紅葉と絶景温泉ダブルで秋を満喫!栗駒山(秋田側)須川高原

| 秋田県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

紅葉と絶景温泉ダブルで秋を満喫!栗駒山(秋田側)須川高原

紅葉と絶景温泉ダブルで秋を満喫!栗駒山(秋田側)須川高原

更新日:2014/09/10 12:09

右肩のプロフィール写真 右肩

宮城県・岩手県・秋田県の3県にまたがり、東北・奥羽山脈の中央部に位置する栗駒山(標高1,626m)。
須川岳とも呼ばれるこの山の北側は「須川高原」と呼ばれ、ブナの原生林が一斉に紅葉する光景は見事です。さらに湯量豊富な「須川温泉」もあり、源泉掛け流しの露天風呂から紅葉を見渡す事もできます!
高原の紅葉と温泉で、東北の秋を満喫できるおススメのスポットです!

絨毯のように低木の紅葉が広がる〜須川高原イワカガミ湿原

絨毯のように低木の紅葉が広がる〜須川高原イワカガミ湿原

写真:右肩

地図を見る

標高1,100m前後の須川高原は、10月上旬頃に紅葉の見頃を迎えます。
須川温泉の西側にあるイワカガミ湿原付近では、写真の様に山を覆う低木が赤色や黄色と様々に紅葉し、そのコンストラストは華やかです。奥に見える高山は、既に落葉が進んで黒っぽい色となっていて、高山地帯の早い季節の移ろいを感じる事ができます。

栗駒山は、紅葉を求めて多くの登山者が訪れます。岩手・秋田側の登山口は須川高原温泉となっており、栗駒山山頂までの須川コースの所要時間は約2時間です。

源泉掛け流し露天風呂から絶景を!須川温泉・栗駒山荘

源泉掛け流し露天風呂から絶景を!須川温泉・栗駒山荘

提供元:秋田県観光キャンペーン推進協議会事務局

http://www.akitacp.com/index.html地図を見る

栗駒山の北側、岩手県と秋田県の県境に「須川温泉」があります。
源泉からは、毎分6,000リットル!という日本有数の湧出量を誇り、湧き出る温泉は酸っぱく、そのお湯が川となって流れる様から、古い文献では酢川と記されていました。

須川高原へ来たら是非とも立ち寄りたいのが、露天風呂の眺望が評判の須川温泉「栗駒山荘」です。
20人程が並んで入れる程の長くて大きい露天風呂(写真)は、豊富な湧出量を活かした源泉掛け流し。栗駒の山々を見渡す開放的な景色を見ながら、湯の花が舞う乳白色のお湯「国内でも希な強酸性の明礬緑礬(みょうばんりょくばん)泉」に浸かれば、気分爽快になる事間違いありません!
観光施設の役割も持つ栗駒山荘は、温泉の他にも南秋田のお土産が揃う売店やレストランがあります。

また、隣りの宿「須川高原温泉」は、まるでプールの様に広い露天風呂「千人風呂」が有名で、豊富な湯量だからできる名物浴場があります。

水辺を散策しながら紅葉を楽しむ〜須川湖

水辺を散策しながら紅葉を楽しむ〜須川湖

写真:右肩

地図を見る

須川温泉から、県道282号線(通称:栗駒道路)を1km程西へ向かうと「須川湖」があります。
栗駒山の噴火で出来た窪みに水が貯まった火山湖(標高1,030m)で、澄んだ水はとても綺麗なのですが、酸性が強く魚は生息していません。
周囲2km余りの小さな湖ですが、周りはキャンプ場と遊歩道がありますので水辺をゆっくり散策できます。ボートの貸出もあります。
紅葉した木々と、美しい湖面の組み合わせが綺麗なスポットです。

紅葉の中をドライブ〜県道282号線「栗駒道路」

紅葉の中をドライブ〜県道282号線「栗駒道路」

写真:右肩

地図を見る

栗駒山の北側を横断する県道282号線は高原を走る観光道路で、10月上旬〜中旬は沿線の紅葉が見頃となり、須川高原や須川湖に寄りながら紅葉の中を走る事ができます。
元々有料道路だったので、その名残で現在でも「栗駒道路」と呼ばれています。
写真の様な、一面紅葉した山々をダイナミックに見渡せる眺望を見る事もできます。

須川高原へのアクセスは国道398号線がお勧め

須川高原へのアクセスは国道398号線がお勧め

写真:右肩

地図を見る

須川高原・須川温泉へのアクセスは、東北自動車道の一関インターチェンジから国道342号線を通るのがメインルートですが、紅葉時期は数キロの渋滞が発生します(特に体育の日前後がピーク)。
ですので、栗駒山西側の国道398号線から県道282号線(栗駒道路)を通るルートをお勧めします。
渋滞が少ない事もありますが、ブナの原生林を通る国道398号線は紅葉ドライブを堪能できますし、花山峠付近の板井沢橋では紅葉に囲まれた滝(写真)を見る事もできます。国道沿線は10月下旬〜11月上旬が紅葉の見頃となります。

自然の恵み〜紅葉と温泉で東北の秋を満喫して下さい

どこまでも広がるダイナミックな紅葉。川となって流れる豊富な湧出量の温泉。栗駒山の須川高原は、自然の美しさと恵みを堪能できるエリアです。
是非とも、露天風呂に浸かりながら紅葉した山々を眺め、秋を満喫して頂ければと思います。

素晴らしいスポットですので、紅葉時期は沢山の人が訪れ大変混み合います。朝9時には須川温泉の駐車場が埋まって渋滞が始まり、その渋滞は数キロに伸びます。渋滞を避けるには、朝9時前に到着するか宿泊するのが最良の方法となります。

尚、須川高原と周辺の道路は、冬期は閉鎖となります。併せて須川温泉も冬期休業になりますのでご注意下さい。

今回は、栗駒山の秋田県側の見どころをご紹介しましたが、宮城県側の見どころについては、本文下のMEMO内『【たびねす】紅葉で赤色になる山!栗駒山(宮城側)いわかがみ平・花山峠』をご参照下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/11/03−2013/10/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -