第38回さっぽろホワイトイルミネーションの場所と点灯時間は?

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

第38回さっぽろホワイトイルミネーションの場所と点灯時間は?

第38回さっぽろホワイトイルミネーションの場所と点灯時間は?

更新日:2018/11/12 17:23

ミセス 和子のプロフィール写真 ミセス 和子 北海道ブロガー、街興しフリーライター

札幌の冬を彩る風物詩「さっぽろホワイトイルミネーション」は、今年で38回目を迎えます。2017年10月に夜景観光コンベンション・ビューローが選定する「日本三大イルミネーション」の三位に認定されました。

雪と光の共演が美しく、胸ときめくライトアップを、大通会場、ミュンヘン・クリスマス市、駅前会場、南一条通り会場、アカプラ会場、札幌駅南口駅前広場会場等、市内6箇所から眺めて見ましょう。
家族で楽しめる旅行先はこちら

「さっぽろテレビ塔展望台」から大通公園をまるごと鑑賞!

「さっぽろテレビ塔展望台」から大通公園をまるごと鑑賞!

写真:ミセス 和子

地図を見る

「さっぽろテレビ塔展望台」は、2017年8月に開業60周年を迎えました。イベントの時期になると、まずは展望台から丸ごと鑑賞したい観光客で賑わいます。さっぽろホワイトイルミネーションの会場を、地上90.38メートルの展望台から眺めてみましょう。

大通公園1丁目から8丁目までイルミネーションでライトアップされる12月の大通公園は「新日本三大夜景」としても、もっとも美しいのではないでしょうか。

「さっぽろテレビ塔展望台」から大通公園をまるごと鑑賞!

写真:ミセス 和子

地図を見る

テレビ塔の真下には、ハートがモチーフとなった「ラブ・ツリー」が美しく輝いています。ラブ・ツリーの前の撮影スポットで、恋人や仲間と記念撮影を楽しみましょう。

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

写真:ミセス 和子

地図を見る

「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」は、姉妹都市30周年を記念して2002年から始まり、2017年で16回目となります。
クリスマス雑貨とホットワイン、ドイツのお料理などが盛りだくさんに販売されています。

年を経るごとに、施設やイベントが充実してきており、温かいストーブが設置されている休憩所や飲食スペース、ライブステージやサンタさんに会えるイベントなどで大賑わいのミュンヘン・クリスマス市 in Sapporoです。

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

写真:ミセス 和子

地図を見る

クリスマスと言えば、サンタクロースのお人形!そこにあれば気分が盛り上がると思いませんか?
写真は、楽しいヨガのポーズのサンタクロース。本番のクリスマスまで体力作りに勤しむサンタクロース達です。

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

写真:ミセス 和子

地図を見る

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporoのフードメニューも様々です。写真は焼きたて「フランクフルトソーセージ」です。マイナス気温の屋外で、あつあつのソーセージをホットワインと一緒に食べてみましょう。
この辺はスイーツのお店や、ワインのお店などがたくさん並んでいます。

雪と光の共演を楽しもう!

雪と光の共演を楽しもう!

写真:ミセス 和子

地図を見る

大通3丁目の噴水を利用した「スノークリスタル」は、時間と共に変化する風景が楽しめます。お洒落なライトアップのテレビ塔と、周囲の青のLEDライトが加わり、幻想的な風景が素敵です。

さっぽろホワイトイルミネーションは、2017年からLED電球が100パーセント使用されています。そして大通会場の電源は、家庭や企業の廃食油を利用したバイオディーゼル燃料(BDF)で発電されて賄われています。

雪と光の共演を楽しもう!

写真:ミセス 和子

地図を見る

大通公園4丁目にお目見えした光の噴水「スパークファウンテン」と、ダイヤモンドをモチーフにした光の宮殿「ジュエリーパレス」のゴールドとピンクの光が新鮮で素敵です。
写真右側には、テレビ塔を背景にした撮影スポットがあります。

雪と光の共演を楽しもう!

写真:ミセス 和子

地図を見る

煌めきの「フォーレストサークル」は、大きな緑の光ボールとその周辺にある多数の緑のボールが、光の共演を楽しませてくれます。リズム感があり、まるでクリスマスオーナメントの世界に迷い込んだ気分を楽しめます。

「日本新三大夜景」がテーマの光のトンネル

「日本新三大夜景」がテーマの光のトンネル

写真:ミセス 和子

地図を見る

大通7丁目と8丁目は、「日本新三大夜景」をテーマにしたNEWエリア。世界初となるブラックライト印刷技術を使用した、光のトンネル「光のエキシビショントンネル」が新たに登場しました。

青いLEDライトの光のエキシビショントンネルは、「神戸市」の豊富な水辺夜景の美しさを際立たせる「青」でデザインしています。トンネルの途中には、神戸ポートタワーやメリケンパーク等の風景を眺める事ができます。

「日本新三大夜景」がテーマの光のトンネル

写真:ミセス 和子

地図を見る

赤と白のLEDが華やかな、エキシビショントンネルは、日本新三大夜景「長崎市」。
国内外から毎年100万人以上訪れる、長崎市内最大級の「長崎ランタンフェスティバル」をテーマカラーに展開されています。

「日本新三大夜景」がテーマの光のトンネル

写真:ミセス 和子

地図を見る

白いLEDのエキシビショントンネルは「札幌市」。札幌夜景の最大の魅力は「雪と光のコラボレーション」、雪の煌めきを表現した白がテーマカラーのトンネルです。

「アカプラ会場」と「札幌駅南口駅前広場会場」が新たに

「アカプラ会場」と「札幌駅南口駅前広場会場」が新たに

写真:ミセス 和子

地図を見る

正面に北海道を象徴する建物、旧赤煉瓦庁舎が見える札幌市北3条広場は「アカプラ」と呼ばれ、大通公園のイベントと同時開催で、四季折々のイベントが楽しめる場所です。

2017年からさっぽろホワイトイルミネーションと同時開催で、アカプラ会場でもイルミネーションが点灯しています。アカプラの両サイドの木々のライトが数秒毎に変わる、幻想的な風景が素敵です。

「アカプラ会場」と「札幌駅南口駅前広場会場」が新たに

写真:ミセス 和子

地図を見る

二種類のブルーライトで彩られています。この他にも、白や紫、グリーン等色鮮やかに光を放っています。メリハリの効いた北海道の四季を感じる赤プラ会場です。

「アカプラ会場」と「札幌駅南口駅前広場会場」が新たに

写真:ミセス 和子

地図を見る

「札幌駅南口駅前広場会場」も、2017年に新たに加わった会場。駅前の木々や光のツリーが美しく輝き、市民や観光客の目を楽しませてくれています。ゆっくり観光する時間のない方は、ここでホワイトイルミネーションの雰囲気を味わいましょう。

「さっぽろホワイトイルミネーション」の基本情報

大通会場
会場:大通公園1丁目〜8丁目
期間:2018年11月22日(木)〜12月25日(日)
点灯時間:16時30分〜22時/(12月22日〜25日は24時まで)

ミュンヘン・クリスマス市 / 大通公園2丁目
期間:2018年11月22日(木)〜12月25日(日)
営業時間:16時30分〜22時/ (12月22日〜25日は24時まで)

札幌駅南口駅前広場会場
点灯期間:2018年11月22日(木)〜2019年3月14日(木)
点灯時間:17時〜24時/ (2月中旬以降は日没後点灯)

札幌市北3条広場(アカプラ)会場
点灯期間:2018年11月22日(木)〜2019年3月14日(木)
点灯時間:16時30分〜22時/ (2月1日〜12日は20時〜24時、2月13日〜3月14日は17時〜22時)

駅前通会場
点灯期間:2018年11時22時(木)〜2019年2月11日(月)
点灯時間:16時30分〜22時/(12月22日〜25日は24時まで)

南1条通会場
点灯期間:2018年11月22日(木)〜2019年3月14日(木)
点灯時間:16時30分〜22時/ (12月22日〜25日は24時まで)

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -