だから幼児連れはグアムがいい!親子で満足するグアム必勝法

| グアム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

だから幼児連れはグアムがいい!親子で満足するグアム必勝法

だから幼児連れはグアムがいい!親子で満足するグアム必勝法

更新日:2018/01/05 00:07

木内 つばめのプロフィール写真 木内 つばめ 子連れ海外トラベラー、海外旅育応援ブロガー

まだ子供が小さくて不安だけど、やっぱり海外旅行に行きたい!という方、最初は無理しないでグアムから「慣らし海外旅行」してみませんか?日本から3時間半のフライト、時差が1時間、夏服なので荷物も少なめ・・・と、大人も子供も疲労しすぎない範囲で楽しめます。今回は、幼児くらいのお子様を海外デビューさせるかまだ迷い中のお父さん、お母さんの背中を「ひと押し」するような、幼児連れグアムのポイントを一挙紹介します!
海外航空券の最安値をチェック!
家族で楽しめる旅行先はこちら

安いからOK!「ファンタスティックパーク」で乗り物を満喫!

安いからOK!「ファンタスティックパーク」で乗り物を満喫!

写真:木内 つばめ

地図を見る

グアム中心地から車で10分程度のところにある、大型ショッピングセンター「マイクロネシアモール」。ここの2階にある室内遊園地「ファンタスティックパーク」には、ミニサイズのメリーゴーランドや大きい子が遊ぶようなゲームの他、日本のゲームセンターで見るような小さいお子様が遊べる乗り物(写真)もあります。そして注目すべきところは、この乗り物系の料金が安いということ!

この手の乗り物、日本だと今や1回200円くらいが相場。しかしここでは2ドルあれば、数回乗れちゃうのです!専用のコインを購入し、乗り物に応じた枚数のコインを入れるとスタート。乗り物の種類もたくさんあり、ここならついつい「今日は乗ってもいいよ!」と言ってしまいます。

またこのファンタスティックパークは、規模的に子供を見失わない程度の広さという点で安心。外が暑過ぎて熱中症が気になるような日には、無理せず冷房の効いているショッピングモールを活用するのもひとつの術ですね。

キッズミールフリーのレストランを見逃すなかれ!

キッズミールフリーのレストランを見逃すなかれ!

写真:木内 つばめ

地図を見る

日本でもおなじみのレストランチェーン「デニーズ」。そのデニーズのマイクロネシアモール店では、月〜木曜日、大人がメイン料理を注文すると、なんとお子様(対象2歳〜10歳)のキッズメニューが無料になるのです!しかも選べるキッズメニューの種類は豊富。子供が大好きなミートスパゲッティー、ハンバーガー、ピザ(写真)などがあり、さすがアメリカ、小さい子供には十分以上な量で登場します。大人の料理もかなり重めなので、このキッズミールを計算してオーダーすることをオススメします。

水遊びは「ターザ ウォーターパーク」が場所も値段もちょうどよし!

水遊びは「ターザ ウォーターパーク」が場所も値段もちょうどよし!

写真:木内 つばめ

地図を見る

グアムで半日くらいウォーターパークで遊ばせたい!と思った時に思い浮かぶのが「パシフィックアイランドグアム(PICグアム)」。超老舗のウォーターパークで内容の充実度はピカイチなのですが、PICグアムが設定している1日会員(食事付きのプランのみ)を見ると、大人$140、小人$70で2歳から料金が発生。小学生くらいならピッタリのスポットですが、施設でまだフルに遊べない2歳くらいの幼児にはちょっと勿体ないかな・・・と感じてしまうのが本音ですね。もうちょっと安くて、さくっと遊びに行く程度の施設をお探しなら「ターザ ウォーターパーク」はいかがでしょう?

「ターザ ウォーターパーク」はグアムの中心地というベストロケーションで、幼児でも立てる浅瀬のエリアや、浮いているだけで一周できる流れるプールなどがあり、小さい子を喜ばせるにはここで十分!料金も1日コース(食事無し)で大人50ドル、子供30ドル。しかも子供は4歳まで無料という優しさ!

幼児のプール遊びは午前中だけで結構限界が来てしまいますよね。午前中に思いっきり体を動かして遊ばせ、ぐっすりお昼寝してもらっている間に、このターザ ウォーターパーク周辺のDFSなどでお買い物をしたり、ゆっくりお茶したりと大人時間もエンジョイしましょう!

ショッピングは交代で!子供は買い物より遊び場!

ショッピングは交代で!子供は買い物より遊び場!

写真:木内 つばめ

地図を見る

中心地から車で10分位の場所に位置する「グアム プレミアム アウトレット」。大人の衣料品はもちろん、Tommy Hilfigerの子供服や、日本でも人気のOshKoshなどを扱っているキッズ服のセレクトショップもあります。

そしてこのアウトレットのありがたいポイントはキッズコーナーがあること!日本では見ないような可愛らしいテイストのテントや船、木などを型取った遊具があり、子供のテンションも一気に上がります!ぜひここで遊ばせながら、大人は交代でショッピングするのもいいですね。

その他、有料ですが車の形をしたカートもあります。これがなかなか人気が高いので、空車があれば早めに借りちゃいましょう!またおもちゃ屋さんもあり、ここでも結構子供たちが遊んでおります。

ちょいと贅沢にグアムまでビジネスクラスで行くという考え方も

ちょいと贅沢にグアムまでビジネスクラスで行くという考え方も

写真:木内 つばめ

グアムまで3時間半だから、わざわざビジネスクラスに上げるのは勿体ない!という考え、ちょっと違う角度から考えてみてください。

グアムは近距離だからこそ、ビジネスの料金が安い!のです。ツアーでも航空会社によってはプラス2万円代で乗れちゃうこともあります。

小さい子供と一緒の旅行だと、滞在先でも洗濯したり、外出の準備に勤しむ事が多く、大人が心からゆっくりする隙間を見つけるのはなかなか難しいものですね。だからこそ、非日常的な時間を作るために「ビジネスクラス」で移動時間を楽しむという選択も視野に入れるという考えです。

ビジネスクラスだと、日本とグアムのそれぞれの空港ラウンジが使えるので、早めに空港へ行って、そこでお酒や食事をすることができます。もう出発前からバカンスが始まってしまうのです。もちろん機内食もシャンパンなどと共にワンランク上のお料理を堪能できます。機内で子供が寝付いた時は最高のリラックスタイムが待ってます。

体重がオーバーしてバシネットが使えないお子様がいらっしゃるご家族の方、ビジネスクラスはシートピッチが広いので、ずっと抱いていてもかなり体が楽です。「2歳前だけど料金払って席を取ろうかな?」と迷われている方は特に検討する価値があります。エコノミー3席とビジネスクラス2席の料金を比べてみて下さい!ちなみにビジネスクラスになると座席を使わない幼児料金も変わりますので、そこを見逃さないように。

グアムはやっぱり子連れには便利にできている!

グアムでは、ほとんどのホテルにコインランドリーがあったり、託児所があったりと、子連れ旅行の受け入れ態勢がたいへん整っております。それを思いっきり活用させてもらう気持ちで、グアムをとことん楽しんでみませんか?

また各旅行会社もあの手この手と、子供への特典、家族旅行のサービスを考えて企画しております。ツアーでお考えの際はツアー代金だけではなく、必ずこの「特典」を比較するのも大事です!ぜひ徹底的にリサーチして、大人も子供も満足度100%以上のグアム旅行を実現してみてください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/06/30−2014/07/03 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -