前世は日本人!?のオーナーが高雄で経営する絶品台湾グルメ!新鮮なシーフードも!

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

前世は日本人!?のオーナーが高雄で経営する絶品台湾グルメ!新鮮なシーフードも!

前世は日本人!?のオーナーが高雄で経営する絶品台湾グルメ!新鮮なシーフードも!

更新日:2014/09/11 13:27

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

今回ご紹介するお店は「私の前世は日本人」と信じて止まないオーナーの経営する絶品台湾料理のお店「阿鴻炭烤」。こちらでは炭焼きの焼き物が地元でも評判のお店なのですが、お店ではなかなか味わえない台湾家庭料理も是非味わってください!

小さな屋台からオープン

小さな屋台からオープン

写真:湯山 千里

地図を見る

「私の前世は日本人」という写真のオーナー鴻さんは、1970年に小さな炭焼きの焼き物屋台をオープン。その時はこんな大きなお店になるとは思っていなかったとのこと。地道に努力を続けた結果、その味が認められ、今や2階建ての立派なレストランになりました。お客さんは地元の方がほとんどなのですが、鴻さんは、時々訪れる日本人の方々に、台湾のビールと併せて、おいしい焼き物や高雄の新鮮なシーフードなどを味わっていただきたいと話し、現在は日本語も一生懸命勉強中だそうです。

台湾グルメ&家庭料理

台湾グルメ&家庭料理

写真:湯山 千里

地図を見る

こちらで味わえるのは、名物の焼き物をはじめ、「菜脯蛋」などの台湾の家庭料理。「菜脯蛋」(100元)は、台湾の昔ながらの家庭料理で、干し大根を入れた卵焼きで、ご飯にもビールにも合う一品。そして、茎の中が空洞で栄養価の高い野菜「空心菜」(100元)やシャキシャキした食感が楽しめる山菜のオオタニワタリ「山蘇」(120元)などの野菜炒めもおすすめします。そして、生で食べられるサラダ筍「白醋筍」(120元)は、台湾マヨネーズに合ってさっぱりとした味です。ご飯類には、炒飯も。鮭チャーハン(90元)、エビチャーハン(80元)の二種類があります。

店長のおすすめは

店長のおすすめは

写真:湯山 千里

地図を見る

店長のおすすめは、やっぱり串焼きの焼き物。写真の鶏の手羽「鹽酥小翅」(一本20元)は、焼きたてにレモンを搾って食べると、さっぱりした塩味でおつまみに最適。そして、前段落の写真にある「鹽烤蛤」(120元)は、高雄の新鮮なハマグリを塩で焼いたもの。この値段で8つも入っています!そして、食後に是非味わってほしいという甘い炭焼き団子「碳烤麻糬」(60元)はもちもちしているだけでなく、まぶされたピーナッツと味がとても合ってスイーツ好きな女性にもおすすめ。デザートにぴったりです。

紹介しきれない台湾グルメの数々

紹介しきれない台湾グルメの数々

写真:湯山 千里

地図を見る

ここには、台湾ソーセージ「香腸」や焼き揚げはんぺん「烤黒輪」など、まだまだご紹介しきれない台湾グルメの数々があります。値段もリーズナブルなので、気軽に台湾グルメを楽しめるお店です。そして、店頭のショーケースに並ぶ港町高雄の新鮮なシーフードも味わうことができます。屋台などでは鮮度を心配される方も多いですが、魚をはじめ串焼きの材料が入っているショーケースは冷蔵庫になっているので、鮮度も落ちることなく、安心しておいしい料理を味わうことができます。

お店は…

お店は…

写真:湯山 千里

地図を見る

お店は高雄駅北側で駅からかなり離れた小さな通りにありますが、連日お客さんがたくさん。縦長の「阿鴻」と書かれた看板がありますが、よくみていないと通り過ぎてしまうこともあります。お店の前にショーケースが出ているので、それを目印にしてください。おしゃれな居酒屋風の店内は、木の色とオレンジの照明であたたかみのある雰囲気。地元でも人気のお店なので、2階まで満席ということもあります。グループで行かれる時には予約した方が無難です。

おわりに

「阿鴻」で、絶品台湾グルメの数々を是非味わってみてください。又、努力家でフレンドリーなオーナー、鴻さんをみかけたら、是非話しかけてみてくださいね。台湾の旅が一層楽しくなること間違いなしです!

住所:高雄市三民区嫩江街 71号
電話:07-312-5027
営業時間:PM17:30〜AM01:30

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/31 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ