ホーチミンでエキゾチックな夜を満喫!ファングーラオエリア

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ホーチミンでエキゾチックな夜を満喫!ファングーラオエリア

ホーチミンでエキゾチックな夜を満喫!ファングーラオエリア

更新日:2014/09/08 16:39

古川 悠紀のプロフィール写真 古川 悠紀 フリーランスライター

ホーチミン市内中心にあるベンタイン市場から、徒歩で約10分。そこはバックパックを背負った欧米人が行き交うファングーラオエリア。バンコクのカオサンを一回り小さくした規模ですが、熱気は負けていません。フランス風の建物が印象的な市民劇場周辺とは、180度変わったカオスの町並みを散歩してみてはいかがでしょうか。夜も眠らないファングーラオをお楽しみください。

インドシナ横断に臨むバックパッカーが集う町

インドシナ横断に臨むバックパッカーが集う町

写真:古川 悠紀

地図を見る

ファングーラオエリアは、バックパッカーがインドシナを横断する骨休みの場所として支持されています。ラオス、ベトナム、カンボジア、タイを陸路で横断する彼らにとって、ここは貴重なオアシス。

格安ツアーデスク、ミニホテルやゲストハウスといった安宿、多国籍料理などが所狭しと軒を連ねています。

ただし、一般旅行者にとってもこのエリアはエキサイティングな場所。マリア教会、人民庁舎、郵便局、市民劇場など西洋建築が印象的なプチパリのホーチミンからは、ちょっと想像し難い混沌とした町並みが魅了に映ることでしょう。

ミニホテルもバイクのレンタルもここがおすすめ

ミニホテルもバイクのレンタルもここがおすすめ

写真:古川 悠紀

地図を見る

バイク天国のベトナムでは、観光客もバイクをレンタルして市内を乗りまわすことができます。ファングーラオエリアでは、ホテルが貸し出してくれますし、レンタル専門店もあります。1日1000円程度で、ガソリンを満タンにして返す必要もありません。

ただし、ベトナムの法律上、50CC以上のバイクは免許証が必要で、これは外国人にも適用されます。免許証なしでもバイクをレンタルすることはできますが、違反した場合は警察に捕まってしまい、罰金、最悪バイクを没収されることがありますので、注意が必要です。

また、バックパッカー街は、ファングーラオ(Pham Ngu Lao)通り、デタム(De Tham)通り、ブイビエン(Bui Vien)通りが目抜き通りとなっています。

この3つの通り沿いには、ミニホテルやゲストハウスといった安ホテルが数十件あります。一泊1000円未満の部屋も多数あるので、予算を節約したい方は、ここを滞在の拠点にしてみるのもおすすめです。近くにはレストランや24時間営業のコンビニもあるので便利です。

ファングーラオの夜を歩く

ファングーラオの夜を歩く

写真:古川 悠紀

地図を見る

目抜き通りの一つ、ブイビエン通り。
夜の帳が下りたころを見計らって訪れてみてください。バックパッカーが日中観光から戻ってきて、多くの人々で賑わいをみせます。

通り沿いには、椅子やゴザに腰掛けてビールを飲み交わしている欧米人やベトナム人でごった返しています。屋台や売り子も出没して、まさにカオス的な光景が広がります。「これこそが東南アジアに求めていた光景だ」とテンションが高くなる方も多いはず♪

ナイトスポットもいっぱい!

ナイトスポットもいっぱい!

写真:古川 悠紀

地図を見る

昼は通常のカフェだったお店も、夜になるとバーに様変わりする店もたくさんあります。カフェバー、バーラウンジ、スポーツバーと、店の形態は幾種類ありますので、お好みのお店をチョイスしてください。

また、欧米人たちと隣り合ったら、積極的に声をかけて国際交流をしてみるのも面白いです。みなさん十人十色の経験を持っていますので、きっと興味深い話が聴けるかと思います。

雑貨店でおみやげの調達も!

雑貨店でおみやげの調達も!

写真:古川 悠紀

地図を見る

夜が深まる中、小さな明かりに釣られて雑貨店に顔を出してみるのも。服飾雑貨から、市場に並んでいるような定番ベトナミーズ雑貨まで揃っています。夜は気温が低く、過ごしやすくなるので、ゆっくりとおみやげ選びをすることができます。

お店の人も外国人慣れしていて、気さくなスタッフばかり。市場で買うよりもリーズナブルで、ぼったくられる心配もさほどありません。

最後に

ファングーラオ界隈は、世界各国の旅行客が集まっています。多国籍、多人種が集まる場所は、往々に治安も悪くなるものです。売春、賭博、薬といった違法の勧誘もありますので、毅然とした態度で拒否して、安全な観光をお楽しみください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/05 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ