堀川遊覧船で巡る城下町――島根県松江市

| 島根県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

堀川遊覧船で巡る城下町――島根県松江市

堀川遊覧船で巡る城下町――島根県松江市

更新日:2017/02/17 09:52

ヒビノフウケイのプロフィール写真 ヒビノフウケイ ライター

島根県の県庁所在地、松江市は城下町。松江城を囲む堀が現存しており、その堀川を遊覧船で巡ることができます。堀川をぐるりと回るコースは、そのまま松江市中心部の観光も網羅できます。

緑と堀に囲まれた松江城

緑と堀に囲まれた松江城

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

全国に現存する12の天守閣の一つが松江城。1600年の関ヶ原の戦いで功績を収めた、徳川家家臣の堀尾氏が築城しました。

松江城は緑と堀で囲まれています。お城と堀がともに現存する城下町はめずらしいそうです。

天守閣の最上階から360度の展望で松江市を眺めることができます。しじみ、夕日で有名な宍道湖も見られます。緑が残されているため、県庁所在地なのに、どこかのんびりとした雰囲気のただよう街です。

城下町を水上から眺める

城下町を水上から眺める

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

松江城を囲む堀を走る遊覧船が、堀川遊覧船。三つの発着所を持ち、発着所をうまく使ってぐるりと一周すると、松江市中心部の観光を網羅できます。周遊の場合、約3.7Km、55分間の乗船になります。

堀には16の橋がかかっています。橋の高さがさまざまなので、その高さに合わせて、遊覧船の屋根が上がり下がり。こんなに低いところを通れるのか?! と思うような橋も、船頭さんの先導でくぐり抜けていきます。のんびり景色を楽しむ遊覧船の中で、唯一ドキドキする瞬間です。

遊覧船からは、松江城を囲む自然や鳥たちのほか、市井の生活も垣間見ることができます。堀川に沿って建っている民家には、川に通じる階段がついていることが多く、生活用水としても使われていたことが分かります。

この遊覧船には、夏期でもひざ掛けが用意されていますが、冬期はこたつ船として、こたつで温まりながら遊覧を楽しめるようですよ!

【松江堀川遊覧船】
電話:0852-27-0417
営業時間:始発9:00〜期間によって最終時間は変わる。15分〜20分間隔で運行。
乗船料:大人1,230円、小人610円(2017年2月現在)

小泉八雲ゆかりの地、塩見縄手を歩く

小泉八雲ゆかりの地、塩見縄手を歩く

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

塩見縄手は、武家屋敷などの建物が建ち並ぶ、情緒あふれる通りです。

その中に、「怪談」などの作品で知られる作家、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の記念館と旧居が並んでいます。小泉八雲は、来日してから松江に英語教師として赴任して1年3カ月を過ごしており、この地で妻、セツと出合って結婚していることから、ゆかりの地となっているようです。

小泉八雲記念館では、八雲の生涯を、著作、直筆原稿、書簡、遺品などから知ることができます。1800年代という世界がまだ遠かった時代に、アイルランドで育った小泉八雲が大陸を渡りながら日本に来ることになり、日本を気に入り、そのまま生涯を終えるまで過ごしたという、人生の不思議さ。

小泉八雲旧家は、日本家屋で、八雲がいつも眺めていたといわれる、美しい日本庭園を楽しむことができます。

教科書などでその存在と作品を知っている人は多いでしょう。ぜひ、訪れて小泉八雲の生涯についても触れてみてください。

遊覧船の松江堀川ふれあい広場で下船して、徒歩で行けます。

【小泉八雲記念館】
住所:島根県松江市奥谷町322
電話:0852-21-2147
開館時間:4月〜9月 8:30 〜 18:30
     10月〜3月 8:30 〜 17:00
     年中無休
入館料:大人400円、小人(小・中学生)200円(2017年2月現在)
    ※共通券を購入すると、割安で見学できます。

【小泉八雲旧居】
住所:松江市北堀町315
電話:0852-23-0714
開館時間:4月〜9月 8:30 〜 18:30
     10月〜3月 8:30 〜 17:00
     年中無休
入館料:大人300円、小人(小・中学生)150円(2017年2月現在)
    ※共通券を購入すると、割安で見学できます。

一休みに、B級グルメのぜんざいトースト!

一休みに、B級グルメのぜんざいトースト!

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

カラコロ広場で遊覧船を降りたら、一休み。京店商店街には、カフェやお食事処がそろっています。

食べてみたかった、ぜんざいトーストをいただきました。ぜんざいの発祥の地は出雲で、「神在(じんざい)餅」がなまってぜんざいになったそうです。

トーストにお餅、ぜんざい、焼いたマシュマロが載ったデザートです。
価格は「始終ご縁がありますように」からか、450縁でした(円を縁と表示するところも乙です)。

【日本ぜんざい学会弐号店】
住所:島根県松江市末次本町5
電話:0852-22-7027
営業時間:10:00〜18:00
定休日:不定休

掲載内容は執筆時点のものです。 2010/05/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ