まさに近未来都市!上海摩天楼は、アジア激変の時代の象徴!

| 中国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

まさに近未来都市!上海摩天楼は、アジア激変の時代の象徴!

まさに近未来都市!上海摩天楼は、アジア激変の時代の象徴!

更新日:2018/08/03 17:43

渡部 洋一のプロフィール写真 渡部 洋一 フリーライター、カメラマン

上海は、中国が世界に誇る大都市です。中国の政治の中心が北京なら、経済の中心は上海。そしてその中枢は、黄浦江の東岸の一部、浦東エリアに集中しています。上海を訪れるのなら是非、黄浦江西岸の外灘(わいたん)から対岸を眺めてみてください。古き良き中国とは真逆の、新しく刺激的な中国がそこにはあります。

早朝、ビル群の向こうに朝陽が昇る!

早朝、ビル群の向こうに朝陽が昇る!

写真:渡部 洋一

地図を見る

夜の輝きが何とも言えず美しい浦東エリアですが、実は早朝の観光もオススメです。高層ビル群の背後から昇る朝陽に、近未来都市がドラマチックなシルエットとして浮かび上がります。「早起きして良かった」と思える絶景です。

対岸から浦東エリアを望む場合、午前中は逆光、午後は順光になります。どちらも楽しめるのがベストですが、時間の制約がある場合は、ご自身の目的に合わせて訪れる時間帯を選ぶとお目当ての光景を観ることができます。

夜、人々の目は対岸に向けられる

夜、人々の目は対岸に向けられる

写真:渡部 洋一

地図を見る

日中も美しい上海の高層ビル群ですが、そのハイライトは何と言っても輝く夜の姿です。一際目立つ東方明珠電視塔以外にも、400メートル以上の超高層ビルが建ち並ぶ姿はまさに近未来都市。香港やシンガポール等と並び、発展著しいアジアを代表する夜景です。

日が暮れると、外灘には多くの人々が集まります。観光客、地元の恋人や家族連れ、それぞれの目が対岸に向けられます。目覚ましい経済発展のシンボルとして、美しい観光スポットとして、恋人たちが愛を語り合うステージとして、この景観は多くの人々に愛されているのです。

近代的デザインを象徴する「球」のインパクト

近代的デザインを象徴する「球」のインパクト

写真:渡部 洋一

地図を見る

左上の球体は東方明珠電視塔、右下の球体は上海国際会議中心(上海国際コンベンションセンター)です。近未来をイメージさせるこの街のデザインの中でも、特にインパクトのある部分です。

子供の頃に図鑑や絵本で見た「21世紀の都市」の想像図。ここではその姿を想像ではなく現実のものとして観ることができます。

東方明珠電視塔のライトアップは、豊富なバリエーション!

東方明珠電視塔のライトアップは、豊富なバリエーション!

写真:渡部 洋一

地図を見る

東方明珠電視塔のライトアップのバリエーションは、日によって、時間によって変わります。日程に余裕があれば、何度か通って自分のお気に入りのライトアップパターンを探してみてください。
お金に余裕があれば、黄浦江を優雅に進む遊覧船に乗って観る夜景もまたロマンチックかもしれません。

歴史の向こうに見る現代

歴史の向こうに見る現代

写真:渡部 洋一

地図を見る

「船長青年酒店」というゲストハウスの窓からの景色です。歴史を感じる建物の屋根の向こうに、上海の摩天楼が見えます。発展著しい上海ですが、昔ながらの古き良き上海も今ならまだ多く残っています。古いものと新しいもの、その両方を一度に見て比較することができる、それもまた現代の上海の魅力かもしれません。上海の全てが新しいもので上書きされてしまう前に、目に焼き付けておきたい上海の姿です。

アジア激変の時代の目撃者

中国を含め、アジアは今、激変の時代です。今回ご紹介した浦東エリアも、実は1990年代から開発が始まった、本当に新しい景観なのです。
元々湿地帯だったこのエリアに1990年、浦東開発プロジェクトが始動し、1994年の東方明珠電視塔の完成を皮切りに、次々と高層ビルが建設され、その開発は今も進行中です。
想像を遥かに超えるスピードで発展する対岸を見続ける人々の気持ちとは、どのようなものなのでしょう?
近未来的なビルの林立する上海の浦東エリアは、今まさに激変の渦中にある中国を、アジアを、最も象徴するエリアと言えるかもしれません。そしてそこを訪れるということは、アジア激変の時代の目撃者になるということなのです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/09/17−2012/09/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -