日暮里・江戸うさぎの「妖怪あんず大福」が超絶カワイイ!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日暮里・江戸うさぎの「妖怪あんず大福」が超絶カワイイ!

日暮里・江戸うさぎの「妖怪あんず大福」が超絶カワイイ!

更新日:2014/09/13 16:43

松澤 茂信のプロフィール写真 松澤 茂信 東京別視点ガイド編集長

日暮里の和菓子屋さんで売っている「妖怪あんず大福」が可愛すぎる。
谷中霊園から抜け出してきたって設定の大福で、1年前ぐらいからネットや雑誌で大人気なのだ。

ネットや雑誌で大人気!

ネットや雑誌で大人気!

写真:松澤 茂信

地図を見る

和菓子屋さん「江戸うさぎ」は、日暮里駅から歩いて5分ほどの住宅街にあるお店。
一見普通のお菓子屋さんに見えるお店なのだが、ここ1年ほどネットのクチコミで人気急上昇しているお店なのだ。

谷中霊園から抜け出してきた大福

谷中霊園から抜け出してきた大福

写真:松澤 茂信

地図を見る

人気の原因は、この妖怪いちご大福。
口から苺をはみ出した可愛らしいイチゴ大福が、ツイッターやネットニュースで大ブレークしたのである。一時期は連日売り切れが続き、なかなか手に入らなかったぐらいの人気っぷりだったとか。
日暮里駅といえば改札を出てすぐのとこに、ものすごくデカい墓地・谷中霊園がある。江戸幕府15代将軍・徳川慶喜を筆頭に、著名人・有名人のお墓がずらーっと並ぶ霊園だ。この妖怪いちご大福は、そこから抜け出してきたお化けって設定なんだな。

イートインスペースは細長い通路だ

イートインスペースは細長い通路だ

写真:松澤 茂信

地図を見る

基本的には持ち帰りのお店なのだが、建物脇の細い通路に、数席だけイートインスーペースが用意されている。従業員が行き来するのであまり落ち着きはしないものの、真っ昼間であろうとも妙に薄暗く、お化けを食すのにおあつらえ向きの空間と言えよう。
購入した食品を1秒でも早く口にいれたい主義の方は、こちらをご利用ください。

夏場は妖怪あんず大福

夏場は妖怪あんず大福

写真:松澤 茂信

地図を見る

こちらは、妖怪あんず大福。
季節によって口からはみ出る物体は変わるそうで、いまのシーズンはイチゴではなく、あんずをはみ出している。目は黒ゴマ、口は糖衣をまとったあんず、体内にはアンコがぎっしり詰まっている。はみ出たアンズがベロみたいで可愛い。
あんず固有のさっぱりした甘さなので、食の細い女性でもぺろっと2〜3個いけそうだ。

新作・妖怪水大福も美味い!

新作・妖怪水大福も美味い!

写真:松澤 茂信

地図を見る

こちらは、夏の新作「妖怪水大福」である。
笹の葉に包まれた水大福は、ぷりっぷりのピッチピチ。冷たい食感が、残暑の季節にぴったりな逸品である。ゴマを2粒付けただけで商品価値をグンとあげた、見事なアイデア商品だ。

■「江戸うさぎ」の情報■
アクセス:日暮里駅から徒歩5分
住所:東京都荒川区西日暮里2-28-10
営業時間:9:00〜18:00
定休日:日曜日

まとめ

都内でも人気のお散歩エリア谷根千。
その一角にあるお店なので、妖怪お化け大福をかじりながら食べ歩きなんていかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -