『熊のすべり台』と阿武隈川渓流の滝めぐり!福島県西郷村

| 福島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

『熊のすべり台』と阿武隈川渓流の滝めぐり!福島県西郷村

『熊のすべり台』と阿武隈川渓流の滝めぐり!福島県西郷村

更新日:2014/09/24 12:51

趣美人 MAKKYのプロフィール写真 趣美人 MAKKY 関東旅行ブロガー、那須高原写真家、滝巡り案内人、那須の郷土研究家

『熊のすべり台』と聞いて何を連想しますか?。動物園の施設!?いやいやれっきとした、福島県西郷村にある、『滝』の名前です。大きな身体の熊でも、気持ち良く遊べるほどの巨大な一枚岩の上を流れる滝の迫力は圧巻ですよ。

渓谷にかかる絶景の『雪割り橋』は、東北地方2番目に長い橋!

渓谷にかかる絶景の『雪割り橋』は、東北地方2番目に長い橋!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

東北自動車道白河インターから289号線を甲子温泉方面に北上すると、約20分で福島県西郷村『西の郷遊歩道』に到着します。甲子高原に整備された『西の郷遊歩道』は全長3.2km、森と滝の自然をたっぷりと満喫しながら散策する事が出来ます。今回はその内の約半分1.5kmの区間にある見どころをご紹介します。

まず最初に渡る『雪割り橋』は阿武隈川上流にかかる長さ81mの鉄橋で、2008年に完成した甲子大橋が出来るまでは、東北地方で一番長い橋でした。川面から橋までの高さは約50mあり、さながらグランドキャニオンのような深くえぐられた、阿武隈渓谷をまたぐ姿は一見の価値があります。名前の由来は、雪の降り積もる冬に『雪割り橋』を境に渓谷を二つに割ったように、見える事からついた名前です。

森の遊歩道の先に『熊のすべり台』はあります!

森の遊歩道の先に『熊のすべり台』はあります!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

『西の遊歩道』は整備されていて、それぞれ変化のある見どころがいっぱいあります。『熊のすべり台』は高さ10m、滝の幅は約15mあり、豪快に流れる滝の水は、広さ50畳はゆうに有るほどのなだらかな岩盤の上を複雑に流れ、まさに『すべり台』そのもの。本当に熊が遊んでいそうな、ぴったりのネーミングです。綺麗で見応えのある滝ですよ。遊歩道分岐点から徒歩約10分位で行く事が出来、ミズナラ、カエデ、コナラ、モミジ、ブナに囲まれた森の気持ちの良い景色の中を進みます。「熊のすべり台」を観漠したら、もう一度「遊歩道分岐点」まで戻り、「夫婦滝」へ向かいます。

『夫婦の滝』はかなり豪快な滝!

動画:趣美人 MAKKY

地図を見る

水量が多い時に撮影したので、良くわかりにくいのですが、滝の中央部分で水が二筋に分かれ落ち、その情景がまるで、夫婦のように見えるので『夫婦滝』と呼ばれている滝です。「夫婦滝」の直ぐ上流には『おろちが滝』があります。遊歩道に設置された「見晴し台」から見る事が可能です。鉄製の見晴し台は足元が網状になって下が見えるので、かなりスリルがありますよ。この「見晴し台」からは、滝の側まで階段を降りなくても「おろちが滝」「水の踊り場」「夫婦滝」などが見晴せます。

鳥首川の流れは『一休の滝』で”ひとやすみ”して阿武隈川へ!

鳥首川の流れは『一休の滝』で”ひとやすみ”して阿武隈川へ!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

鳥首川の流れの最後の滝が『一休の滝』川の水がここで一休みして、直ぐ下の『遊雲台』へと一気に流れ落ち、阿武隈川源流と合流し、一つの大きな『阿武隈川』となります。『一休の滝』の規模は落差約4m、幅約10mあり、滝の水が少な目の時には、鉄製の階段を下りれば間近で見る事が出来ます。

水の蒼さが清らか『遊雲台』は鳥首川と阿武隈川源流の合流地点!

水の蒼さが清らか『遊雲台』は鳥首川と阿武隈川源流の合流地点!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

正面から手前に流れてくる川が、阿武隈川の源流です。右手から流れ落ちる鳥首川とは中央の『遊雲台』と名づけられた、合流地点で一緒になり、これより先は『阿武隈川』となります。周囲の岩肌は緑に輝く苔に覆われ、河の水のエメラルドブルーとマッチして、美しい自然の優しさを見せています。

今回の『西の郷遊歩道』散策はここまで、スタート地点からは約1.5km、時間にして約1時間の散策です。本来は3.2kmの遊歩道ですが、これより先はちょっとハードな行程になりますので、「一休の滝」までのご案内です。

最後に

福島県西郷村甲子高原の国道289号線沿いには『西の郷遊歩道』全長3.2kmと『新甲子遊歩道』全長2.2kmの2種類があります。今回ご紹介した『西の郷遊歩道』は駐車場なども整備されて、比較的気軽に自然の美しさを満喫する事ができます。このコースの一番の見どころは『雪割り橋』まるで橋が渓谷の中に浮いているように見えます。四季を通じて絶景の表情を楽しませてくれますが、秋の紅葉シーズンは特にお勧めです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ