イギリス王室御用達!ロンドンのフォートナム&メイソン本店

| イギリス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

イギリス王室御用達!ロンドンのフォートナム&メイソン本店

イギリス王室御用達!ロンドンのフォートナム&メイソン本店

更新日:2014/09/10 16:08

Hiroko Mのプロフィール写真 Hiroko M トラベル・グルメブロガー、アマチュア写真家

イギリス土産の定番であるフォートナム・アンド・メイソン(以下F&M)の紅茶やクッキー。近年、日本のデパートでもすっかりお馴染みとなりました。美しい器に入った紅茶や、カラフルな缶に並べられたバタークッキーは、どれも上品で上質、使い終わった器は、小物入れとしても大活躍します。そんなF&Mですが、実は1707年創業の老舗デパートだって知っていましたか?今回はロンドンにあるピカデリー本店をご紹介します。

高級食材のパラダイス!マダムに交じって優雅にショッピングしよう

高級食材のパラダイス!マダムに交じって優雅にショッピングしよう

写真:Hiroko M

地図を見る

赤絨毯の敷かれた広々とした地上階で売られているのは、お茶、コーヒー、お菓子やジャム等の、お土産に最適な品々。ここでは、有名な紅茶の缶や、スコットランド名物のショートブレッド、ルバーブやエルダーフラワー等の日本ではあまり馴染みのないフルーツのジャム等が購入できます。燕尾服に身を包んだスタッフにも是非、注目してみて下さい。とにかくフロアの隅々で、英国の伝統が感じられるはずです。さすがはイギリス王室御用達店!

中央にある螺旋階段を下りると、生鮮食品やワインが売られるフードホールがあります。創業当初は蝋燭などの生活必需品と食料を販売するグロッサリーだったので、地上階と地下1階が正にF&Mのルーツと言えます。

貰ってみたい!英国版のお歳暮「ハンパ―」とは?

貰ってみたい!英国版のお歳暮「ハンパ―」とは?

写真:Hiroko M

地図を見る

紅茶のイメージが強いF&Mですが、実は「ハンパ―」販売店としても有名です。ハンパーとは、言うならばイギリス版お歳暮。シャンパン、チーズ、スモークサーモンなどの高級食材を詰め合わせたバスケットで、クリスマスの時期には飛ぶように売れるのです。お値段も数千円から数百万円するものまでピンきり!

F&Mはピクニック用のハンパ―をヴィクトリア王朝時代から、王室主催の競馬「ロイヤル・アスコット」や、漕艇の祭典「ヘンリー・レガッタ」等のイベントで、上流階級の人たちに提供してきた歴史があるのです。自分の好きなものだけを詰めたカスタムメイドのハンパ―も作ることが出来ますよ。中身を消費した後も、バスケットをインテリアとして活用したいですね。ハンパ―が販売されるのは、地上階と2階(ファーストフロア)です。

キャサリン妃愛用の香水はここでゲット!F&Mの香水バーにうっとり

キャサリン妃愛用の香水はここでゲット!F&Mの香水バーにうっとり

写真:Hiroko M

地図を見る

レディースファッションフロアで一際目を引くのが、香水のガラス・ディスペンサーがずらりと並ぶエレガントなパフューム・バー。F&Mオリジナルのパフュームの他、キャサリン妃が結婚式の際に付けていた香水「ホワイト・ガーデニア・ペタル(イルミナム)」も、F&M限定で販売されているのです。例え香水に興味がなくても、気品溢れるディスプレイにウットリすることでしょう。

英国・夏の風物詩?!真夏から始まるクリスマスショップ!

英国・夏の風物詩?!真夏から始まるクリスマスショップ!

写真:Hiroko M

地図を見る

日本では考えられませんが、イギリスのデパートは大概どこも8月頃からクリスマス特設コーナーをオープンさせます。F&Mももちろん例外ではありません。繊細で美しいガラスオーナメントから、F&Mのロゴが入った可愛らしいソフトオーナメントまで、実に多種多様な商品ラインアップです。F&Mのクリスマスショップで、誰よりも早く今年のクリスマスカードをゲットしてはいかがでしょうか?

やっぱりF&Mといえば紅茶!

やっぱりF&Mといえば紅茶!

写真:Hiroko M

地図を見る

最後にご紹介したいのが、やはり紅茶!世界中から取り寄せられた厳選茶葉が、ピュア、特別ブレンド、フルーツ風味等、様々な形で入手できます。サイズも、用途に合わせて大缶からティーバッグまで色々選べて便利ですし、何と言っても缶の美しさが他とは違います。ちなみに紅茶だけでなく、緑茶、中国茶、ハーブティーやコーヒー等もあります!本場の本店で、お土産や自分用にとっておきのお茶を買ってみてはいかがでしょうか。

立地も最高!ロンドン観光の合間にどうぞ

F&Mのピカデリー本店には、今回ご紹介した以外にも、紳士ファッションフロア、レストラン、ティーサロン、ワインバー、エステ等があります。場所も、バッキンガム宮殿やショッピング街の徒歩圏内なので、観光の合間に是非立ち寄ってみて下さい!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/09−2014/09/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ