グアヤキルならここ!南米初のウィンダム・ブランドホテル

| エクアドル

| 旅の専門家がお届けする観光情報

グアヤキルならここ!南米初のウィンダム・ブランドホテル

グアヤキルならここ!南米初のウィンダム・ブランドホテル

更新日:2014/09/26 15:57

市川 芽久美のプロフィール写真 市川 芽久美 南米現地旅行会社 代表

ガラパゴス諸島への玄関口でもある、エクアドルの最大都市グアヤキル(Guayaquil)。ここで宿泊するなら、2013年にオープンしたばかりの『ウィンダム・グアヤキル ホテル&リゾート(Wyndham Guayawuil Hotels and Resorts)」がお勧めです。
このホテルの立地、設備、サービス全てが、ホリデー利用でも、ビジネス利用でも、そしてご家族でも、満足度の高いホテルです。

アメリカ最大のホテルチェーン

アメリカ最大のホテルチェーン

写真:市川 芽久美

地図を見る

世界に約7,400ものホテルを有するウィンダム・グループのブランド、「ウィンダム ホテル&リゾート(Wyndham Hotels and Resorts)」。その南米第一号のホテルが、エクアドルのグアヤキルに2013年オープンしました。
客室数は179部屋と大型ホテルで、大手ホテルチェーンの徹底されたサービスは、心地よく安心感があります。
全てのスタッフが、サービスのトレーニングを十分受けており、ホテル内も明るい雰囲気です。

空港近くで、安全かつ最新の場所

空港近くで、安全かつ最新の場所

写真:市川 芽久美

地図を見る

このホテルとグアヤキル空港の距離は、僅か車で10分。無料送迎もつける事が出来ます。
目の前には川幅の広い、グアヤス川が広がり、その川沿いは『マレコン2000』と呼ばれる、綺麗に舗装された遊歩道が続いています。朝は気持ちよくランニングをしたり、夕暮れ時から夜にかけては素敵な景色を堪能しながらお散歩が楽しめます。
また、このホテルが建つエリアは、ラス・ペーニャス(Las Peñas)地区と呼ばれ、400年以上前の町並みや建物を出来るだけ残しながら、改築して今に至る、グアヤキル最古の街があるエリアです。色鮮やかな建物が重なる、可愛らしい街も徒歩圏内。

1 階の遊歩道に面するレストランがお勧め

1 階の遊歩道に面するレストランがお勧め

写真:市川 芽久美

地図を見る

ホテルの1階にある、グアヤス川に面した一面ガラス張りのレストランがあります。朝食もここで気持ちよく頂きます。
エクアドル料理のティストを取り込んだメニューで、種類豊かなビュッフェスタイルの朝食は、このホテルの滞在の楽しみの1つでもあります。お好みによって調理する卵料理や、パンやパンケーキ類などの欧米メニューに加え、シーフード・セビーチェ(魚介のマリネ)や、食用バナナを使った葉っぱの包み蒸しなど、エクアドル料理のオプションも豊富です。

バー・ラウンジでは、見た目も鮮やかなロール寿司を提供するなど、新鮮な魚介が捕れる港町ならではの、美味しいシーフード料理も楽しめるのが、このホテルの魅力。

開放感のある客室と充実のアクティビティー設備

開放感のある客室と充実のアクティビティー設備

写真:市川 芽久美

客室は、ブルーを基調としたシンプルな作りで、全室リバー・ビュー。広々とした部屋と、大きな窓から見える景色は、視界を遮る物が無く、開放感満載です。

最上階には、ルーフトップテラス、フィットネス設備、川を望む2つのジャグジー、広々とした屋外プール、スチームサウナがあり、大人も子供も楽しめます。

何といってもスタッフのサービスが心地よい

何といってもスタッフのサービスが心地よい

写真:市川 芽久美

地図を見る

常に笑顔で、明るいスタッフがこのホテルの魅力を一層盛り上げています。様々なイベント会場にもなり、多くの方々が出入りするホテルですが、煩雑になる事無く、確実で・安心感のある対応です。

周辺の情報や知識もしっかり勉強しており、美味しいレストランやオープン時間など、親切丁寧に教えてくれます。

日本語対応はまだですが、全員英語を話せるスタッフです。

新旧、両方を楽しめる滞在先

このホテルがある辺りは、最新の高層ビルが建ち、最先端の場所ですが、すぐ隣には、グアヤキル最古の町並みが残っている場所があり、徒歩圏内で新旧を楽しむ事が出来ます。
空港からも近い為、早朝や深夜のフライトでも、ぎりぎりまでホテルでゆっくり出来ちゃいます。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/10−2013/08/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -