世界遺産!フランスで最も美しい「葡萄畑の真珠」の村、リクヴィール

| フランス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界遺産!フランスで最も美しい「葡萄畑の真珠」の村、リクヴィール

世界遺産!フランスで最も美しい「葡萄畑の真珠」の村、リクヴィール

更新日:2014/09/17 14:01

ウェリオン 佳子のプロフィール写真 ウェリオン 佳子 地球の営み(歴史民俗文化芸術)旅ライター

フランス北東部、ドイツ・スイスとのほぼ国境に位置するアルザスは、リースリング種に代表されるワインの生産でも有名な地方です。標高2,000m超えの長い坂で、ツール・ド・フランスの山間部コースとしても、度々選ばれるヴォージュの山々。

その東部から一面に広がる葡萄畑は、アルザス・ワイン街道としても知られます。葡萄畑の中に点々と見える小さな村々は、どこもまるで絵本の中に出てくるような可愛らしさ!

葡萄畑の真ん中で、中世にタイムスリップ!

葡萄畑の真ん中で、中世にタイムスリップ!

写真:ウェリオン 佳子

地図を見る

フランスで最も美しい村のひとつとして登録され、近年世界遺産にもなったRiquewihr(リクヴィール)の村は、「葡萄畑の真珠」と謳われ、毎年20万人もの観光客が訪れます。

葡萄畑からひときわリクヴィール村の美しさを際立たせているのが、今でも村の人達の生活を見守る、12世紀に築造された防壁の存在です。昔の関所にあたる、噴水の美しい市庁舎の門をくぐれば、正面に見える時計台まで敷石(パヴェ)の道が貫き、中世の雰囲気に一転!さらに細道を歩けば、不思議と古い田舎に帰ったような心地よい安堵感を覚えます。

伝統のアルザス建築様式。

伝統のアルザス建築様式。

写真:ウェリオン 佳子

地図を見る

リクヴィールの村には15世紀からヨーロッパに伝わるチューダー様式の家が立ち並び、ドイツ紋様彫刻が施された木梁と、色とりどりに塗られた漆喰の壁の対比に圧倒されます。これは特にアルザス様式とも呼ばれ、色彩の豊かさはクリスマス・マーケットやイルミネーションの素晴らしさで名を馳せる土地ならではのもの。四季を通じて窓辺を飾る花々も、一段と彩りを添えています。

国際色豊かな文化のクロスロード。

国際色豊かな文化のクロスロード。

写真:ウェリオン 佳子

地図を見る

この地方はドイツ・スイスとの国境が近く、村で見かける特産物も、中世フランスの保存食ハチミツ練り固パンの他、プレッツェル、カスタード入りドーナツ、クグロフ、フランス語でタルト・フランベと呼ばれるドイツ式ピザ、リースリング・ワイン、陶器や麻製品の絵柄、民族衣装もまたドイツ式など、フランスでありながらも、ドイツからオーストリアにかけての地方文化を色濃く反映しています。

ヨーロッパこうのとりと共存する村。

ヨーロッパこうのとりと共存する村。

写真:ウェリオン 佳子

地図を見る

リクヴィールの村の傍には、アルザスのシンボルであるヨーロッパこうのとりの保護施設があります。そこから自然に飛来したこうのとりに、村の中でも出会うことができます。幸せを運ぶ鳥とされているだけに、絶滅寸前だったこのうとりが、今ではここからヨーロッパ各地に戻り、順調に繁殖しているのは嬉しいことですね。

豊穣が、風物詩。

豊穣が、風物詩。

写真:ウェリオン 佳子

地図を見る

この地方ではリースリング種を始めとするワイン用葡萄の栽培の他、ミラベルという梅の一種や、さくらんぼ、またミルティーユという野生ブルーベリー等の果物も特産です。これらは郷土料理にも取り入れられています。

絵本の中にいるような、マジカルな旅のひととき。

「フランスで最も美しい村」のひとつであり、世界遺産にも登録されていることから、一年を通して世界中から沢山の観光客が訪れるリクヴィールの村。地元ヴォージュの山々はツール・ド・フランスのコースにも選定されるように、夏はサイクリング、冬はスキーやスノーボード等、多彩なアクティビティを体験することができます。モミの木の森にいだかれながら、スピリチュアルで本格的なヨーロッパのクリスマスを、大切な人達と静かに過ごすこともできます。色々な楽しみ方ができる旅先です。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/11−2014/07/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -