台湾B級グルメの定番!食欲をそそる唐揚げ「塩酥鶏」

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台湾B級グルメの定番!食欲をそそる唐揚げ「塩酥鶏」

台湾B級グルメの定番!食欲をそそる唐揚げ「塩酥鶏」

更新日:2014/09/15 15:49

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

今回ご紹介するのは、台湾の唐揚げ「塩酥鶏」。この唐揚げは、お腹がすいている時には耐えられない香り!食欲をそそります。B級グルメが多々ある台湾でも、これを食さずして台湾のB級グルメは語れないという程おすすめです。

台湾風スナック♪

台湾風スナック♪

写真:湯山 千里

地図を見る

「塩酥鶏」とは、食材が並べられた屋台から好きなものをバスケットに取り、屋台で揚げてもらうものです。特におすすめするのは、定番の鶏肉とポテト。揚げたてを食べるとサクサクで、おやつとしても、おつまみとしても最適なスナック。台湾独特のスパイシーな味わいを十分楽しむことができます。食材やスパイスの配合は、お店によっても異なりますが、どこの屋台で食べても外れはないといっても過言ではないくらいです。

台湾第一家塩酥雞

台湾第一家塩酥雞

写真:湯山 千里

地図を見る

写真の「台湾第一家塩酥雞」は、1975年創業で、台北の西門町にオープンしてから、唐揚げ屋台発祥の店を名乗っています。十五年以来ずっと独自の配合を守り続けているそうです。数十種類の漢方薬、小麦粉などを混ぜて作った衣と専用の特別な配合のスパイスを使っています。こちらの屋台は台北や高雄にお店があります。

さまざまな食材

さまざまな食材

写真:湯山 千里

地図を見る

屋台にずらりと並ぶ食材の数々。あれもこれも食べたくなってしまいますが、たくさん取るとお値段も高くなってしまうので要注意。一つ、一串単位で計算されるものと一定の分量でいくらと計算されるものがあるので、たくさんの種類を少しずつ取ると値段があがってしまいます。とはいえ、それぞれの食材を特別な衣であげてスパイスをかけると、不思議なくらい違った味に変わるので、ちょっと変わった食材にもチャレンジしてみてください。

鳥の唐揚げ「塩酥鶏」

鳥の唐揚げ「塩酥鶏」

写真:湯山 千里

こちらは鳥の唐揚げ。「一份」という一定の分量の単位で売られているので、一部をバスケットにとって、お店の方に「一份」の分量を量ってもらいます。一番少ない分量、小で35元(日本円約123円)。一番少ないといってもけっこう量があるので、鳥の唐揚げ「一份」とポテト「一份」でも小食な方には十分な量です。
揚げたてがもちろん一番おいしいのですが、さめてからでも硬くならず、やわらかでしっとりした食感を楽しむことができます。

変わりダネ

変わりダネ

写真:湯山 千里

地図を見る

スタンダードなものでは物足りない方には、皮蛋(ピータン)や饅頭(マントウ)などの変わりダネもおすすめします。また青椒(ピーマン)、四季豆(インゲン豆)などの野菜類は、野菜が苦手な方でも食べやすい味に仕上がるので、野菜嫌いな方も挑戦してみてください。スイーツ好きの方には、銀絲捲(中が糸のように巻かれているように見えるマントウ)の練乳がけが特におすすめです。

この味を日本でも味わいたい!という方はスーパーで「塩酥粉」というスパイスを購入されることをおすすめします。日本でもこれをふりかければ、唐揚げが台湾風味に早変わりします。

おわりに

「塩酥鶏」は、台湾ではとてもポピュラーな屋台グルメなので、町中ならどこでも見かけます。この「塩酥鶏」の屋台を見かけたら是非味わってみてください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/06 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ