意外と楽しい!関西国際空港とその周辺お勧めスポット5選

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

意外と楽しい!関西国際空港とその周辺お勧めスポット5選

意外と楽しい!関西国際空港とその周辺お勧めスポット5選

更新日:2017/07/08 15:01

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター

関西国際空港のフライトを利用するけれど、乗り継ぎ時間が中途半端に余ってしまう。あるいは、早朝の出発便なので、関西空港や対岸のりんくうタウンでの前泊が必要。さらに、飛行機に乗らないけれど、空港には遊びに行きたい。
そんな皆様方は必見!関西国際空港やその周辺には、気軽に楽しめるスポットがたくさんあるんです。余り知られていないけれど意外と楽しい、そんなお勧めスポットをここにご紹介します。

空と海の両方を楽しめる「KIXそらパーク」をゆっくり散歩

空と海の両方を楽しめる「KIXそらパーク」をゆっくり散歩

写真:やま かづ

地図を見る

「KIXそらパーク」は、LCCのピーチや春秋航空が就航している関西国際空港(以降、関西空港に省略)第2ターミナルに隣接しています。
甲子園球場1つ分の広大な敷地には、エコ農園、芝生公園、飛行機を間近で見ることができる小高い丘などがありますので、潮風を感じながらゆっくりと過ごすことができます。ターミナルで買ったお弁当を広げるのもよし、ごろっと寝転がって大きな空を感じるのもよし、「KIXそらパーク」ならではの楽しみ方を見つけてください。

空と海の両方を楽しめる「KIXそらパーク」をゆっくり散歩

写真:やま かづ

地図を見る

第1ターミナルから「KIXそらパーク」へ行くには、エアロプラザ1階から出発している第2ターミナル行き無料連絡バスに乗ればOKです。
しかし、車道に沿って遊歩道も整備されていますので、20分ぐらいかけて歩くこともできます。

「関空展望ホール・スカイビュー」はアトラクションが豊富

「関空展望ホール・スカイビュー」はアトラクションが豊富

写真:やま かづ

地図を見る

「関空展望ホール・スカイビュー」は第1ターミナルの北側にあり、メインホールとエントランスホールの2棟から成り立っています。
メインホールには、空港や飛行機のことがわかる体験型施設の「スカイミュージアム」やカフェ、展望デッキなどがあります。

第1ターミナルには、ゆっくりと飛行機の離着陸を見ることができる展望エリアがないため、「関空展望ホール・スカイビュー」は、航空マニアのみならず親子連れでいつも賑わっています。

なお、この展望ホールが実施している「わくわく関空見学プラン」というガイドツアーに参加すると、ふだんは立ち入ることのできない特別なエリアを案内してもらえます。飛行機好き、空港好きなら、絶対に外せない空港探訪ツアーです。

「関空展望ホール・スカイビュー」はアトラクションが豊富

写真:やま かづ

地図を見る

また、メインホールと連絡通路でつながっているエントランスホールには、機内食が食べられるレストラン「レジェンド・オブ・コンコルド」、飛行機関連のグッズがそろっているショップ「スカイショップタウン」などがあります。

<写真>
エールフランス・KLMフェア ビジネスクラス機内食(レジェンド・オブ・コンコルド)

なお、第1ターミナルと「関空展望ホール・スカイビュー」間は無料シャトルバスが運行しています。平日は20分間隔、土・日・祝は10分間隔です。

「りんくうプレミアムアウトレット」でお得にお買い物

「りんくうプレミアムアウトレット」でお得にお買い物

写真:やま かづ

地図を見る

お買い物に興味がある方は、関西空港の対岸にある「りんくうプレミアムアウトレット」まで足を延ばしてみましょう。
ここでは、世界の有名ブランドをアウトレット価格で買うことができるため、休日にもなると大変な賑わいです。しかし、通路が広くつくられ、比較的ゆったりとお店が配置されていることから、人混みでうんざりすることはありません。
また、2階のプロムナードからは対岸の関西空港を臨むことができますので、人気の休憩スポットとなっています。

「りんくうプレミアムアウトレット」でお得にお買い物

写真:やま かづ

地図を見る

さらに、「りんくうプレミアムアウトレット」は、グルメスポットが充実していることでも知られています。
中華やイタリアン、韓国料理、そして軽食が食べられるレストラン&カフェエリアのほかに、異国情緒漂う屋台街をモチーフにしたフードコート「ワールドグルメジャンクション」、さらに「フードアレー」があります。
特に買い物をしなくても、グルメだけでも十分楽しめますよ。

「りんくうプレージャータウン シークル」で腹ごしらえ?リフレッシュ?

「りんくうプレージャータウン シークル」で腹ごしらえ?リフレッシュ?

写真:やま かづ

地図を見る

「りんくうプレミアムアウトレット」から連絡歩道橋を渡ると、大観覧車がランドマークになっているショッピングモール「りんくうプレージャータウン シークル」があります。
こちらには、衣類や雑貨のショップ、フードコート、レストラン、スーパーマーケットなどが入っており、子供連れでも気軽に利用でます。

「りんくうプレージャータウン シークル」で腹ごしらえ?リフレッシュ?

写真:やま かづ

地図を見る

また、このショッピングモールには日帰り温泉施設「りんくうの湯」があります。岩風呂、展望風呂はもちろん、岩盤浴、リラックスルームまでありますので、ゆっくりと過ごすことができます。
レンタルタオルも用意されていますから、関西空港周辺をぶらぶらした後は、こちらの施設でリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

遠くに関西空港を感じながら「りんくう公園」を散策

遠くに関西空港を感じながら「りんくう公園」を散策

写真:やま かづ

地図を見る

お買い物に疲れたら、隣接の「りんくう公園」をゆっくり散歩してみませんか。
公園内にはきれいに手入れされた花壇、ベンチなどが並んでいます。また、海に向かって大きな弧を描く太鼓橋からは、眼下に広がる対岸の関西空港を臨むことができます。ここからだと空港の端から端までを確認することができるので、その大きさを実感するとともに、埋め立ててできた人工島であることに改めて驚かされます。

遠くに関西空港を感じながら「りんくう公園」を散策

写真:やま かづ

地図を見る

さらに、太鼓橋からは、関西空港島に沈んでいく最高に美しい夕陽を堪能することができます。「日本の夕陽百選」にも選ばれた関西空港島の夕陽を「りんくう公園」からぜひ堪能してください。

関西空港の周辺スポットは、スカイシャトルを使って効率的にお安く!

関西空港の第1ターミナルから、スカイシャトルという有料(大人200円、子供100円)バスに乗れば「展望ホール・スカイビュー」経由で「りんくうプレミアムアウトレット」へ行くことができます。
スカイシャトルは30分ごとの運行ですが、第1ターミナルが始発となるため、その時点で満席の場合、「展望ホール・スカイビュー」からは乗車することができません。
しかし、JRや南海電車よりも格段に安く、ダイレクトに「りんくうプレミアムアウトレット」に行けるのが魅力です。

また、南海電車も、往復割引乗車券とお買い物券がセットになった「りんくうプレミアムアウトレットきっぷ」を販売しています。「りんくうプレミアムアウトレット」でのお買い物が確実な方はこちらもお勧めです。

関西空港周辺は時間を忘れて楽しめるスポットがいっぱい!今回、お勧めした5カ所を全てじっくり回っていたら、時間が幾らあっても足りないかもしれませんね。

なお、関西空港の対岸をもっとディープに観光したい方は、日・祝日限定で運行される無料の「いずみさの観光周遊バス」を利用するのもいいでしょう。詳細は下記「MEMO」をご参照ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/01−2017/07/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ