イベリコ豚の本場・アンダルシア地方で味わう生ハムは絶品!

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

イベリコ豚の本場・アンダルシア地方で味わう生ハムは絶品!

イベリコ豚の本場・アンダルシア地方で味わう生ハムは絶品!

更新日:2014/09/26 15:31

かわい ゆうこのプロフィール写真 かわい ゆうこ 欧州愛好家トラベルライター、エッセイスト

スペインのアンダルシア地方は、白い町並みや美しい風景で有名ですが、ぜひ訪れたらバルやレストランで本場のイベリコ豚の生ハムを召し上がってください。その場でスライスされた生ハムは、市販のパッキングされた製品とは比べ物にならない絶品。地元のワインやサングリアともよく合います。一度食べたら忘れられない美味しさ。これを召し上がれば、またアンダルシア地方を訪れたくなるでしょう。

世界でも最高品質と言われるイベリコ豚の生ハム

世界でも最高品質と言われるイベリコ豚の生ハム

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

スペインの市場や肉屋、レストランでよく見かけるの豚の脚。「これ、どうやって食べるの!?」と思われる方もいるかもしれませんが、これが有名なスペインの生ハムです。特に、スペイン特産のイベリコ豚(黒豚)の生ハム(スペイン語で「ハモン・イベリコ」)は、脚の蹄部分が黒いのが特徴です。

イベリコ豚の生ハムは生産数が少なく、成熟期間も長いため、非常に高価とされています。特に、味、品質ともに最高級とされるハモン・イベリコ・デ・ベジョータは、自然放牧とどんぐりの実だけで育ったイベリコ豚の生ハムのことです。ハモン・イベリコ・デ・レセボは、どんぐりの実だけでは体重が増えず、それを補うための飼料を与えられて育ったイベリコ豚の生ハムを指します。ハモン・イベリコ・デ・セボは、まったくどんぐりの実を食べてないイベリコ豚の生ハムで、普通のハムと同様の扱いです。

また、イベリコ豚の生ハムは、アンダルシア地方のウエルバ県のハブーゴとグラナダ県のトレベスのものが最高品質と言われています。

厚さ2mmの薄さ。その場で削いで食べる生ハムは格別の美味しさ

アンダルシア地方のバルやレストランでは、その場でスライスしたイベリコ豚の生ハムを手頃な値段で食べることが出来ます。生ハムをスライスするのは手作業。厚さ2mm程度の均一な薄切りにしないと、その食感が損なわれてしまうので、スライスするのには熟練した腕が必要です。
生ハムをスライスする鍛錬された職人さんの手捌きを、動画ご覧ください。

動画:かわい ゆうこ

地図を見る

芸術的な生ハムのスライスは、食べても口の中でとろけるみたい

スライスされたイベリコ豚の生ハムは、牛肉のような濃い赤色で細かな脂肪が特徴です。身は柔らかく、生ハムなのにコクがあります。
この生ハムが特別なのは、イベリコ豚がどんぐりの実を食べて育ったというだけでなく、生肉を塩漬けにしたあと、それを洗い流し、気温の低い乾燥した場所に約2年から5年吊るしてじっくり乾燥・成熟させるという手間のかかる方法で作られているからです。
お皿に盛られたこの美しい生ハムの究極の味を堪能することは、スペインを訪れたときしかできません。

芸術的な生ハムのスライスは、食べても口の中でとろけるみたい

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

新鮮野菜も豊富なスペイン

新鮮野菜も豊富なスペイン

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

ところで、スペインでは肉や魚ばかりでなく、野菜も豊富。太陽の国の降り注ぐ日光の下で育てられた野菜は、甘く、新鮮で、シャキシャキとした食感。
さっぱりしたオリーブオイルのかかった生野菜のサラダは、自然素材の味がよく生かされています。脂がのった生ハムともよく合い、前菜として併せて注文されるのもいいでしょう。

生ハムだけでなく、子豚の丸焼きもお勧めです!

生ハムだけでなく、子豚の丸焼きもお勧めです!

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

余談ですが、生ハムの苦手な方には、子豚の丸焼きがお勧めです。子豚の丸焼きは本来マドリード近郊の町セゴビアの名物ですが、アンダルシア地方でも食べられます。
「子豚の丸焼きなんて見た目がちょっと・・・」と日本人には抵抗のある方がいるかもしれませんが、地元のスペイン人曰く、「これは豚のベイビー(赤ちゃん)じゃなく、単なるフード(食べ物)だと思えば大丈夫!」との事。
柔らかお肉で、こちらも味は絶品。豚肉好きの人、食べる勇気のある人は、こちらもチャレンジしてみて下さい。

アンダルシアの観光と絶景を楽しんだ後は、美食で旅の思い出を!

スペインは食料の流通事情が大変よく、新鮮な食の宝庫。
今回、ご紹介させて頂きましたレストランは、アンダルシア地方ロンダ(Ronda)の新市街ソコロ広場(Plaza del Socorro)の一角にある『レストランテ・カーサ・オルテガ』です。他にもロンダの新市街には沢山のレストランやバールが建ち並び、グルメな観光客を満足させています。
ロンダの崖の上で絶景を楽しまれた後は、ぜひ美味しい料理で旅の思い出を満喫させて下さい。

『レストランテ・カーサ・オルテガ』の情報
Restaurannte Casa Ortega
住所/Plaza del Socorro 17
29400 Ronda (Malaga) Spain
電話/952 87 90 93

※ちなみに、このレストランでのイベリコ豚の生ハム(Jamon Iberico)は、一皿18ユーロです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/25−2014/07/27 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -