幻の海産物も!京丹後は蟹だけではない!「かに一番」はうまい土産天国!

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

幻の海産物も!京丹後は蟹だけではない!「かに一番」はうまい土産天国!

幻の海産物も!京丹後は蟹だけではない!「かに一番」はうまい土産天国!

更新日:2014/10/23 12:15

いずみ ゆかのプロフィール写真 いずみ ゆか ライター

京丹後と聞いて、関西人が最初に思い浮かべるもの・・それは蟹!そう、冬に松葉ガニを食べに行く所です。そのイメージを良い意味で覆す場所が、驚くなかれ、実は「かに一番」なのです!京都府京丹後市網野町、日本の夕陽百選にも選ばれた「夕日ヶ浦温泉」に向かう道中に必ず目に飛び込んでくる巨大蟹の看板。蟹の時期以外は一瞬素通りしそうになりますが、京丹後の海・陸のうまいものをお土産にしたい人は是非、立ち寄って下さい!

蟹の時期はもちろん!それ以外の時期も立ち寄り必須!

蟹の時期はもちろん!それ以外の時期も立ち寄り必須!

写真:いずみ ゆか

地図を見る

とにかく蟹・蟹・蟹!!のイメージである丹後半島。でも、実は蟹以外にもフグ・牡蠣・アワビ・サザエ・海老・イカなど、うまい海産物がいっぱい。しかも砂丘がある事からメロンやスイカをはじめとするフルーツ天国でもあり、丹後米 ・さつまいも・京野菜といった農作物も充実!京の台所を支えている地でもあるのです。

巨大蟹の看板がドドーンとお出迎えしてくれる「かに一番木津店」は夕日ヶ浦温泉郷の直ぐそば。北畿リゾート株式会社北畿水産の直営で、自社農園や水産加工場・お菓子製造所を持っているのが特徴です。京丹後の海・陸の名産品が全て集結したお店と言っても過言ではありません(※)。
お店の方によると、特に魚介類は、山陰の有名漁港である間人港(たいざこう)・津居山港・柴山港の3港に近い地の利を生かし、「水揚げ→セリ→直ぐに店舗へ直送!!」という抜群の鮮度が自慢なのだそう。

上記の3港は”冬の味将軍”の異名を持つ、ズワイガニであまりにも有名なので、当たり前ですが、蟹のシーズンは思いっきり蟹をご堪能下さい!
今回は、有名過ぎる蟹以外の京丹後の魅力と名産品にスポットを当てご紹介します。
※同じ京丹後市内にもう一つ「かに一番久美浜店」があります。旅程の中で行きやすい店舗を利用してみて下さい

幻の「もさ海老」!激ウマの旬の海産物ははずせない!

幻の「もさ海老」!激ウマの旬の海産物ははずせない!

写真:いずみ ゆか

夏から秋にかけて、つまりは蟹シーズンである冬の前は、一般的に京丹後の魚介は閑散期のように思われがちです。
確かに「かに一番」店内の生け簀も、蟹がずら〜と並ぶ壮観さからは遠のきますが、漁港でその場で冷凍された魚介コーナーや干物コーナーをご覧下さい!”幻”という文字が見えます。

中でも特におススメなのは、痛みやすく市場にはほとんど出回らないため稀少価値が高い、「もさ海老」!!(写真参照※)
鮮度抜群で、なんと生きたまま船内で瞬間冷凍したものなのだそうです。甘えびよりも大きく、殻も柔らかいのが特徴で、上品ながら強い甘みとプリプリした食感が絶妙な味。食べ方によって甘みの度合いが変わり絶品です!

最も甘みが引き出されるおススメの食べ方は塩焼き。お刺身は、上品な甘みが一番堪能できます。天ぷらや唐揚げもうまい!更に卵がいっぱい詰まった雌の海老が多かったのも嬉しいポイント。最後は、是非、頭や殻で取ったお出汁のお味噌汁を頂きましょう。
生け簀に並ぶ「アワビ」「サザエ」もおススメなので、訪れた時期に一番旬のものを狙ってみて下さい!

※標準和名は「クロザコエビ」。産地によって呼び名が変わる。
※蟹のシーズンは幻の「間人(たいざ)蟹」が生け簀に並ぶので、ご注目!(松葉ガニと同じく、品種はズワイガニ。産地によってブランド化されている)

京丹後は農作物の宝庫!酒類も充実!

京丹後は農作物の宝庫!酒類も充実!

写真:いずみ ゆか

地図を見る

京の台所を支える丹後半島は、農作物や加工品も魅力的。全国的に有名な「天橋立ワイン」をご存じの方も多いのでは?
店内には、まるで葡萄をそのまま絞ったジュースみたい!!と驚いた絶品の白ワインがあります。天橋立ワイン「一九六八七」は「かに一番」のオリジナルワイン。これはお酒が苦手な方でも飲みやすい、本当に葡萄そのものの甘さが楽しめるデザートワインです。全て国産葡萄100%使用のこだわり(※)。だからこその尋常では無いフルーティーさを堪能出来ます。

他にも地元農家が育てたブランドさつま芋「京かんしょ」を使用し、更に地元の蔵元「丹後蔵」が造った「いもたん」「いもたん・HIKO」という焼酎もおススメ!
京都府有数の米どころでもあるので、日本酒の蔵元も沢山あり、取扱う地酒の種類も豊富で、酒好きには堪りません。

※国内ワイナリーで造られた「国産ワイン」でも、実際に国内葡萄を使用した割合は24パーセント。大半は輸入した濃縮果汁が原料。

お父さん大喜び!酒の肴天国!

お父さん大喜び!酒の肴天国!

写真:いずみ ゆか

地図を見る

多くの商品の中でも人気があるのは、「権三」という珍味シリーズ。北畿リゾートは海産物の加工(珍味加工)も自社でおこなっているので、酒の肴が手頃な価格で美味しいと評判なのだそう。

これは酒好きの方、特にお父さんは大喜び間違い無し!
人気順でご紹介すると

■1位「いか塩辛」・・・生臭みが無く、後味もしつこく無い、塩辛好きには堪らない味。これは焼酎(いもたん)がすすみます!
■2位「焼きかにみそ」・・・かにみそを炊き上げて、甲羅焼きの風味に!濃厚な味は地酒にとっても合います。
■3位「するめ麹漬」・・・自社農園の柚子を使用し、ほんのり柚子風味。ご飯にピッタリなので、お酒が苦手な方には特におススメ。

全て試食出来るので、好みの肴を見付けてみて下さい。

午前中だけのサービス&無料の足湯&美味しい地元スイーツ!

午前中だけのサービス&無料の足湯&美味しい地元スイーツ!

写真:いずみ ゆか

地図を見る

実はドライバーの方にとっては嬉しい事に、「かに一番」には無料の足湯があります。
神経痛・関節痛・筋肉痛・疲労回復に効果があるので、京丹後までの道程を運転し続け、お疲れの方はここでリラックス!お子様も大はしゃぎ出来るので、ご家族で楽しんでみて下さい。
なんと、この湯は夕日ヶ浦温泉の11の旅館へ供給されているのだとか。弱アルカリ性の単純温泉で肌馴染みが良いのが特徴です。

そして、午前中にしかない嬉しいサービスも!午前中のみ「コーヒー」が無料で頂けるのです。アイスでもホットでもOK!
足湯「花ゆうみ」の向かいには、自社農園のものを使用して造るお菓子の製造工場も。ガラス張りなので、午前中は足湯に浸かりながら銘菓が出来る工程を楽しめます。
中でも一番人気の銘菓は特産のさつまいもを利用した「橘おさつ」。いもの中にあんこという王道の組み合わせで、自然の甘みが美味しく、小さいお子様でも安心して食べられます。

午前中(特に蟹のシーズン)は混雑するので、人混みが苦手な方は午後の方が比較的ゆっくりお土産を選ぶ事が出来ておススメ!

真の実力を持つ・・陰のおススメNO.1土産とは?自宅で旅先気分をもう一度!

最後に、真の実力を持つ・・・陰のおススメNO.1のお土産をご紹介!京丹後市の夕日ヶ浦温泉を毎年訪れる筆者が、訪れる度に何袋も買い求めるもの・・・それは「琴引きの塩」&「琴引きの藻塩」!!
鳴き砂で有名な丹後半島の琴引浜は塩が有名。透明度が高い海水を昔ながらの塩作り行程を何度も、数日間繰り返して出来上がったという100パーセント天然塩で、添加物を一切使用していません。
特に「琴引きの藻塩」は神葉(じんば=ホンダワラ)という海藻が獲れない時には、出回らない貴重なもの。この藻塩と丹後米で”塩むすび”を作ったら、絶品なのです!!
上述の「もさ海老」をこの塩(もしくは藻塩)で塩焼にしたら、甘みが更に引き立ってこれまた絶品!お土産に購入した海産物を120パーセント自宅で楽しむには、「琴引きの塩」「琴引きの藻塩」は本当におススメです。

旅館で夕食に出される海産物やお酒をもっと沢山食べたい&飲みたいと思った事はありませんか?そんな時、気に入ったものをお土産に購入し、自宅で心ゆくまでお腹いっぱい食べて飲む幸せ・・・。
「かに一番」で購入した海・陸のお土産で、自宅で宴が出来る!旅先気分をもう一回味わえる!蟹のシーズンでも蟹のシーズンで無くても、この種類豊富な名産品が京丹後の一番の魅力と言えます。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ