぎ方を学びましたという)証明証ももらえるので、現地ダブリンの講師から直々に学んだ証拠として、日本のパブでならどこでも働けるかも(?!)

ダブリン市内で一番高い所にあるパブで最高の一杯を。

ダブリン市内で一番高い所にあるパブで最高の一杯を。

写真:ぐれい サクミ

最上階はグラビティ・バー。360度ぐるりガラス張りの造りなのでダブリン市内が一望できます。ダブリンには高層ビルがないのでここからの景色は展望台からの眺めのよう。
入場時に1パイント無料券がついているので、こちらでプロのバーテンダーに最高の一杯を頂くのもよし、ギネス・アカデミーで自分で注いだパイントを持って来て飲むのもよし。とにかくココで飲むギネスビールの味は今までのギネスの味を全否定するほどの絶品です。ビールが苦手な人はハーフ・パイントを頼むこともできますので是非挑戦してみてください。

入場券がちょっと高いかなと思う方も、ここでの1杯のために来たと言っても悔いのない味と雰囲気が体験できます。

(未成年者にはソフトドリンクがもらえます。)

最後に

入場券は高いと思われるかも、と書きましたが、
大人 €18.00
学生(18才以上)€ 14.50
学生(18才以下)€ 12.00
シニア € 14.50
子供(6-12才) € 6.50
子供(6才以下)無料

こちらの通常料金をWebサイトで予約すると10%割り引きの大人€ 16.20に。さらにEarly Bird と呼ばれる9.30am〜11.30amの間に入館する人は20%引きの€ 14.40になりますので是非Webサイトをチェックしてみてください。!(2014年9月現在)

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/12 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ